年末特別企画=この冬に聴きたい1枚 (2)

♪ つい先日まで雪が降ったかと思うと、今度は晴れたり、というように不安定な天候だった。
ここ数日の天候が晴れのち曇りであったり、一時的に雪が降ったり、というものだったが、未だ
比較的暖かかった方だろうか。
  だから、市内の路面に薄らと雪が残っている程度で、とても積もっているとは言えない。
冬の北海道=というイメージがある人は残念でしたね。 うひひひひ・・・・・・
何でも昨日はクリスマス・イヴだと世間では言われているらしく、にわ
かクリスチャンと化した
御目出度い人達が浮かれていたようだが、まったく浮世ボケした世の中だ、と憂鬱になった。
函館市内でも街路に電球を飾り付けたり、車体に電球を飾り付けた市電が何本か走っている。
  だけど、これって実に可笑しな話なんだよなあ。
市営バスと市電は赤字だという理由で、数年前に路線バスを民間の函館バス( 東急系列 )に
転換して、観光との絡みで市電の方を選択して残した、という経緯があるからだ。
人口に対する利用客数から考えても、とても市電が黒字だとは僕には考えられない。
それなのに、
冬になると走らせているのだからね。無益なエネルギーを浪費しながら、だ。
  だから、こういう税金の無駄遣いが通る馬鹿な話があるものか、と怒ってもみたくなる。
ああ、血圧が・・・・・・冷静にならない、とね。
こういう時は気分転換をしないといけないだろうな。
炬燵に入って、蜜柑でも食べながら好きな音楽を聴いていたい気分だな。
あ~、極楽だなあ、って小さな幸福を感じたりしてね。まあ、炬燵は無いんだけれど。(爆)
・・・・・・これって、Dé Jà Vu ( 既視感 )か?
前回(12/14 )の記事の流用で手を抜いたりして。
  ところで、皆さんは蜜柑という単語から何のアルバムをイメージしますかね?
ジャーマン・ロックが好きな人は Orange PeelClockwerk Orange 辺りだろうか。
  ちなみに Orange Range という意味不明の回答は却下します。ファンの人は御免!!(爆)
そうだなあ、ブリティッシュ・ロックが好きな僕の場合は、これしかないかもしれないなあ。
  という訳で、今日の棚から一掴み(←使い回しのフレーズ・アタ~ック!)は・・・・・・


 お断り:僕は無神論者なので、行事ごとには一切興味がない、という捻くれ者です。
       従いまして、クリスマス・カードや年賀状を誰にも出していませんので悪しからず。


 ※ 12/26=一部加筆、Related Albums Quiver Sutherland Bros. & Quiver を追加

    20061223212504.jpg

  ♭ Al StewartOrange
  ('72)
       ● Uk;CBS  S.64730   
   

  20061218232108.jpg  20061223213909.jpg

  ● J;Epic / CBS‐Sony ECPL‐20  (L)
   ○ J;Epic / Sony Music Entertainment   ESCA‐7847  (R)

♪ Al Stewart が72年に発表した4枚目の傑作アルバム。
当時発売された国内盤はオリジナルの英国盤とは仕様が異なり、ゲートホールドで厚い
ブックレットが付けられていた。
それなりにプッシュしていたようであるが、結果的には如何であったのだろうか。
この国内盤を僕も買ったことがあるが、その当時には残念ながらピンとこなかった。
それだけ精神的に若かった、ということだろうか。あ、未だに未熟かもしれないが。(苦笑)
  さて、音楽的な話をすると、このアルバムには有名なミュージシャンが参加している。
参加ミュージシャンを分類すると、パブ・ロックの Brinsley SchwarzQuiver の 2組に
大きく分けられるだろう。
Brinsley Schwarz からはBrinsley SchwarzBob Andrews が参加しており、後に
Graham Parker & The Rumour へと発展する。
Quiver からTim RenwickCal BachelorJohn WilsonBruce Thomas
全員が参加している。
  尚、Bruce Thomas は後に Elvis Costello & The Attractions で活躍した。 
  更に有名なセッション・ベーシストの Brian Odgers( ex;Sweet Thursday )の他に
御大Rick Wakeman までが参加、となれば認識を改めてもらえるだろうか。
Brinsley Schwarz は、U.ALiberty にアルバムを残しているが、このグループには
Nick Lowe
Ian Gomm というパブ・ロック・シーンで重要な人物が在籍していた。
早い時期からリアルタイムで国内盤(東芝)が発売されており、ブリティッシュ・ロック好きには
比較的知名度がある方だろう。
  その一方で、
Quiver は玄人好みな感を否めないかもしれない。
それでも、Waner Bros. に残した”Quiver”と”Gone In The  Morning”の
2枚の
アルバムが2004年2月にMuskrat から紙ジャケで発売されて
いるので、御存知の方も
多いんじゃないだろうか

  たとえ、彼等の名前に馴染みがない人でも、Sutherland Bros.という名前には何となく
心当たりがあるかもしれない。
Rod Stewart がヒットさせた”Sailing”のオリジナルが、兄の Iain と3歳年下の弟である
Gavin から成る Sutherland Bros.の作品であるからだ。
後に彼等は3rdの”Dream Kid”で Quiver と組んで
Sutherland Bros.& Quiver
グループ名を変え、IslandCBS に何枚ものアルバムを残している。
  尚、Island 時期のアルバムが 、キング東芝EMI から国内盤で発売されていた。
  また、Quiver のメンバーであったTim Renwick は、セッション・ギタリストとして非常に
有名な人物で、Elton JohnPink Floyd のアルバムにクレジットされている程の裏方では
大物のミュージシャンだ。
  たとえば、”Pulse”のDVDを持っている人はチェックしてみては如何だろうか。
納得の筈だ。

  肝心のアルバムについてだが、これは2001年に『洋楽秘宝館』のシリーズの1枚として
復刻されているが、現在ではメーカー在庫なし、というほぼ廃盤状態だ。
運が良ければ見つかるかもしれないので、見つけたら即入手必至である。
  また、輸入盤では入手が容易だと思うので、聴こうと思えば聴ける筈だ。
  ただし、紙ジャケ化される可能性が大きいので、その時まで待つのもありかな、と思うが。

 20061222073200.jpg


§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§  Related Albums  §§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§

20061225095346.jpg

  Quiver / Self Titled   ('71)
      ● Uk;Waner Bros. / Kinnie    K‐46089   
           ○  J;Maskrut / Vivid Sound    RATCD‐4224  ( Cardboard Sleeve )


        20061226092049.jpg

      ●
Us;Waner Bros.   WS‐1939

20061225095828.jpg
    
  Quiver / Gone In The Morning   ('72)
      ● Uk;Waner Bros. / Kinnie K‐46153   
                Us;Waner Bros.  BS‐ 2630   

          ○  J;Maskrut / Vivid Sound    RATCD‐4225  ( Cardboard Sleeve )

  20061226005553.jpg   20061226005652.jpg   20061226005733.jpg

The Sutherland Bros. / Self Titled  ('71)   (L)
    Uk;Island  ILPS‐9181  CBS 82297 ( Reissue In '77 )
           Us; Island / Capitol   SW‐9315 
('72)
The Sutherland Bros.Lifeboat      ('72)   (C)
    Uk;Island  ILPS‐9212  CBS 82298   ( Reissue In '77 )
           Us; Island / Capitol   SW‐9326  ('73)     Different Tracks
The Sutherland Bros. & QuiverDream Kid      ('72)   (R)
   ● Uk;Island  ILPS‐9259 → CBS 82299   ( Reissue In '77 )
           Us; Island / Capitol   SW‐9341 ('74)   

 20061226005838.jpg  20061226005930.jpg  20061226094600.jpg

The Sutherland Bros. & QuiverBeat Of The Street    ('74)
     Uk;Island  ILPS‐9288  CBS 82300    ( Reissue In '77 )
The Sutherland Bros. & QuiverReach For The Sky    ('75)
  
   Uk;CBS 69191
          Us;Columbia  PC‐33982
The Sutherland Bros. & QuiverSlipstream  ('76) 
  
   Uk;CBS  81593    
          Us;Columbia  PC-34376

 20061226010048.jpg  

The Sutherland Bros. & QuiverDown To Earth   ('78) 
  
   ● Uk;CBS 82255     
           Us;Columbia  PC- 35293

関連記事

コメント

非公開コメント

オイラの場合は、宇都宮のOrangeを思い浮かべます。
もう解散しちゃったけど、良いBANDでした!!

※もらったものには返事をしよう!
それが、礼儀ってね!(*´▽`)ノ.゜*:・'☆

e-343 Tommyさん、一番乗りのコメント感謝です。
おお、流石に日本のインディーズ系に強いTommyさんですね。
まったく知りませんでした。e-317

すみません

すみません、またやらかしました・・・
アトゥールは一個上のコメント欄だった・・・

それと、リックの関連の件が・・・わからん!!!

e-343 evergreenさん、コメント感謝です。

>アトゥールは一個上のコメント欄だった・・・
 僕も入力ミスをして迷惑をかけていますね。
まあ、持ちつ持たれつ、ということで。(笑)
 ということで、移動をしておきました。

>それと、リックの関連の件が・・・わからん!!!
Al Stewartの”Orange”に Rick Wakeman が参加してキーボードを弾いている、という
他愛のないものです。
ちゃんとRick WakemanのDiscographyに記載されています。