Moondancer=月の踊り子

♪  最近、すっかりと秋めいてきた感触を肌で感じている。
日中は暖かくても、夕方になると寒くなってきたからだ。
何だよ、白熊のくせに、というベタな突っ込みは勘弁して欲しいな。
いくら北海道生まれだからといってもねえ、随分と東京での生活が長かった為に、そういう環境に
順応した身体なんだよね。
  だから、寒いものは寒いんだよ。暑いのは我慢できるけれど、寒いのが苦手なもので。(苦笑)
  さて、夜空を見上げると、ひときわ美しく輝く月が・・・・・・と書きたかったが、生憎と普段の行いが
良過ぎる為なのか、今日は曇り空です。うむ、残念だ。
  というか、さっきまで雨は降るわ、雷は激しく鳴るわで、慌ててPCの電源を落としていた。(笑)
一応サージ機能付きのテーブルタップを使っているんだけど、雷は怖いからねえ。
一発でHDが逝っちゃう可能性があるから完全に遮断しておかないと。(爆)
まあ、そういう訳で、せめて、今日のお題ぐらいは『月』に関連した音盤を取り上げてみようかな、と。
まったく前振りが長くてスマンね。毎度のことだろうけれど。(撃沈)
  月に纏わる曲というと、Pグレ者の諸君はKing Crimsonの”Moon Child”かPink Floyd
Dark Side Of The Moon”辺りを思い浮かべがちだろうけれど、そこは捻くれ者の白熊店長。
  え?じゃあGenesisの”Dancing With The Moonlit Knight”だろうって。これも違います。
残念でした。あのねえ、僕はPグレ者じゃないんだからさ。(←しつこく言い続ける攻撃)
ほら、大切なグループを忘れているじゃない?
  それは・・・・・・新月ですって?
  いや、確かに重要なグループなんだけどね。
既に紹介しているから、今回は違うグループを・・・・・・

 お待たせしました。日本が世界に誇るMoondancerですよ。

              Moondancse-Self.jpg  

      Moondancer  Self  Titled (☆☆☆★) Rating =☆:2p ★:1p
               ●  Alfa /  Victor  ALR-6014  ( Original  Release '79 )
               ○  Alfa /  Toshiba-EMI  ALCA-9178 ( CD Reissue '97 )

♪ このアルバムが発売された当時は、まったく注目していなかった。
そういえば、このスリーヴを地元のレコード店で新月と一緒に見た記憶があるが、何となく
敬遠させてしまうような印象のイラストのせいであったのかもしれない。
何処となく少女マンガ家が好んで描くようなイラストだな、と感じた。(笑)
  もちろん、日本のロックに見向きもしていなかった時期であった為もあるだろう。
実際のところ、歌詞を見れば少女マンガ風の・・・・・・それも出来損ないの酷さだから、僕の
予感が当たっていたと思う。
  しかしである。とにかく演奏は素晴らしい!の一言だ。まったくアンバランスもいいところだが。
それはメンバーの当時の音楽的な嗜好から察せられる。
彼等のサウンド・ヴィジョンにはブリティッシュ・ロック、それもテクニカルなものを目指していた
ことが見え隠れしている、と解るだろう。

   ジャパニーズ・ロック史上に燦然と輝く偉大なる金字塔、ムーンダンサーが
  唯一残した不朽の名作、遂に待望の復刻!

  これはCD化された時の帯のキャッチ・コピーだが、素直には肯けない。
もしも、陳腐な歌詞が無ければ、という条件付ならばキャッチ・コピーに偽りナシ、と言えるだろう。
彼等をアイドルとして売り出そうとしていたプロダクション側の思惑とのギャップが悲劇だった、と
僕は思う。
当初は英語の歌詞で録音がされていたという音源を発掘して欲しいし、是非とも聴いてみたい。
残念ながら、このCDさえも現時点では入手が難しい。紹介するのが申し訳ないのだが。
Amazonで¥9,800、Yahooオクでも¥7,000という馬鹿げた価格で売られている、という状況が
音楽を聴く者としては悲しい。 (>▽<*)
  おそらくであるが、現在Alfaの権利を保有しているのはSonyなので、彼等の権利も残っている
可能性がある筈。
ここはひとつ、紙ジャケで復刻して欲しいところだ。
それも『アラベスク』のシングル・ヴァージョンをボートラ収録というのはどうだろうか?
これこそ奇跡の復刻と思うのだが。


   Moondancer-CD-a.jpg    Moondancer-CD-b.jpg

   ★ 帯付きCD ( Front )   (L)     ★ 帯付きCD ( Back )   (R) 

 § Related  Album


  20061010235131.jpg
    
    ♪ Casino Drive / Fever Visions
    ○ Canyon Int' /  Pony Canyon  PCCY-00390 

  ※ こちらは厚見玲衣(麗)が元レベッカ、レッド・ウォリアーズのシャケこと小暮武彦と組んだ
Casino Drive1st
実はメロトロンも入っているPグレ者御用達の裏音盤だが、聴きどころはハモンド・オルガンを
縦横無尽に演奏する厚見玲衣の超絶プレイ。
これも申し訳ないが、既に廃盤です。(笑)根気よく探せば見つかりそうな1枚。それも安く?(爆)


 20061011072227.jpg



20061010235809.jpg
  

関連記事

コメント

非公開コメント

TBできないのね?
貼り付けておくよ!(^O^)/
http://blog.livedoor.jp/tommy6969/archives/13640432.html

熊店長は、彼らの記事の検索で、オイラの所に来て
くれた記念すべきアルバムだと記憶する。
これ、本当に良いアルバムだね~~~~~!
知らない人がかわいそう!わっはははは!

e-343 Tommyさん、コメント感謝です。e-328
TBは現時点で諸事情に因り受け付けていませんが、いずれ解禁をするかも。すいませんね。
  おそらく、Tommyさんがコメントの一番のりだろうと思っていたけれど、そのとおりで嬉しいですね。(笑)

>熊店長は、彼らの記事の検索で、オイラの所に来て
くれた記念すべきアルバムだと記憶する。

 そうなんだよねえ。時が経つというのは実に早いものだなあ。しみじみと思う。
まさか自分でもブログを始めるなんて思ってもいなかったけれど、これもTommyさんと
知り合えたお陰かな。 Thanks!
>これ、本当に良いアルバムだね~~~~~!
知らない人がかわいそう!わっはははは!

 まったく同感だね。
僕は厚見玲衣から辿ってMoondancerを聴くようになったけれど、これは必聴盤だよね。
何とか入手できるように再復刻してもらいたいな、という想いで記事にしました。

ムーンダンサーを知らなかったかわいそうなジェネスシです(笑)

全然関係ないけど、ミスターシリウスの4タイトル、紙鮭復刻するようです。
しかも、宮武さんのサイトと音盤連合では特典CDが違うようです。
あと、宮武さんのサイトは50セット限定です。
さらに宮武さん、大木理紗様、藤岡千尋さんのサイン+宮武さん
からのメッセージが添えられるそうです。
しめて¥12,760なり(CD¥2940×4+特典CD¥1,000)

今から予約しようか迷っています。

予約しようとしたら、もう完売だった<ミスターシリウス
をいをい、予約受付開始からたった2日だぜよ・・・v-12

というわけで、ほすい方は10/25にディスクユニオンで買いましょう。
まあいいや。こっちにも特典あるし。

店長!今聞いています。

>彼等をアイドルとして売り出そうとしていたプロダクション側の思惑とのギャップが悲劇だった、と
僕は思う。

うーん、何となく楽曲もそんな感じが若干残っているような気がします。一曲目のボーカルの音の飛躍も!びっくりぎょうてん。

「哀しみのキャンドル」の凄さは!何て言えばよろしいのでしょうか。最後まで興奮いたしました。させられました。日本もまだまだ捨てたものではないですよね。ありがとう店長!イラストもナイスです。

e-343 ジェネスシさん、毎度~!

>ムーンダンサーを知らなかったかわいそうなジェネスシです(笑)

 CDはアホみたいなプレミアが付けられているけれど、実はLPだと西新宿の某ゆ○ら○あでは
¥2,800(多分、帯付きのサンプル盤)と¥1,800(こちらは帯なしのサンプル盤)で買えたりします。
LPの方がレアだと思うのだが。(苦笑)
どうしても聴いてみたいというのならば、左の目安箱からメールを下さい。
 Mr.シリウスまで紙ジャケですか。個人的には微妙・・・・・・
Made In Japan関係の音源まで手を出せませんよ。
 だって、11月、12月と怒涛の紙ジャケ・リリース・ラッシュてな感じですから。(T◇T)

e-343 レギュラー・コメンティターのぷくちゃん、どうもです。

>うーん、何となく楽曲もそんな感じが若干残っているような気がします。
一曲目のボーカルの音の飛躍も!びっくりぎょうてん。

 確かに楽曲にも残っていますね。
 しかし、アレンジ、演奏ともにA級に値するグループじゃないか、と思います。
個人的には歌詞の拙さが無ければ、このアルバムに☆☆☆☆の評価をした、と思います。
もう1枚アルバムを残していてくれたら、と残念です。

>「哀しみのキャンドル」の凄さは!何て言えばよろしいのでしょうか。
最後まで興奮いたしました。させられました。

 この曲に敏感に反応するぷくちゃんって・・・・・やっぱり!真性Pだな。(爆)
僕は歌詞を聴いていると恥ずかしくなってくるので、どちらかというと
『薔薇心中』の方が好みだったりします。
ハモンド・オルガン炸裂!!うきゃきゃきゃあーーーーっ(←狂った?)
これで月の踊り子教の信者がまたひとり・・・・・・(激爆)
とにかく気に入ってもらえて嬉しいです。他の音盤もレポート宜しくねっe-266(←義務?)