Happy End=しあわせの結末

 遂に台風13号が北海道に上陸した。 ( Fig-1 )
朝の情報番組で小樽の祝津海岸の映像が映し出されていた。函館は晴れているというのに。 
 
( Fig-1 )
 typhoon.gif

    と言って更新をぐずぐずしているうちに、台風13号が北海道を横断していったようだ。( Fig-2 )
  しかし、今後も油断は禁物だろう。今度は14号が日本に接近してきているからだ。
まったく困ったものだが、こればかりは自然現象だから抗えないものな。(笑)

( Fig-2 )

typhoon1.gif

 そういえば、はっぴいえんどの曲に『颱風』というのがあったのを思い出した。
随分と聴いていなかったので、しばらく振りに聴いてみることにしようか。
  ということで、あさっりと本日の音盤が決定!ベタだけど。(爆)
ガサガサと奥の方から『はっぴいえんどBOXを引っ張り出してくる。
これを買って聴いていたのが2年半も前なのかと感慨に耽る。
まったくBOXセットってやつは豪華だけど、置き場所に困る厄介な代物だな、と改めて思う。
ちょっと見た目は可愛いけれど、性格に問題がある誰かさん似ていたりして。(激爆)


        20060920003829.jpg

          20060919223927.jpg
   風街ろまん 
   
 URC URG-4009
      URC / Avex-Io IOCD-40052 
※ 『はっぴいえんどBOX』のうちの1枚
                 → IOCD-40078 ( 紙ジャケ) 
           IOCD4-0094 ( デカジャケ)

   さて、『颱風』だが、これは2ndの『風街ろまん』に収録されている。
大滝詠一の個性的なヴォーカルだけでなく、粘っこい演奏が炸裂する名曲だ、と思う。
  
彼等の音楽的なルーツがBuffalo SpringfieldMoby Grapeといった60年代の
良質なアメリカン・ロックから多大な影響を受けたものである、というエピソードを御存知の
方も多いだろう。
  あるいはFlower Travellin Bandが世界を視野に捉えていたが故に、飽くまで英語の
歌詞を用いたインターナショナルなロックを志向していたのに
対して、はっぴいえんど
日本語の持つ独特の響きに拘ったとも思われる日本人の為のロックに目を向けていた。
対極的な世界観だ。いまとなっては懐かしい話でもある。(笑)
  1stの『はっぴえんど(通称:ゆでめん)』も、この2ndの『風街ろまん』にしても、彼等が
残したアルバムは、所謂ディスク・ガイド本に必ず載っている程の日本のロック名盤として
一般的に認知されている、といっても過言ではないだろう。
  ただし、これ以上は敢えて追言することをしないつもりだ。
彼等には熱心なファンが多く、優秀なサイトも多いから、そちらを参照した方が有益だ。
アルバムそのものは甲乙付け難いと思うが、敢えて言うならば『風街ろまん』かな。
  『はっぴえんど(通称:ゆでめん)』は、当時『ガロ』に描いていた林静一がスリーヴの
イラストを担当しているが、『風街ろまん』のイラストを描いたのが、『COM』で活躍していた
宮谷和彦である、という他愛もない理由なのだが。
漫画家志望の者にとっては、アンダーグラウンドな匂いを漂わせていた青林堂発行の『ガロ』と虫プロ商事発行の『COM』とでは対極的な位置関係にあったのだ。(苦笑)
イメージ的に『ガロ』は四畳半フォークであり、片や『COM』はポップスという感覚かな。
  さあ、この次にはっぴいえんどを聴きたくなるのは何年後だろうか。

   はっぴいえんどについては、こちらを参照のこと。


 
   20060919182826.jpg   20060919224037.jpg

  はっぴいえんどBOX
   ○ URC / Avex-Io IOCD-40051/58

 20060919224152.jpg  20060919224216.jpg 20060919224240.jpg
 はっぴいえんど  (L) 
  ● URC    URL-1015 
Happy  End  (C)      
   ● Bellwood / King    OFLー8
ライブ!!はっぴいえんど (R)
    Bellwood / King    OFLー20

 
 20060919224335.jpg    20060919224405.jpg  20060919224442.jpg

 ♪ The Happy  End       ♪ レアリティーズ VOL.1  ♪ レアリティーズ VOL.2
● CBS-SONY 18AH-1933


  20060920154503.gif

WITH はっぴいえんど -バッキング音源集-


§ はっぴいえんどが影響を受けたグループ


  Buffalo Springfield

  Buffalo-Springfield-Buffalo-Springfie-Us-2ndpress.jpg   Buffalo-Springfield-Buffalo-Springfie-Jap-a.jpg   Buffalo-Springfield-Buffalo-Springfie-Jap-b.jpg

♪ Self  Titled
 ● Us;Atco / Atlantic SD33-200  (L)
     J;Atlantic /  Waner Bros. Pioneer P-8053A (C+R)


Buffalo-Springfield-Buffalo-Springfie-Us.jpg    Buffalo-Springfield-Again-Jap-a.jpg   Buffalo-Springfield-Again-Jap-b.jpg

♪ Again
● Us;Atco / Atlantic SD33-226  (L)
   J;Atlantic /  Waner Bros. Pioneer P-8054A (C+R)

  Buffalo-Springfield-Last-Time-Around-Us.jpg                        Buffalo-Springfield-Retrospective.jpg

♪ Last Time Around (L)                             
● Us;Atco / Atlantic SD33-283 
      J;Atlantic /  Waner Bros. Pioneer P-8055A 
♪ Retrospective  (R)
● Us;Atco / Atlantic SD33-256
   J;Atlantic / Nippon Gramophone

   Moby Grape


  Moby-Grape-Moby-Grape-Us-Org.jpg  Moby-Grape-Wow.jpgMoby-Grape-Moby-Grape-69.jpg

 ♪ Self  Titled (L)        
    ● Us;Columbia  CL-2698 (mono)   CS-9498                           
 ♪ Wow         (C)                       
  ● Us;Columbia  CS-9613
 ♪ ’69   (R)
  ● Us;Columbia  CS-9696

  20060919185148.jpg
 
 ♪ Grape Jam                                  
 ● Us;Columbia  MGS -1

関連記事

コメント

非公開コメント

はい!お休みです。ヨーカドー。大きいサイズの服があるのか・・・今度行って来なければ。(←大馬鹿)

さて「はっぴいえんど」。私は初期のユーミン・ファンなので鈴木茂のギターが好きで溯って聞いたのが彼らです。大滝詠一もナイアガラ・トライアングルの時よりもずっと好きです。

いやあ、リアル・タイムで聞いている人には負けるなあ。ところで店長、横の目安箱を利用して一通たわいのないメール送ったのですが、届きました?

e-343 ぷくちゃん、どうもです。

>横の目安箱を利用して一通たわいのないメール送ったのですが、届きました?

 あれ?おかしいなあ。届いてませんよ。
試しにテストしてみたけれど、ちゃんと届くのが確認されています。

>いやあ、リアル・タイムで聞いている人には負けるなあ。

 すいません。実は日本のロックは完全に後追いなんですよ。
洋楽偏重の鼻持ちならないロック小僧だった、と反省してます。
正座していたら足が・・・・・・(←大嘘)

こんばんは~。
リアル・タイムに聴いていた遼です。
あのころははっぴい・えんどがこんなにメジャーになるとは思いもよりませんでした。
それもこれもYMOと松田聖子(&ユーミン?)のお陰です。
ありがたや、ありがたや…。
「颱風」名曲ですね~。

ちなみにぼくは『ガロ』派でした。
つげ義春のファンでした^^

e-343 (遼)さん、いらっしゃいませ。

>あのころははっぴい・えんどがこんなにメジャーになるとは思いもよりませんでした。
それもこれもYMOと松田聖子(&ユーミン?)のお陰です。

 確かに・・・・・・ですね。
いまでこそはっぴいえんどはグループとして認知されていますが、各メンバーの優れた才能が
開花したのは解散後じゃないか、と思いますね。
特に松本隆の作詞家としての才能の開花が、(遼)さんが指摘している点ではないかな、と思います。
流石はリアルタイムで聴いていた説得力があります。v-424
僕なんかは洋楽偏重の嫌な奴でしたから。(汗)
 まあ、これからの楽しみが増えたかも。(苦笑)
コメント感謝です。

ピピアンドコットの「野菜が食べたい!」が好きでした!

メールアドレス無くしたらしいから出しておいたv-40