Beaf Bawl Fever On A Day=牛丼騒動の一日


♪ 何か昨日は大変な騒ぎだったらしいね。(←完全に他人事)
  もちろん、台風13号も凄かったけれど、それ以上にお祭り騒ぎだったこれの話だけどね。(笑)

     Yoshigyuu.jpg

TVのニューズや新聞でも報じられているから相当な宣伝効果だったんじゃないかな。
 何しろ、昨日は敬老の日だったから、特に宣伝効果があったと思う。
まったく確信犯はタチが悪いよな。..
牛丼が好きか嫌いかと言われれば、好きな方だろうけれど。
  ただし、某Y屋の牛丼に限らず、所謂ファーストフード店で出している牛丼の味には否定的な
見解を持っているので、この牛丼騒動を理解できない自分だったりする。
そんなに長蛇の列に並んでまで食べたいかなあ。解らんな。
  だいいち、販売停止前¥280だった並盛¥380なんだってさ。
おい、それも¥100値上げしてるんじゃないかよ。(怒) ますます解らないよな。
そんなに食べたいんだったら自分で作れば良いんじゃないの、と思うのだが。
某Y屋風牛丼のレシピを公開しているサイトもあるので、興味がある人は挑戦してみては。(爆)
函館市内には某Y屋は1店舗しかなかったりして。某N卯でさえ2店舗あるのに。(苦笑)
貴重な1店舗はここに在ります。ローカル・ネタでスマンね。(激爆)

  Yoshigyuu-Map.gif


   さて、そんな牛丼騒動とは関係なく本日の音盤の話へと話題転換。(←マテ) 

 ♪♪♪ 本日の店長 イチオシ ! アルバム ♪♪♪ 

  淡海悟郎&ビッグ・マウス  /  Guin Saga ~辺境篇~ 
                
 (
☆☆☆★) Rating =☆:2p ★:1p


   20060918225521.jpg

 
● Nippon Columbia   CX-7121 (’83)
 ○  Nippon Columbia   35C35-7154 (’84)
   
→ Columbia Entertaiment  COCC-72207 (Reissue '05)


  今回紹介するアルバムは数少ない手持ちのプラケCDからピック・アップ。(笑)
 それも所謂イメージ・アルバムというやつで、分類上はアニメになっている盤だ。
 実際には栗本薫原作のファンタジー大作ノヴェル”Guin Saga(グイン・サーガ)”
 モチーフにイメージした作品だ。
 このシリーズは何枚もあるが、記念すべき第1弾が『Guin Saga ~辺境篇~』である。
 これは知る人ぞ知るJapanese Rock隠れ名盤であり、通称プログレ篇とも
 呼ばれている。(←本当です。次作がヘヴィーメタル篇)
 最初に断っておくけれど、僕はアニ・ヲタでもPグレ者でもないし、所謂ファンタジーと
 呼ばれるものはノヴェルも映画も大の苦手なので悪しからず。(撃沈)
   しかも、演奏者の淡海悟郎&ビッグ・マウスについても判らない。(←スマン)
   ただ、オリジナルLPに付けられていた解説には淡海悟郎と作者の栗本薫との対談が
 掲載されていて、この中でKeith Emersonが好きだ、と記述されていたと記憶する。
  この件に関しても、うろ覚えなので誤りがあれば申し訳ないが。(自爆)
   冒頭の『死霊の森~戦士グイン~』から終曲の『辺境の王者』至るまで一気に
 聴かせてしまう技量は、流石ベテランの成せる技だ、と思わず感心させられる。
 それぞれに聴かせどころが多いアルバムだとは思うが、個人的なベスト・トラックは
 ハモンド・オルガンが縦横無尽に活躍する『辺境の王者』だろうか。
 Keith Emersonが好きだ、という割にE,L&Pの幻影がチラつかない点も高評価だ。
   尚、昨年に廉価盤として再発されたCD(COCC-72207 )だが、5,000枚プレス
 初回限定盤なので、興味を持った人は早目に入手しておいた方が無難だろう。


    グイン・サーガについての参考サイト
    ※ 淡海悟郎についての参考サイト

 
 20060918225105.jpg      20060918222045.jpg
 
 CX-7121 (Original LP)  Guin Sagaの記念すべき第1作 (文庫版)

 
  流石に何回も聴いていると飽きてしまったので、ついブリティッシュ・ロックの超名盤
 2枚聴いてしまいました。(自爆)
 はあ~。心に染みるソウルフルなヴォーカル。
 おまけに”Red Card”にはメロトロンがさりげなく入っていたりして。
 海外のメロトロン・サイトでもノー・チェックだったりして。(笑)
 
   §Street Walkers 

    
20060919014419.jpg         20060919014524.jpg


 ●  Red Card ( Uk;Vertigo / Phonogram 9102.010 )  (L)
  
● VIicious But Fair ( Uk;Vertigo / Phonogram 9102.013 ) (R)

 ↓この1st(グループ名義)も名盤です。
 
 20060919095616.jpg
 ●  Downtown Flyers ( Uk;Vertigo / Phonogram 6360.123 )

関連記事

コメント

非公開コメント

あ、この手の奴なら一枚いいのを紹介しますよ。

桜庭統「スターオーシャン&ヴァルキリープロファイル」
CDとDVDで両方出ています。

基本的に桜庭統という人はPグレ系のミュージシャンらしく、
この作品はELPタイプのトリオ編成バンド形式で演奏しています。
桜庭統さんは昔デジャ・ヴというバンドをやっていたらしいですね。
デジャ・ヴはガーデン・シェッドに確か売っていたと思うんですが、今もあるだろか?
グイン・サーガは聴いたことありませんが、おそらく作風は似ているんじゃないかと思いますよ。
でもこの手の作品って、ゲームミュージックのコーナーか、アニメイトなどのオタク系の店にあるんだよね・・・。
買うにはきっと勇気がいるはず(笑)。

むしゃむしゃむしゃ・・・牛丼食べながらコメント書いているぷくちゃんです。今回の記事で決まったね!店長=アニオタ&Pグレ者!

さあ、evergreen嬢、tommy嬢!家捜しだ!店長のベッドの下を探せ!何!それは・・・・(R指定でこれ以上書けない)

失礼しました。(歯に牛肉の筋が挟まっている。)
「ハリー・ポッター」や「ロード・オブ・ザ・リング」は好きなのに、日本のこの手の小説、だめなんです・・・・

e-343 ジェネスシさん、コメント感謝です。

>桜庭統さんは昔デジャ・ヴというバンドをやっていたらしいですね。

 そうですね。確かにDè Ja VúというグループがMade In JapanからLPで発売されてましたね。
 ただねえ、僕はここのレーベル自体が苦手なので駄目かもしれません。
せっかく薦めてもらって申し訳ないのですが。v-12

>でもこの手の作品って、ゲームミュージックのコーナーか、アニメイトなどのオタク系の店にあるんだよね・・・。
買うにはきっと勇気がいるはず(笑)。

 大丈夫です。CDショップで普通に買えますよ。
確かにアニメ・コーナーに置いてあるので、いい歳したオヤジがウロウロしていたら不気味かも。(滝汗)
 僕は事前に取り寄せをしてもらって入手しました。(マテ)

e-343 ぷくちゃん、さりげなく牛丼にも反応してくれたコメント感謝です。

>今回の記事で決まったね!店長=アニオタ&Pグレ者!

 あのお、レヴューの上から8行目に書いてあるのは何でしょうか?(←嫌味攻撃)
もしかして、ぷくちゃんの学校時代の国語の成績は・・・・・・

>「ハリー・ポッター」や「ロード・オブ・ザ・リング」は好きなのに、日本のこの手の小説、だめなんです・・・・

 おお、同志よ。(←思わず駆け寄る)
『ハ○ー・ポ○ター』も『「ロ○ド・オ○・ザ・リ○グ』も苦手な僕って・・・・・・(←伏字の意味ナシ?)

>さあ、evergreen嬢、tommy嬢!家捜しだ!

 家捜しをされないように表からv-267鍵を何個も付けておきます。
はっ!しまったあ!!中に入れない。(←馬鹿)v-12

>あのお、レヴューの上から8行目に書いてあるのは何でしょうか?(←嫌味攻撃)

自分で書けば書くほど怪しいという事です。私?国文科出身ですが?(←全くの嘘)

店長!近くに長崎屋があるんですね!家の近くの奴は2軒ともつぶれました・・・・ふぉよーん。(関係のないコメントですいません←コメント数増やし攻撃!)

e-343 ぷくちゃん、もしかして今日はお休み?
僕は明日から仕事に復帰します。台風13号も通過したことだし、めでたし、めでたし。

>自分で書けば書くほど怪しいという事です。

 これって、オカマを・・・・・・違った、墓穴を掘るってこと?v-40
はっ!しまったあ!!ぐわああ~~~~ん・・・・・・ v-12

>店長!近くに長崎屋があるんですね!家の近くの奴は2軒ともつぶれました・・・

 近いですよお。徒歩でも1時間かからないんじゃないかな。(笑)
バスで15分ちょっとかな。料金¥230です。
滅多に行きませんが、長崎屋の並びにイトー・ヨーカ堂があるので、そちらを利用します。
大きいサイズの服があるのがイトー・ヨーカ堂なので。(爆)