スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酉年なのでトリ・ジャケです(2) = 情熱の亜米利加 ・加奈陀編

   
新年早々から体調を崩してしまった Polar Bear といいます。
馬鹿は風邪をひかないと世間では言われていますが、実は違うみたいですなあ。
  さて、本来は酉年なので鶏の筈ですが、広い意味のトリということで選んでみました。
尚、各アルバムの内容については、ロック・ファンならば聴いたことがない人がいないと
思われるものばかりなので簡単に記述するだけとします。
 さあ、
トリ・ジャケの第2弾の始まり始まり。

 Front_20170106111057da6.jpg  Back_2017010611113838b.jpg   

    Side 1  Side 2 

    Buffalo Springfield / Buffalo Springfield Again ( 1967 = Us Atco SD33-226 )
 
 ♪ かつて Atlantic 及び Atco と契約があった日本グラモフォンから発売されたのは
編集盤の ” Retrospective ” だった為、本作がワーナー・ブラザーズ・パイオニアから
オリジナル・ジャケ仕様で発売された時は嬉しく思ったものだった。
 ただし、レーベルが Atco ではなく Atlantic だった事と相変わらず音質が悪かった事で
喜びが半減してしまったが。

 Gatefold Outside  Gatefold Inside   
 
      
    Side 1 Side 2   

  Lighthouse / Thoughts Of Movin'on ( 1971 = Us ; Evolution / Stereo Dimention 3010 )

 ♪ かつてビクター音産から国内盤が発売されたこともあるカナダのベテランの
5作目だが、一応ブラス・ロックに括られてはいるものの、あまり泥臭さを感じないので
お薦めなアルバム。

   Gatefold Outside  Gatefold Inside 

  
Side 1  Side 2 
 

   ●  It's A Beautiful Day / S.T ( 1969 = Us ; Columbia CS-9768 )
 
 
♪ 後に Deep Purple の ” Child In Time ” の元ネタというか完全にパクられた
” Bombay Calling ” が収録されたことでも有名な彼等のデビュー作。
まるで古き良き時代の映画のワン・シーンを思わせるような表ジャケばかりが
有名だが、個人的には鴎の羽ばたく姿を捉えた裏ジャケも高ポイントだと思っている。

 
 
  Front_201701061636043c4.jpg Back_20170106163408a77.jpg

   Side 1  Side 2 


   ●  Kansas / Song For America ( 1975 = Us ; Kirshner / Columbia PZ-33385 )

 ♪ 未だ国内盤が発売されていない頃に狸小路の老舗だが小さい某レコード店の一角に
設けられていた輸入盤コーナーで見つけた1枚。
この表ジャケに描かれているのが、果たして烏なのか否かは判らないが、一応トリという
都合の良い解釈で選んでみました。www

 Front_201701061734467ca.jpg  Back_201701061735076b9.jpg

 Side 1  Side 2

 ●  Shadowfax / Watercourse Way ( 1976 = Us ; Passport / ABC PPSD-98013 )

 ♪ 冬休みで札幌に帰省していた時に、オープンしたてのタワーレコードのエサ箱を
漁っていたらシールド未開封品の本作を ¥500 で捕獲。
未だ雑誌にも紹介されていなかった頃だったので、Passport レーベルからの発売と
楽器編成からサウンドを想像しての完全に博打的な買いの1枚だった。
後にプログレ系の某誌で紹介された途端に、カットアウト盤でも高値で売られていたのは
呆れてしまったが。

♬ 今回はカナダ、北米編ということで選んでみましたが、いよいよ次回は哀愁の欧羅巴編です。
未だ引っ張るのかという声も聞こえてきそうですが、次回で最後となります。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。