These Days = Rock Edition (8) : From My Memories On Youthful Days

 光陰矢の如し・・・歳月の移り変わりというのは本当に早いものですなあ。
何となく愚図愚図している間に 2月も半ばになってしまいましたよ。
昼間は陽が射せば割と暖かく感じるものの、夜になると冷え込みが激しくなる、というように
相変わらず気温の変化が激しい。
  とはいえ、最高気温が -2℃って・・・・・・やっぱり
無理 !!
きっと祖先は南方系民族だったに違いないと思う寒がりの Polar Bear といいます。

♪ いつものように紙ジャケ発売情報をチェックしていると、色々と感じることがある。
一体何回再発売すれば気が済むのだ、という怒りというか諦めにも似た心境にさせられてしまう
某メーカー主体の SM-CD による発売もあれば、本当にこんなものを発売しても売れるのかいな、と
こちらがハラハラとしてしまうようなマイナーな音盤が発売予定になっていて吃驚することがある。
  もちろん、買うか買わないかは別の話だけど、個人的に歓迎するのは後者の方だろうなあ。(笑)
そういえば、4/14に Columbia 在籍期の Dave Mason のアルバムが遂に発売されるそうで。
好きだったよなあ、
Dave Mason ・・・・・・
はっ!いかん、いかん。想い出モードに浸っている場合ではないのだ。
何回も再発売するぐらいならば、こういう音盤も陽の目を見ても良いんじゃないの的なポジションにある
個人的に名盤と思う音盤が今回の選定テーマです。


 Rose - A Taste Of Neptune - a  Rose - A Taste Of Neptune - b 


  Rose - A Taste Of Neptune - c


Rose / A Taste Of Neptune  ( 1977 )
      Can ;  Polydor / Polydor Canada  2424.136

Track List

( Side A )
01. Ride Away
02. Snakes And Ladders
03. Marie ( Where Have You Gone ? )
04. Bangin' My Head Against The Wall

( Side B
 )
05. Aquarian
06. Don't Surrender
07. Yet It Follows Me Still
08. A Taste Of Neptune


♪ 
プログレ・マニアには良く知られている程の有名な音盤だが、一般的な音楽ファンには
極めて知名度が低いだろう的なポジションの音盤。
僕が本作の存在を知ったのは、いまから十数年前にS君が録音してくれたカセット・テープに
収録されていたことが始まりだった。
この当時は未だ某音盤組合の餌箱で¥500以下で売られていたような無名盤だったが、それが
現在では10倍以上のプレミアが付けられているのだから世の中は解らん。 orz・・・・・・
  さて、本作はというと、プログレというよりは AOR 寄りのハード・ロックだと個人的には思う。
確かに曲によってはPグレ者には受けそうな叙情的な曲構成となっていることも事実だ。
  例えば、 TOTO の 2nd迄が好きならば、 " Aquarian "  や " Don't Surrender " の
2曲も充分に満足できるだろう。
個人的に好きなのが、何となく深紫風なハモンドが活躍する"
Ride Away ” といった懐かしい
70年代初期風なハード・ロック・ナンバーや "
Bangin' My Head Against The Wall " に 
"
Yet It Follows Me Still " の3曲辺りか。
  もちろん、タイトル曲は名曲ですが、それが何か?

尚、多くの海外サイトで本作を 9曲収録と紹介しているが、これは完全に誤りなので要注意。
どうやら " Bangin' My Head Against The Wall " を " Bangin' My Head " と
" Against The Wall "
の 2曲であると勘違いしていることが原因のようだ。
ジャケ裏の曲目には番号も書いてないし、二段になって表記されているからね。
(笑)

関連記事

コメント

非公開コメント