謹賀新年

   明けましておめでとうございます。 
         本年も何卒宜しくお願い致します。ぺこり m(_ _)m


   ↓ 年賀状としてお納め頂ければ幸いです。




       Tiger 2

 

♪ 新年早々から辺境 Blog へお越し頂き有難うございます。(笑)
昨年中は更新間隔が非常に空いていたにも拘らず、気長に待って訪問してくださった心優しい皆様の
お陰で、何とか Blog を維持することができました。
昨年のことですが、僕が楽しみにしていたリンク先の Blog が 3箇所も閉鎖され、そのうちの1 箇所は
知らない間に何ごとも無かったかの如く復帰していたことが幸いでしたね。
え~、今年も更新間隔が空くと思いますが、ひとつ宜しくお願い申し上げます。(核爆)
  それでは簡単でありますが、今年も皆様の御健康を祈りつつ、これで新年の御挨拶代わりと
致します。

                                                              Polar Bear
                                                                         
01 Jan. 2010




♪ 皆様へお年玉です。
といっても、最近の収穫からのお裾分けなのですが。(爆)


 folder.jpg  Disc.jpg  

 
 ♭Обійми Дощу ( Obiymy Doschu ) / Елегія ( Elehia )  ( 2009 )

Track List

01. Під Хмарами  ( Pid Hmaramy )
02. Мертве Дерево і Вітер  ( Mertve Derevo I Viter )
03. Зоренько Моя   ( Zerenko Moya )
04. Її Душі Зів'ялі Квіти  ( Yiyi Dushi Zivyali Kvity )
05. Згасаюча Осінь ( Zhasayucha Osin )
06. Зимова Елегія  ( Zymova Elehia )
07. Самотні Ночі  ( Samotni Nochi )
08. Дорогою Вічності ( Dorohoyu Vichnosti

 
      Obiymy Doschu - Member Shot 01


OBIYMY DOSCHU      7aba352b.jpg

Band Members

Володимир Агафонкін ( Volodymyr Agafonkin ) : vocals, acoustic-guitar
Олексій Катрук  ( Oleksiy Katruk ) : electric-guitar
Микола Кривонос ( Mykola Kryvonos ) : bass guitar, recorder
Сергій Думлер ( Serhiy Dumlery ) : drums, percussion
Марія Курбатова  ( Maria Kurbatov ) : keyboards
Олена Нестеровська  ( Olena Nesterovska ) : viola

Additional Members

Олександра Видря ( Olexandra Vydrya ) : violin
Ганна Кривонос ( Hanna Kryvonos ) : back vocals


♪ 
予め断っておくけれど、僕は1990年代以降の Prog. Rock と呼ばれているような類の音楽には
基本的には興味が無い、と言ってよい。
その理由としては、まず第一に全体的にプロダクションの詰めが甘い上にサウンドというか音色が非常に
硬質であり、そこからは人間的な感触、言い換えると温もりのようなものが感じられないからである。
  おそらく、打ち込みによるキーボードやドラムスの音色を生理的に受け付けない為もあるだろう。
まあ、飽くまで基本的には・・・・・
  ということは多少の例外もある訳で、3年近く前に詩音ちゃんの強引な薦めで無理矢理に聴かされた

Also Eden / About Time は良質のサウンドで感心した記憶があるが、今回紹介するグループも
数少ない例外となりそうだ。(笑)
ウクライナはキエフ出身の Обійми Дощу  ( 英訳= Rain Embrace  ) というグループの
" Елегія " と題された本作が彼等のデビュー・アルバムになるそうで、これは昨年の8月29日に
リリースされたものだ。
これ以前にも EP - CDや Demo CD をリリースしているようだが、飽くまでフルレンス・アルバムとしては
本作が満を持したデビュー盤となる。
   まず、僕が重い腰を上げて本作を聴く気になったのは、写真のジャケットに一目惚れをしたからである。
厳しい冬の情景を切り出したような何とも表現がし難い写真にリアリティーを感じた為なのかもしれない。
率直にアルバムを
聴いた感想を述べると、やはり打ち込みのようなパートは硬質な感じが否めないので
手放しでは好きになれない。
  また、ギターのパートがへヴィーな点が好き嫌いが分かれそうな感じだが、アコースティック・ギターの
音色が実に良い雰囲気を醸し出しているので、結果的に成功しているようにも思える。
   しかしながら、そういったマイナス的な要素を加味したとしても、これは全体的に完成度が極めて高い
良質なシンフォニック・ロック、それも極上の部類と 断定したくなるような傑作には違いない、と僕は思う。
ウクライナ語で歌われている為に意味は解らないが、アルバムが叙情的且つ物悲しさを感じさせる曲で
構成されている点からも、これは日本人の感性に充分に訴えるのではないだろうか。
  尚、アルバム・タイトルの " Елегія " を英訳すると " Elegy " となるそうで、「ああ、なるほど」と
合点したことは言うまでもないだろう。
  つまり、そのままの
哀歌』という訳だからね。
  さて、ここまで読んでいて変だな、と思った人は鋭いですな。
いつもならば、アーティスト / アルバム・タイトル ( リリース年 ) の下に国名の略号、レーベル及び
カタログ番号が記載されているのに、今回は無いですからな。
  そうなんですよ。これはインターネットを通じてダウンロードしたものだからです。
いえいえ、決して違法な手段ではなく、アーティスト公認の無料でダウンロードできるアルバムなのだ。

mp3 ( Bit Rate : 245 ) の ZIP ファイルで入手できますから下記のURL から入手可能です。
 ちなみに、僕は某所から OGG ファイルで入手して WAV 変換でCD に焼き込みましたが。 
ジャケ写真の右側が Polar Bear 手製の盤面だったりして。(笑)

http://rain.in.ua/


まず試聴してみたい人は下記のURLでどうぞ。

http://www.myspace.com/obiymydoschu


最後に大事なことを書いておかなければ。
  もちろん、CD ( 10 P のブックレット付き !
 ) を購入することもできます。(苦笑)

関連記事

コメント

非公開コメント

店長!おめでとうございます!静岡空港もできたので、いつしか北海道に・・・というのが私の夢。ブログ復活は夢のまた夢。

今年もよろしくお願いします。

Polar Bearさん、あけましておめでとうございます!本年もどうぞよろしくお願いいたしますね。

ウクライナからの新譜って、物凄い角度から飛んで来たと思ったらDLというのも今どきですね~。いよいよ、こういう形が普通のことになりそうで、否応なく時代の流れを感じてしまいますです。

ようこそ

>ぷくちゃん
 お久し振りですね。年賀状とBlogへの二重挨拶攻撃に感謝です。
早くBlogの復活をお願いします。(←催促)
こちらこそ宜しくお願いします。


>北沢オーストラリアさん
 こちらこそ宜しくお願いします。
今回紹介したОбійми Дощуというウクライナのグループですが、どうもアマチュアらしいです。
 しかし、下手なプロよりも歌心を感じますので、これはお薦めです。
是非、これはDLするなり買うなりして聴いてみて下さい。

店長さま!
明けまして おめでとうございます

今年もどうぞ宜しくお願い致します。

Re: タイトルなし

cometさん、明けまして おめでとうございます。
ご無沙汰をしてすいません。
こちらこそ宜しくお願い致します。

店長、先日はご丁寧な新年のご挨拶、ありがとうございました。
相変わらずぼくなんかがまったくコメントもできないような
すごいバンドのご紹介、ありがとうございます。

プログレというとフロイドとクリムゾンとイエスだけ、という
洋楽初心者の中学生みたいなぼくですが、今後ともよろしく
お願いいたします^^;

どうして?どうして?
私好みを知っているの?
不思議!!!
ハマりました!ありがとうございました。