心に染み入る究極的な和の様式美

♪ ここ数日で短い夏が終わってしまった、と実感している Polar Bear といいます。
皆さんがお住まいの場所は如何でしょうか?
 
さて、こんなアホな Blog にも
訪問してくださる物好きな・・・もとい奇特な人もいるとは
有難いことですな。(笑)
「よっこらしょ」と重い腰 ( 身体も重い ← 余計なお世話じゃ ) をあげての約 1ヶ月振りの
更新です。
たまには日本の音楽を取り上げてみようかな、と捻くれた性格が故に、今回のテーマは
究極の日本の音楽ということで。
  おそらく、このジャンルの音楽について書くのは後にも先にも今回限りだろうけれど。
心に染み入る究極的な和の様式美』というタイトルからピンときた鋭い人は何かしら嫌~な
予感を感じた筈。
はい、そのとおりですよ。今回は歌謡曲・・・それも演歌と呼ばれているディープな
ジャンルを取り上げますから。
きっと Polar Bear は暑さの為に頭がおかしくなったのだ、と思った人は根本から
勘違いしてますな。
元からおかしいので・・・あ、それも違うか。(爆)


 ↓ 今回の音盤がこれ


 石川さゆり - ベスト・コレクション - Front
 
 石川さゆり - ベスト・コレクション - Inside 01  石川さゆり - ベスト・コレクション - Inside 02

 石川さゆり / ベスト・コレクション ( 2008 )
   
 ポニー・キャニオン  PCCS-00061

♪ 
正直に言うと、僕は歌謡曲が好きではない。特に演歌と呼ばれているものは尚更だ。
にも拘らず、こんな無謀な挑戦をする気になったのには当然の如く理由がある。
事のきっかけは某所でヘヴィー・ローテーションのように聴く羽目になったからである。(笑)
僕が普段好んで聴いている音楽はロックやポップス・・・それも1960年代中期から1970年代の
中期までの10年間に発売された音盤がメインであるけれど、1980年代は H.M も許容範囲だ。
英語圏の音楽は当然として、伊語、仏語、独語に飽き足らずにスペイン語、ポルトガル語圏の
音楽にも手を出し、何の抵抗なく聴いていられるのは、外国語というフィルターを通している為である。
  だから、心地好く感じるだけであって、本当であれば聴くに堪えられないような酷い意味の歌詞を
聴かせられているだけなのかもしれない。
その点では日本語の歌はストレートに耳に入ってくるから好き嫌いが激しくなるのも当然だろう。
如何なる理由であれ、ふと耳を傾けて聴いてみると、これが実に魅力的で素晴らしい曲ではないか。
その契機となった『津軽海峡・冬景色』は特に名曲だと思う。作詞の阿久 悠、作曲・編曲を
担当した三木たかしのコンビもそうだが、この楽曲を見事に歌いこなした類稀な歌唱力も持つ
石川さゆりの才能があってこその名曲ではないかと思う。
試しに画像をクリックして『津軽海峡・冬景色』の歌詞をじっくりと読んでみると、僕が一体何を
言いたいのかを完全に理解してもらえる筈だ。
  さて、石川さゆりは元々はアイドル歌手としてデビューをしたそうだが、そう言われてみると
何処となく可愛らしさを感じさせる顔立ちや You Tube で若い頃の彼女の姿を見ると、余計に
頷いてしまう自分が怖い。(苦笑)

 石川さゆり 01 石川さゆり 02

 ↑ ちょっとB級アイドルぽいけれど、なかなかの美人だと思うが。


 津軽海峡・冬景色    

 津軽海峡・冬景色 b/w 野の花のように ( 1977 )
     ● 日本コロムビア    AK-43 

♪ 
某中古盤店では¥2,400 という価格がつけられているが、この年代のシングル盤を
盤、ジャケット共に良好なコンディションで入手しようと思えば安いものなのかもしれない。
ううっ、欲しい・・・
まあ、とりあえずは CD で我慢しないとな。
特にリマスター表記は無いが、昨年に発売された編集盤なので、かなり鮮明な音像と楽器の
定位を楽しめる CD ではないだろうか。
1977年から1996年までの年代順に収録され、収録曲も18曲とお得感があるし。
超有名曲以外でお奨めなのが、『風の盆恋歌』と『ウイスキーが、お好きでしょ』かな。
特に後者は某ウイスキー・メーカーの CM 曲として有名らしいのだが、クレジットを見て吃驚!
作曲が杉真理ということで、なるほど洒落た曲調であるのも合点。
まあ、嫌いな人には拷問以外の何ものでもないけれどな。(激爆)

 次回予告・・・高音質CDについてレヴュー ( 多分・・・笑  )

関連記事

コメント

非公開コメント

なんとこちらで石川さゆりの名前を見ることになるとは!

以前どこかで読んだのですが、日本人が多種なロック、のみならず諸外国の色々な音楽を聴けるのは、日本語以外の言葉に明るくないので、曲を音楽として楽しめるからではないか…とあったと思います。
自分でも日本語の曲は(イイ悪いではなく)耳(脳?)がいつもと違うように機能しているような気がしています。

なんとあのウィスキーの曲は杉真理さんが作曲だったんですか!僕はこの人、名前だけ見てずっと女性だと思っていました(笑)

まさか・・・

♪ いたち野郎さん、こんなアホなBlogにコメント感謝です。
まさかコメントがつくとは思ってもいませんでしたよ。(笑)
 しかも、僕が言いたかったことを完全に理解してくれた上での
コメントなので有難いことです。