Which Do You Like Better A or B ?

♪ 日を追う毎に紙ジャケ仕様の CD への購買意欲が確実に減退してきている Poler Bear といいます。
以前の僕といえば、それなりに音質が改善されて向上しているか、相当なプレミアが付けられている為に
入手できなかったレア盤が、限りなくオリジナルに近い仕様で復刻されていれば入手していた。
   しかし、いまでは CD ショップに行く機会もなく、職場と自宅の往復・・・・・偶にヤマダかコジマに寄って
CD-Rやプリンターのインクを買って帰るぐらいの生活パターンでしかない。
あとは月に 2回の通院 ( メタボ対策 ) と先週から通い始めた歯の治療ぐらいなものだ。( 苦笑 )
  さて、本題に入るとするか。( ←前振りが長い )
リンク先の Blog も含めた音楽 Blog 界で話題となっていたのが、 Led Zeppelin の紙ジャケ発売だった。
これで3回目の紙ジャケ発売となる筈であった Led Zeppelin だったが、発売告知があってから大して
時間が経たないうちに発売中止となってしまったからである。
当初の予定では英国仕様のE式ジャケ、Polydor 配給であった 1st から 4th 迄のセンター・レーベルが
レッド・マルーンを再現、加えて 1st  が初回盤の Turquois レタリング、国内初回盤のグラモフォンの
黒帯付き、その他色々と反応してしまいそうな仕様での復刻だったが、肝心の音源が1994年マスターと
知った瞬間に購買意欲のメーターが 0 になった。
実にタイミングよく発売中止となり、そういう訳で個人的には何も影響なし。(爆) 
  将来的には御大の手で進行している、というリマスター音源を使用した E式の紙ジャケでの発売を
希望したい。できれば 5.1ch ミックスの SACD でお願いしたいなあ。

  ・・・・・・ということで、ユーザーへの対応が悪いメーカーへの皮肉を込めて、こんなものを作ってみた。
  ↓ Blog を更新せずに、こんなものを作ってしまう馬鹿な僕を笑ってやって下さい。

   Led Zeppelin-1st   Led Zeppelin-2nd

♪ ちょっと見ただけではただのプラケース仕様のCDにしか見えないが、1st のジャケ・デザインが
Turquois レタリングの初回盤を復刻したものであることがポイントね。
  しかも、ジャケは 1st プレスと 2nd とのリヴァーシブル仕様 !! はい、ただの大馬鹿ですが。(激爆)

   Led Zeppelin-1-1st Press   Led Zeppelin-1-2nd Press
   
 ↑  Click To Enlarge

   Led Zeppelin-Label-1st    Led Zeppelin-Label-2nd

♪ どうせならばセンター・レーベルもオリジナル盤を再現しようということで作ってみた。
音源は前回の紙ジャケをリッピングして流用しているだけだが、ここまで雰囲気を盛り上げれば
聴きなれたCDが多少は違って聴こえるかも。( ←ただの気休め )
ついでに 3rd と 4th も作ってみた。(笑)

   Led Zeppelin-3rd     Led Zeppelin-4th

    3rd Atlantic-Logo
♪ 3rd のAtlantic のレーベル・ロゴの下に注目! "DELUXE"と表示されているのが Polydor 配給盤だ。
下の写真のようにレーベル・ロゴの下に"STEREO"と表示されているのが米国盤の特徴だ。
というか、よく見たら SD 19126 ってなっているけれど、これは再発盤のカタログ番号じゃないかよ。
本当は SD 7201 だろ、米国盤のオリジナルは。こういう配慮の足りなさが残念賞だな、某W○Jは。

   Atlantic Logo For Us Version

   Led Zeppelin-Label-3rd    Led Zeppelin-Label-4th

♪ 次回は Led Zeppelin の話題じゃないけれど、Mono盤とStereo 盤の存在意義について書く予定です。


関連記事

コメント

非公開コメント

はじめまして!
ZEPへの愛情が十分、感じられます。
僕は普通に売ってる廉価版CDで揃えました。
同じバンドでも数えきれないくらいの集め方があるのですね。

♪ りょ~さん、初めまして。
こんな零細Blogにお越しいただき、コメントまで残していただいて感謝です。
リンク先でお名前は見かけておりましたので、実は何度かBlogを拝見させていただいておりましたよ。
シャイな性格なもので(←本当か?)コメントを残さずに失礼致しました。

>ZEPへの愛情が十分、感じられます。
 ただの買い被りですよ。本当のマニアから怒られます。(笑)
一時はLed Zeppelinがアイドル・バンド的存在であったことはありますが、いまは冷静な聴き方をしています。
 多分、紙ジャケの発売中止騒動が無かったら、きっと僕のBlogでは取り上げなかったでしょうね。
 何しろ、僕は捻くれ者ですから。(爆)
今後とも宜しくです。