白熊音盤店奮闘記(7)=A Time Before This:遥かなる時空の物語

 これは北国のとある地方都市の鄙びた商店街に小さな(←余計なお世話)レコード店を
 構えている白熊店長とアルバイト店員の『詩音(うたね)』ちゃんのズッコケ・コンビのお話です。
 飽くまで妄想・・・、じゃなかったフィクションであることをお断りしておきます。 
  
「店長。何か嬉しいことでもあったんですかあ?」
「お、判るかな。詩音ちゃん」
「だってえ、さっきからニタニタしていますよ」
「そうか、いかんなあ」
「いまだって物凄~く顔が変形していますから

「ん?いま変形と聞こえたような気が・・・・・・」
「気のせいですよ。毛虫に刺された後遺症が残っているせいじゃないんですかあ」
「あのなあ、毛虫って・・・・・・」
「ただでさえアスペクト比が16:9のワイド画面みたいな肉付きなのに」
「うぐぐぐっ・・・・・・アスペクト比が16:9って。くそお、相変わらず口が悪い奴だな」
「気のせいですってば」
「何か毎回同じパターンで誤魔化されているような」
「気にしないの。何が嬉しいんですか?」
「おお、そうだったな。超レア盤で有名なアルバムが紙ジャケで復刻されるんだよ」
「このBritish Cult Label Collection :Vol.2というやつですね」
「それはな・・・・・・続きを読むクリックしてからな」 

   今回の記事は駄文の上に長いです。店長が妙なテンションで張り切って
書いていましたので、それ相応の覚悟が必要で~す。( comment by  詩音 Chu!  )


=====================================================================

 ♪♪♪ British Cult Label CollectionVol.2  ♪♪♪

 
☆ AIRAC-1232~1239:Air Mail Recordingsより7/26 発売予定!!


 20060627141643.jpgSalamander-TenCommandments-Jap.jpg 20060627141543.jpg

Elias Hulk / Unchained Elias Hulk   (L)
Uk;Young Blood / Pye SSYB-8
◎ J;Air Mail Archive / Air Mail Recordings AIRAC-1234
                                              ( Cardboard Sleeve )
Salamander / Ten Commandments  (C)
Uk;Young Blood / Pye   SYB-14
◎ J;Air Mail Archive / Air Mail Recordings AIRAC-1235
                                              ( Cardboard Sleeve ) 
Chris Harwood / Nice To Meet Miss Christine  (R)
Uk;Birth / CBS   RAB-1
◎ J;Air Mail Archive / Air Mail Recordings AIRAC-1236
                                               ( Cardboard Sleeve )

 20060627141730.jpg  20060627141812.jpg

Kevin Lamb / Who Is Hero  (L)
 Uk;Birth /CBS  RAB-4
◎  J;Air Mail Archive / Air Mail Recordings AIRAC-1238
                                             ( Cardboard Sleeve )
Gary Benson / The Concert (R)
Uk;Birth / CBS  RAB-5
◎  J;Air Mail Archive / Air Mail Recordings AIRAC-1239
                                              ( Cardboard Sleeve )

=====================================================================


 
20060627133426.jpg  20060627134010.jpg  20060710110203.jpg

 Julian Jay Savarin / Waiters On The Dance 
 ● Uk;Birth / CBS  RAB-2  (L)
 ◎  J;Air Mail Archive / Air Mail Recordings AIRAC-1237
                                               ( Cardboard Sleeve ) 
♭ Center Label  Of  Birth   (C)
 ◎ I;Akarma / Commet   AK-161 ※ Reissue  (R)


Member   
     Lady Jo Meek  ( vo ) /  Julian Jay Savarin ( story, arrangements, keyboards )
    John Dover ( bass ) /   Nigel "Zed" Jenkins ( guitar ) /  Roger Odell ( drums )

「そう、Young BloodBarthレーベルのお宝盤がオリジナルに忠実に復刻されるんだ」
Young BloodBarth詩音、わかんな~い」
「今回発売される7枚のうちで、もっとも有名なのが
Julian Jay Savarinだろうね」
「は~い。店長。この馬に跨った人物のイラストのやつですね」
「そのとおり!って、判らないといっているくせに見つけるのが早いな。本当は・・・・・・」
「何のことか、わかんな~い」
「まあ、いいか」
でも、よく見ると同じようで微妙に感じが違うのがあるんですけど
「そういえば、今は亡き某輸入盤店がイギリスで作らせた偽英盤は白文字だったな」
「これなんかはWaiters On The Danceのタイトル部分が赤くなってますよお
「ああ、それはイタリアのAkarmaから復刻された盤のことだろう」
アカルマだけになんて洒落になりませんよねえ」
「そういう訳じゃないと思うぞ、詩音ちゃん。でも、本物は黒色なんだよね」
「本物って・・・・・・じゃあ偽者があったんですかあ?」
 
「おお、あったぞ。それも超レア盤が狙い撃ちにされたブートレッグが多かったな」
「ブタとレッグ?」
「ブートレッグ!そういうボケは要らんちゅうの」
「そういえば、このムキムキマンみたいなジャケのやつが変ですよお」
「ああ、Elias Hulkね。これとかSalamanderもカモにされていたな」
「鴨ネギ?」
「あのなあ、耳鼻科に行った方が良いんじゃないの?」
「でへへへ」
「見分け方は簡単だね。Young Bloodのレーベル・ロゴが黒くなってるのがブートレッグさ」
「それにスパインの部分に文字が書いてません!」
「そのとおり!よく気がついたね」
「だけど、なんだってブートレッグなんかが出回るんでしょうね」
「それは聴きたくてもバカバカしいプレミアが付けられている為に買えないからさ」
「そんなに凄いんですか?」
「軽く10万コースかな。今でも£300とか£400は平気で付けられているんじゃないかな」
「詩音、わかんなあ~い」
「値段が設定されているだけ現実的だろ。最初からBid表示されている盤もあるからね」
「きゃああーっ、何だか涼しくなってきたわ」
「懐がだろ」
「大当たり~ぃ!」
「それはいつものことじゃないの」
「ということで、店長・・・・・・」
「駄目です!」
「未だ何も言ってないんですけれど」
「どうせバイト代の値上げとか前借りの話だろ」
「え~、お願い。あとでたっぷりとサーヴィスするから」
「あ、こらこら。そういう誤解を招くような発言は止めてくれよ」
「水臭いんだからあ。店長と私の仲じゃないの」
「はいはい、店長とアルバイトという関係ね」
「みなさ~ん、本当はね・・・・・・・」
「おい、止めろよ。話が拗れちゃうだろうが」
「衝撃の事実です。店長と私は○○で××の関係です」
「はいはい、おじと姪のな」
衝撃じゃなくて笑激でしたね」
「お後がよろしいようで」


♪♪♪ 本日の店長 イチオシ ! アルバム ♪♪♪


 20060627140724.jpg  Julian's Treatment


  20060710103754.jpg   20060627140202.jpg 20060627135959.jpg

Julian Treatment / A Time Before This  (L)
  Uk;Young Blood / Pye   SYB-2/3
   Fr;Youngblood / Barclay  940.054
       G;Young Blood / Vogue  SYB-2
   ◎   J;Air Mail Archive / Air Mail Recordings AIRAC-1232/3  
                                               ( Cardboard Sleeve ) 
 ♭ Center Label  Of  Young Blood  (C)
  Julian Treatment / A Time Before This  ( R=Us Edit Version )
   Us;Decca   DL.7-5224 
    Ca;Young Blood  SYB-2 ( Us Edit Version ) 

    Member  
    John Dover ( bass ) / Jack Drummond ( drums ) /  Cathy Pruden ( vo )
    Julian Jay Savarin ( vo,Keyboard1969-70 ) /  Del Watkins ( guitar, flute )


 いつ紹介しようかと考えていた時に、まさかYoung BloodBirthのマイナー・レーベルの
超レア盤が紙ジャケで発売されることになるとは。
嬉しい反面、ちょっとエアー・メイルは発売ペースが早過ぎるんじゃないか、と悲鳴をあげたりして。
  ただ、マイナー・レーベルとは言っても、Young BloodPye(カタログ番号からいっても間違いないと思うが、違っていたらスマン)が配給、BirthCBSが配給元となっていたので一定の流通があった筈。
この辺りが自主制作盤との大きな違いだろう。
  さて、このJulian 's Treeatment名義の唯一作の”A Time Before This”だが、実質上の
2ndアルバムと考えて良いソロ名義のJulian Jay Savarin / Waiters On The Dance
比べて知名度が低いのが残念である。
  どうもメロトロンがバリバリに入っている後者がPグレ者に人気があるようだが、この時期の
古き良きブリティッシュ・ロックのサウンドを満喫したいのであれば、悪いことは言わないから
”A Time Before This”を優先して聴くべきだ。
アルバムの完成度という点でも圧倒的に凄いし、まさにハモンド・オルガンの素晴らしい演奏が
聴ける裏名盤の1枚じゃないかな。
  尚、オリジナル英国盤に準じた2枚組仕様で、尚且つYoung Bloodレーベルとして発売された
他国盤としては、確認が取れているだけでも、ドイツ盤( Vogue )とフランス盤( Barclay )の
2種類が存在する。
この他にも、一部の曲を編集して1枚にしたUsヴァージョンアメリカ盤( Decca )とカナダ盤
( Young Blood )があるが、前者の方は現物で確認済み。
 元々、片面の収録時間が短かいということもあり、編集されたUsヴァージョンを聴いても特に
違和感を感じられなかったし、むしろ、こちらの方が好きという人もいるだろう。
 しかし、コンセプト・アルバムとしての評価は、やはりオリジナルどおりの2枚組で聴いた方が
解りやすいし、正当な評価を下せるように思う。
いままでは権利関係が怪しい某伊国のA○a○m○で聴くぐらいしかできなかったが、ようやく
音質面でも定評のある24bitでデジタル・リマスターされた高音質のCDで聴くことができる。
おまけに今回の発売元であるエアー・メイルは、きちんと権利関係をクリアして発売してくれる
良心的なインディーズ・メーカーだ。
オリジナル盤の細部にまで及ぶ復刻魂には本当に頭が下がるし、今回発売される7枚の中でも
トップ・クラスのクオリティーを誇るアルバムなので安心して薦められる。
 ただ難点なのが、プレス枚数が2,000枚程度の少ロットであるということだろうか。(笑)
 まず1枚というのであれば、この”A Time Before This”は絶対に外せないだろうな。
懐に余裕があれば、Julian Jay Savarin Elias Hulk Salamander といった盤の他にも
Chris Harwood のソロ・アルバムも抑えておきたい重要アルバムだ。


    ♪♪♪ Related  Album   ♪♪♪

Catapilla-Self-a.jpg
Catapilla-Self-b.jpg

   ♪ Catapilla / Self Titled  ( L=Front / R=Back )
    Uk;Vertigo / Phonogram  6360.029

    Robert Calvert  ( saxophone ) / Hugh Eaglestone ( saxophone  
    Malcolm Frith ( drs
)
Anna Meek ( L-Vo. ) /  Dave Taylor ( b ) /
 
 Thiery Rheinhart ( wind instruments ) / Graham Wilson ( guitars )

Catapilla-Changes-Ger-a.jpgCatapilla-Changes-Ger-b.jpg

  Catapilla / Changes   ( L=Front / R=Back )
   ● Uk;Vertigo / Phonogram  6360.074

 Robert Calvert ( saxophone ) / Bryan Hanson ( drs ) / Anna Meek ( L-Vo. )
  
Ralph Rawlinson ( keyboards ) / Carl Wassard ( b ) / Graham Wilson ( guitars )   
 
ネタバレ覚悟で次回予告> 白熊音盤店奮闘記(8)=宇宙(ほし)のフラメンコです。(爆)

関連記事

コメント

非公開コメント

ダメだ…。
全然わがんね…さよならぁ~♪

e-343 Tommyさん、一番乗りのコメthanks です。
今回紹介したJulian's Treatmentは超お薦め盤です。
ちょっと価格が高いけれど、一生もののお宝盤になること必至です。
騙されたと思って聴いてみてね。

これは!

がらがらがら・・・

おばんです。一枚たりとも知らないので、現代美術館に来たと錯覚したぷくちゃんといいます。

>Julian's Treatmentは超お薦め盤です。
ちょっと価格が高いけれど、一生もののお宝盤になること必至です。

(L)、(R)、(C)がジャケットの位置だとようやく理解したので、(馬鹿)「A Time Before This」のジャケットがターナー風なのでこちらを探してみようかな?

こんばんは。
先日ジャケにつられてエアーメイルから紙ジャケで出たDando Shaftを通販で購入しましたが、仕事先に置き忘れてきたおかげでまだ聴けてません。
聴いたら当ブログで感想をアップする予定です。
さて、最近エアーメイルもガンガン飛ばしまくっていますが、このラインナップはどれも聴いたことがありません。
Chris Harwoodだけは聴いてみようかなーと思っているのですが、このアルバムはどうですか?

乗り遅れました・・・

ようやく、でましたね~~~
これ、うちで予告してたやつですね!
う~ん、なるほど、これは早く買わなきゃというところですね!

そっか、Elias Hulk は、違うジャケで見たことがあるんだけど、あれにせものだったのかな~タイトルは”Unchained"だと思ったが・・・

Julian's Treatment・・・これは聞きたいですね!
しかし、ここのところ、快調ですね!壁紙が変るな~~~

e-343 ぷくちゃん、いらっしゃいませ。

>がらがらがら・・・

 あ、ぷくちゃん。そこは裏口ですから表のカウベル付きのドアの方からお入り下さい。(笑)

>現代美術館に来たと錯覚したぷくちゃんといいます。

 おお、ナイスな掴みを有難う!美術館というよりも博物館かもしれませんねえ。(爆)
Julian's Treatmentと一緒にJulian Jay Savarinもどうぞ。
インディーズを取り扱うCDショップであれば入手できますよ。7/26発売ね。

e-343 lonehawkさん、お久し振りです。
 Dando Shaftですか。当然、Keefがデザインした2ndですよね。
僕も購入予定ですが、実はユニヴァーサル・プレイヤーを買ってしまったので、Pink FloydのSACDを
買っただけです。(T◇T)
感想を楽しみにしています。

>Chris Harwoodだけは聴いてみようかなーと思っているのですが、このアルバムはどうですか?

 Ian MacDonaldが参加しているので、一般的にはKing Crimsonの関連作として有名な1枚ですね。
個人的な好みもあるのですが、悪くないと思いますよ。
僕としてはTomy Eyre( ex;Riff Raff) が参加している、という理由で買いですが。(笑)
 ただし、7枚のうちの1枚という選択技からだと微妙かもしれませんね。
今回のラインナップは奇跡的な発売としか言いようがないので、できれば他にも何枚かを
抑えておく方が良いと思います。2,000枚プレスですからね。

e-343 evergreenさん、どうもです。

>そっか、Elias Hulk は、違うジャケで見たことがあるんだけど、あれにせものだったのかな~
タイトルは”Unchained"だと思ったが・・・

 実はこのジャケでブートレッグが出回ったことがあります。
もしかしたら、違うジャケって青っぽいやつでしょうか?同じYoung Bloodで独だけで
発売された盤があるので。

>Julian's Treatment・・・これは聞きたいですね!

 何しろ、店長のイチオシですから。(爆)
ハモンドの音色が好きな人には堪らない1枚ですよ。
次作の方がプログレ然としていますが、ブリティッシュ・ロックらしさ、という
点では上ですね。(←個人的にですが)

>壁紙が変るな~~~

 夜空に月が出ているやつは七夕限定で使ったからです。
当分の間は向日葵で行きますよ。好きなんですよ、向日葵。
 あ、でも気まぐれな性格なので、また変わる可能性が・・・・・・(激爆)