スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Polar Bear's Ear:Famous Albums Audition Description = 白熊の耳:定番音盤試聴記 ( 21 )

♪   いやあ、ぐうたらな性格が復活して 2日間も更新をサボってしまいました。
まあ、大して影響がないだろうけれど。(笑) 今後も更新の間隔が開くかも。
  さて、『白熊の耳:定番音盤試聴記』の21回目は、フランス編として Pulsar を選んだ。
初期の 3枚のうちから 1枚を選ぶことは難しいので、3枚とも選ぶことにしよう。

 Pulsar-Pollen-Fr-a.jpg   Pulsar-Pollen-Fr-b.jpg
Pulsar / Pollen   ( '75 )
 Fra ; Kingdom / Vogue   KY‐28031 (U)  →  CBS S.82769

 Pulsar-Pollen-Uk.jpg  Pulsar-Pollen-Jap-a.jpg
  Uk ; Decca  SKL.R‐5228   ( '76 )     ( L )
    Jap ; London / King    GXF‐2046 ( '79 )  ( R )

♪ 
これを最初に聴いたのは、ちょうど英国盤が発売された76年頃のことで、都内のレコード店を
中心に置かれていた ”Real Rock Magazine” というミニコミ誌を主宰していた金沢君に借りた
英国盤だった、と思う。
  それにしても、こういうジャケットで聴く気になったものだと思う。
おまけにグループ名が『脈動星』で、アルバム・タイトルが『花粉』という意味だからね。(笑)
こんなことを言っているけれど、実は彼等のアルバムで好きなのが本作で、次に 2nd 3rd
順だろうか。 
アルバムの全体に漂う宇宙的な浮遊感が、本作の特徴だろう。
これが嫌いだと Pulsar のサウンドは基本的に駄目な筈。
   尚、オリジナルは飽くまで75年に発売されたフランス Kingdom 盤で、英国 Decca 盤は
Kingdom からライセンスを受けて発売されたものだ。
一部のサイトで記述されている『Decca 傘下の Kingdom レーベルから云々 』というのは
完全な事実誤認なので訂正しておく。
  元々、Kingdom レーベルというのは、マネージメントを行っていた Terry King が興した
インディー・レーベルで、Pulsar アルバムを
発売する以前にも、B&C の配給で Fuchia
発売しているし、後に ”The Album ” 以降の Caravan のアルバムを発売していた、と言った
方が判りやすいかもしれない。


 20080126083636.jpg20080126083707.jpg
Pulsar / The Strands Of The Future ( '76 )
      Fra ; Kingdom / Vogue   KA‐20226 (A)  →  CBS   S.82703
            Uk ; Decca  TXS.R‐119

  20080128120652.jpg   20080128111351.jpg
 ● Jap ; London / King    GP‐1080  ( '77 )    ( L )
                                With Illustrated Poster Drawn By Reiji Matsumoto      
       Fra ; CBS   S.82703 ( Reissue Cover )   ( R )

♪ 
僕にとっては、一般的に評価が高い 3rd の Halloween” よりも 5倍は好きなアルバムだ。
10倍好きなのが ”Pollen  なので 。(爆)  
曲だけで言えば、B面 1曲目に収録されたキラー・チューン ”The Flight”  が1番かも。
これは下北沢にあった『エジソン』で英国盤を¥2,400 だかで買ったように記憶している。
後にフランス盤を入手したことは言うまでもないだろう。(苦笑)
 さて、マニア以外には役に立たない情報を書くと、”The Flight” の曲の終わり方が僅かな
違いでフランス盤と英国盤では異なる。
こう思わせ振りに書くとマニアやコレクターは焦るだろうな。(激爆)
何てことはなく、メロトロンのスウィッチを切るような音が英国盤ではカットされているだけの話だ。

 Pulsar-Halloween-Fr.jpg
Pulsar  /  Halloween  ( '77 )
   ● Fra ; CBS   S.82477

♪ 
これは西新宿の老舗『新宿レコード』で Banco の ”Di Terra” と一緒に各¥3,400 の
大金を叩いて買ったが、当時は大して気に入らずに 2枚とも欲しいという人に譲った。(笑)
いまでも Banco は相変わらず好きではないが、このアルバムに対する評価だけは多少だが
変わった。精々、☆3つが☆3つ半になった程度だが。

20080128121734.jpg   20080128121859.jpg
Various Artists / Groovy Pop Session   ( '72 )
   ● Fra ; Philips / Phonogram   6332.044 (U)

♪ 
このアルバムは Ange と未だデビュー前の Pulsar の曲を聴く為に買った覚えがある。 
¥10,000 ほどで入手したと思うが、盤質がイマイチだったので手放したな。
内容はマニア向けだが、他にも良いグループがあったので、正規に CDで復刻されたら欲しい
1枚だろうね。

関連記事
Category: Europe

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。