Polar Bear's Ear:Famous Albums Audition Description = 白熊の耳:定番音盤試聴記 ( 3 )

♪ 白熊の耳:定番音盤試聴記』の第 3回目は、ブリティッシュ・ロックを語る上で絶対に
避けて通れない、という超大物グループ Jethro Tull の 2nd にして傑作アルバムである
Stand Up ” を選んでみた。これを知らないなんて抜かす人がいたら即刻退場ものです。
もうそれぐらい本当に定番なんですよ、この音盤は。
  
   20080107105450.jpg   20080107105419.jpg
  Jethro Tull / Stand Up    ( '69 )
        Uk ; Chrysalis / Island    ILPS‐9103 
     ○ Jap; Chrysalis / Toshiba‐EMI   TOCP‐65880 
                                                         ( Remaster With 4 Bonus Tracks )

   
20080107115905.jpg  20080107114709.jpg
    
  ● Us ; Reprise / Warner Bros. ‐Seven Arts   RS‐6360    ( L )
       Jap ; Reprise / Nippon Victor    SJET‐8180   ( R )

  
20080107121104.jpg
 ♭ Bouree b/w Fat Man
    ● Jap ; Reprise / Nippon Victor    JET‐1939 (S)

♪ 彼等についてもまた、この時期のグループと同様にリアルタイムで知っていたが、僕が実際に
LPを手に入れたのはワーナー・ブラザーズ・パイオニアから再発された盤であった。
どうせなら国内初回盤日本ヴィクター盤で買っておけば良かったよなあ・・・と後悔した。
  だってね、ちゃんとポップ・アップ仕様が再現されていながら定価¥1,750 だったからね。
偉いぞ!日本ヴィクター !!
実は再発盤もポップ・アップ仕様だったけれど、¥2,000 だったのだ。(←セコイ)
この際だから国内盤について記述しておくと、この日本ヴィクターワーナー・ブラザーズ・
パイオニア
の2社から発売されたのは米 Reprise 盤を基にしたものであった。
日本ヴィクター盤のレーベル盤面は米国盤と同じ蒸気船が採用されていたが、米国盤には
Chrysalis のレーベル・ロゴが入っていたのに対して、この日本ヴィクター盤には無い、という
点が唯一違うのである。これは飽くまでマニア向けのトリヴィアだけど。(笑) 1/08:追記
  しかし、この後に再発売されたキング盤は、英 Chrysalis 盤を基にしていながらも、無残にも
シングル・スリーヴ仕様という酷いものであった。
そういえば、東芝EMI に権利が移ってからは何故か "Stand Up" が再発売されなかったような
気がするな。流石に ”Acqualang” はシングル・スリーヴ仕様で再発売されていたが。 

その酷さに、思わず号泣・・・ 
内容については、いつもどおりに特別に書くこともない( だって定番なんだから ) から省略。
  ただ、今回は次の言葉を強調したい。Jethro Tull の音盤に駄作なし!と断言しておくぞ。

関連記事

コメント

非公開コメント

>内容については、いつもどおりに特別に書くこともない( だって定番なんだから ) から省略。

うきゃー!書いて。

タル(←ちょっと通ぶっている)か・・・駄盤なしとまで言い切りましたね!さすがは店長!

これは、持ってないですけど、いいですよね!
楽器でロシアのバラライカ使ってなかったかしら?

全タイトルLP,CD買って、尚かつブートにも手を出し、
企画盤、ボックスセットまで買ったpapiniが来ましたよ♪

ええ、タルの音盤に駄作なしですわ、店長♪
papiniはこれ、当然、オリジナルを入手いたしました♪
最初、日本ビクターの再発を買ったんですよ。
でね、父上、オリジナル持ってたからね・・・

頭下げてゆずってもらった。

多分、後にも先にも頭下げたのは
タルの音盤をもらった時だけだ(笑
ええ、1stからSTORMWATCHまで全部もらった。

そういえば、今年の3月に結成40周年のDVDが出る、って。
春にはニューアルバムも、なんて噂があるけど・・・

今から楽しみですわ♪

Thanks For Your Warm Comments

♪ ぷくちゃん、twinkle さん、papini さん、コメント感謝です。

>ぷくちゃん
 Jethro Tullは僕にとってはアイドル・グループを通り越した存在なんですよ。
ある意味で宗教みたいなものですな。
某p嬢なんてコメントにあるようにお布施を包んでいるわけだし。(笑)
常に進化を続けている稀有な存在なんですよ、Jethro Tullは…

>twinkle さん
 紙ジャケでの入手は難しいかも知れませんが、根気よく中古盤を探せば見つかるかも。
オークションでは高値ですが。プラケース仕様ならリマスター盤が入手可能かと。
>楽器でロシアのバラライカ使ってなかったかしら?
 確かに”Fat Man”に使われていますね。流石です。

>papiniさん
 やはり来ましたね。来ない筈が無い、と思っていましたよ。感謝です。
流石に全タイトルのLPとCDまでは持っていませんが、LPは新譜が出ると英盤で買っていましたね。
国内盤を英盤に買い直したものも多いですが。
BOXものは20周年盤をLPで、25周年盤はCDで発売時に買いましたが、いまは手元に無いですね。
狭い部屋には置けませんから。(泣)