My Headphones Does'nt Works = ヘッドフォンが使えなくなった

♪  困ったことにヘッドフォンが使えなくなってしまった。
いくら年代物のヘッドフォンといえど相当に優秀なものであっただけに、これと同じクラス並みの
高品位のヘッドフォンを買うとなると、いまでは相当な出費を強いられるかもしれない。
とりあえず、今日は 5.1ch サラウンドのヘッドフォンを使って聴いている。
  しかし、音質の差が歴然としているなあ。
特に Panasonic の5 .1ch サラウンド・タイプのヘッドフォンは中域が不足している為に長時間の
使用には向かないものなあ。
仕方ないなあ、出勤前にYマダに寄って価格と相談してから買うことにしよう。トホホホホ…
税金の還付金が少しでも多く戻ってくることを願おう。(爆)

 本日のお薦め音盤

  20071228122012.jpg   20071228122101.jpg

 Blue Öyster Cult / Secret Treaties   ( '74 )
    ● Us ; Columbia   KC‐32858        ( L )
          Jap ; CBS‐Sony   SOPM‐126    ( R )   邦題 『オカルト宣言
      Jap ; Sony Music / Sony Music Direct     MHCP‐1353    

  Blue Öyster Cult が74年に発表した3rd ”Secret Treaties” ( 原題『秘密条約』 ) を
選んでみた。
何故かしら、当時の国内盤の邦題が『オカルト宣言』で、今年の 6月にめでたく紙ジャケで
復刻された時も邦題が引き継がれた。
74年というと、僕が大学1年の頃だ。
このアルバムは懇意にしていたレコード店だったか地元の放送局の選曲担当のお姉さまから
見本盤をもらったんじゃなかったかなあ。ああ、記憶が…(笑)
僕は日本でのデビュー作となった2ndTyranny And Mutation” ( 邦題『暴虐と変異』 )を
既に聴いていたので、彼等の普通のハード・ロックではないプログレ的なアプローチのサウンドに
惹かれていたこともあり、本作も聴いた瞬間にフェイヴァリット・アルバムとなった。
今更くどくどと説明をしなくても良いだろうね。
これが彼等の最高傑作である、という認識を持つロック・フリークには釈迦に説法だろうから。
関連記事

コメント

非公開コメント