Morning Way =朝の通り道

♪ 最近、どうも起床時間が以前よりも遅くなっている。
未だ外が薄暗いせいもあると思うが、タイマーをセットしているファンヒーターの暖気が充分に
室内に行き渡っていないので寒いから起きられないのだろう。まったく困ったものだ。

♪ 駅までの通り道に朝市という場所があります。
その名のとおりに、早朝から昼ぐらいまでの営業をしている店がほとんどですが、その中には
午後 3時近くまで営業している一部の店もあります。
それじゃあ、ちっとも朝市じゃないよなあ。もう完全に観光客目当てなのがバレバレです。(笑)
僕自身は人混みの中は苦手ですが、こういう裏事情を抜きにすれば、やはり活気があることは
街にとって良いことです。
今日もまた、朝市の周辺には多くの観光客が訪れて賑っていました。
そんな光景を視界の片隅に焼き付けながら、僕は駅までの道程を歩いてゆきます。
  僕が東京から函館に引っ越してきた 8年前には、未だ駅舎も古く、朝市の周辺もまた歴史を
感じさせるような古めかしい建物でしたが、いまは新しい建物になってしまったせいか、何となく
長年の歳月を経て培ってきた大切なものを失ってしまったような気がしてなりません。
  もしかしたら、この街が僕にとっての新天地から故郷へと心情的に変化してきた為でしょうか。

  本日のお薦め音盤

  
20071216214951.jpg  

 Trader Horne / Morning Ways ( '70 )
        Uk ;
Dawn / Pye   DNLS‐3004 
      ○ Jap ;Dawn / Arcàngelo ( Licenced from Sanctuary )  ARC‐7125/26

 ♪ 
既にあちらこちらの Blog で紹介済みの音盤なので、本作についての詳細な事項は
一切省略します。これは聴くしかないでしょう、と書くしかない。(笑)
その他のことに関しては下記のサイトを御覧いただければ充分でしょう。
何しろ、本人のサイトだから。(爆)

   Judy Dyble Official Site


 20071216213606.jpg 20071216214658.jpg

 20071216214858.jpg

  Jackie McAuley / Self Titled ( '71 )
       
Uk ;Dawn / Pye   DNLS‐3023 
    Jap;Dawn / Arcàngelo ( Licenced from Sanctuary )  ARC‐7057/58

♪ さて、捻くれ者の白熊的お薦め音盤( 本命 ) は、Trader Horne の片割れ・・・いや失礼!
Jackie McAuley のソロ・アルバムですな。
あまりにもグロいイラストなので、71年に日本コロムビアから国内盤として発売されて以来、常に
聴かず嫌いの音盤であったことを白状しておく。
紙ジャケになったので聴いてみたら・・・し、しまったあ!こんな素晴しいアルバムだったとは。
聴かず嫌いはいけませんな。
確かに Trader Horne も素晴しいフォーク・ロック・アルバムだったけれど、こちらはアシッド感が
強く感じられる点でポイント高し。
久々に引っ張り出して聴いてみたけれど、ブリティッシュ・ロック裏名盤という感じかな。

関連記事

コメント

非公開コメント

私が函館に行った時、朝市の看板の店が、朝から閉まってました。
平日だったからという事にしておきます。

♪ nr さん、コメント感謝です。
市場の中にある店は曜日によっては営業していない店も多くあります。
昨日(日曜日)は12月ということもあったのでしょうか。営業してましたが。(笑)
案外、地元の人は朝市では買い物をしないのかも。