Watcher Of The Skies = 虚空の監視者

♪ このタイトルにピンときた人は、間違いなくブリティッシュ・ロック・フリークです。
敢えて Pグレ者とは言わないよ、今日は。(笑)
Watcher Of The Skies”・・・言わずと知れた Genesis のアルバム "Foxtrot" の冒頭に
収録されている曲だ。 
  ちなみにシングル・カットもされた曲だが、こちらはアルバムとは別テイクである、というのは
有名だろう。個人的にはシングル・ヴァージョンの方が好きだ。
  さて、敢えて曲名を訳してみたのは、所謂、世間一般で Prog.Rock と呼ばれている音楽には
SF小説を連想させるものが多いんじゃないか、という理由からだ。
実際には何の関係も無かったりするのだが、”Watcher Of The Skies” は J.Gバラードの短編
監視塔』( Watch Tower )を連想してしまう。
  あるいは同じ J.Gバラードだと、有名な作品に『終着の浜辺』( Termal Beach )という何処かで
聞いたことがあるようなものがあったりするが、これは完全に無関係。
  もちろん、Pulsar  の "The Strands Of The Future" を指していることは承知だろうが。(笑)
素直に訳せば『未来の浜辺』ということになるのだろうけれど、これを敢えて『終着の浜辺』という
邦題にしたのは、当時のキング・レコードで嘱託ディレクターだったたかみひろし氏だが、彼が
SF好きである、ということは『ブリティッシュ・ロック・マガジン』というミニコミで知られている。
まだまだあるぞ。意外なところでは、Neil Young の”On The Beach” というのは如何だろうか。
ネヴィル・シュート作の『渚にて』を下敷きにしているらしいが、これについては僕は未読なので
コメントできませんが、どうやら核戦争後の世界を描いている、という点では、『終着の浜辺
設定が近いのかもしれない。
う~む、ある意味では Neil Young の音楽性はプログレッシヴだからなあ。
そういう点では共通するものがあるのかもね。(爆)

 本日のお薦め音盤

   20071212001050.jpg
  Genesis / Watcher Of The Skies
      
Ger ; Charisma / Phonogram    6673.331

 20071211235209.jpg20071211235144.jpg
  Pulsar / The Strands Of The Future
      
Fra ; Kingdom / Vogue   KA. 20226 (A)
              Uk ; Decca   TXS.R‐119
    Jap ; London / King    GP‐1080

関連記事

コメント

非公開コメント

シングルカットしたジェネシスの音源の違いを知っているところがP者だと思わせる、そんな店長に敬意を表しているぷくちゃんと言います。

ジェネシス・・・好きなんです。正直言ってクリムゾンの1000倍好きです。

♪ ぷくちゃん、コメント感謝です。レスが遅れてすまん。
>ジェネシス・・・好きなんです。正直言ってクリムゾンの1000倍好きです。
 僕はGenesisもKing Crimsonも同じぐらい好きです。
 ただし、これらをPグレとして聴くとなると辛いものがありますが。
シングル音源の方がコンパクトで聴きやすいので好きなだけですが。(笑)