View from veranda = ヴェランダからの眺望

♪ 今日の天気は昨日とは打って変わって晴れです。
相変わらず路面には雪が積もっていますが、昨日よりも暖かくなっている為にアスファルトの
路面が所々から顔を覗かせています。
  やはり、こうやって部屋のヴェランダから晴れた空を眺めていると、不思議と嫌なことを
忘れられて気持ちが良いものですね。
現在、僕が住んでいるマンションは駅から近い為、あちらこちらにホテルが建っています。
ホテルといっても○○ホテルというやつではなく、ちゃんとした観光客やビジネス・マン向けの健全なホテルばかりですよ。(笑)
そのホテルの間から駒ケ岳が遠くに見えるんですよ。晴れた日にですが。
白い帽子を被った駒ケ岳は本当に素晴しい景色だな、と感じさせてくれます。
この瞬間ばかりは自分が高所恐怖症だ、ということを忘れさせてくれます。
実に爽やかな気分ですね。
    ただ、これから出勤しなければならないことが残念ですが。(爆)

 本日のお薦め音盤 

 Quicksand-Home Is Where I Belong-a Quicksand-Home Is Where I Belong-c

 20071207140944.jpg
  
Quicksand / Home Is Where I Belong   ( '74 )
     Uk ; Dawn / Pye    DNLS‐3056
  Jap ; Strange Days  / Universal  POCE‐1137

♪ 
流砂』を意味する Quicksand が74年というプログレ・シーンに翳りが見え始めた時期に
Dawn に残した唯一作。
このアルバム・タイトルを素直に訳せば『帰るべき故郷』という意味になるだろうか。
ウエールズ出身ということなので、ジャケ写真に写っている景色は彼等の故郷なのだろう。
晴れていても何処かしらくすんだ色調を感じさせる重い空気が漂っている気さえする。
CD帯のタタキ文句『アコースティック感覚に満ちた至高のプログレッシヴ・ロック云々』には
偽りなしの傑作であることに異論は無い。
  だが、ただ一般的な評では何かと Yes を引き合いに出してくるが、これは適切な表現とは
決して思えないのだ。
B級路線ながらも、これはブリティッシュ・ロック独特の好盤なのだから・・・
関連記事

コメント

非公開コメント