海外の Blog 事情:Part 2=Like A Rolling Stone・・・

♪ 11月に入り、本格的な冬を迎えるように厳しい寒さになってきました。
先月からお騒がせしてきた Blog を廃止するか継続するか、という問題についてですが、何とか
自分なりにやってゆこうという方向に落ち着きつつあります。
  とりあえず、年内迄はチンタラと海外の Blog の動向を伺いつつ継続、ということで、皆様の
寛大な気持ちに甘えてやってゆこうかなと。
どうもご心配をおかけ致しました。ペコリ m(‐ ‐)m

  海外の Blog にアクセスしていると、いろいろなことがありますね。
いつものようにアクセスを試みたら、『このブログは招待された読者だけが御覧になれます』とか
URLが見当たりません』という非情なメッセージが目に入ってくるのは日常茶飯事のこと。(笑)
毎日のように更新される Blog があるかと思えば、1ヶ月ぐらい更新されていない Blog なんて
ザラにあったりして親近感を覚えたりする。(オイ
こりゃあ、もう更新されないで放置状態確定だな、と思っていたら、何処かの Blog のように
『あら?いつの間にか更新されてるじゃん』というのもあったりする。(苦笑)
閉鎖に至る原因は・・・やはり音楽ファイルのアップ・ロードじゃないか、と思う。
  実際、その筋の団体から警告を受けてファイルを削除、閉鎖になった Blog もあるからだ。
難しいね。どういう方向で進めてゆけば Blog の可能性が広がってゆくのだろうか。
まあ、何とか無い知恵を絞って考えてみることにしますか。(爆)

  話題転換。
気がつけばアクセス数が 10,880 を超えているじゃありませんか。
こんな零細 Blog にしてみれば、実に凄いことなんじゃないかな、と思う。
10,000 になった時に該当者に粗品進呈をしようか、と呑気に考えているうちに、いつの間にか
アクセス数が 10,880 になってしまった。
どうせならゾロ目になった時に何かやりたいな、ということで Blog を継続しようという気持ちも
実はあった。(←大バカ)
    そういうわけで、栄えある10,000 アクセスの地雷を踏んだのは・・・Oh ,my god !
何と自分だったりして。ちゅど~~~ん!!! (自爆)
ということで、遅くなりましたが、9999 のゾロ目の時にコメントを下さったchitlin さんに粗品を
進呈したいと思います。
  さあ、次の地雷は 11,111 アクセスです。この地雷を踏んだ人には記念品を進呈します。
ただし、コメントをしてくれた人が対象で、その時にメールで申告をお願いしますね。

 本日のB.G.M

 
20071104230748.jpg   20071104230838.jpg

 Spontaneous Combustion / Self Titled  ( '72=L
)
      Uk ; Harvest / EMI      SHVL‐801
 ♭Spontaneous Combustion / Triad           ( '73=R
)
  ● Uk ; Harvest / EMI      SHVL‐805

 ♪ 
当初の予定ではブリティッシュ・ロック・ファン念願の『 Harvest 紙ジャケ・シリーズ』が
先月の24日から 6ヶ月間に渡って発売される筈だった。
   しかし、無情にも発売延期のお知らせが・・・こりゃあ、事実上の発売中止ということか。
B,J,H や Babe Ruth も発売予定だったので楽しみにしていたのに。
ええ~い、こうなったらグレちゃうよ。
そお、こうなったら某 EI に火をつけてやろうか、というぐらいに残念な気持ちだった。
火といえば燃焼→可燃物・・・ということで、実は『 Harvest 紙ジャケ・シリーズ』の第1回
発売分として予定されていたリストの中に Spontaneous Combustion の1st と 2nd の
2枚があったとは実に皮肉な話だな。(笑)
1st は愚礼具湖先生のプロデュースで、72年の発売当時に国内盤も発売されていた。
何で売れなかったのだろうか、と首を捻りたくなってしまういうぐらいにカッコいい演奏だ。
王道のブリティッシュ・ハード路線まっしぐらの気持ち好いぐらいの疾走感が最高 !!
特に 2nd の”Triad”はダイカット・スリーヴで、Pグレ者にも人気の1枚だろう。
こちらは国内盤未発。
いずれにしろ、この2枚は一家に1枚ずつ必須の家宝ものの音盤だぞ。

 20071104231823.jpg   20071104231903.jpg

  ♭Skid Row / Skid           ( '70=L )
       Uk ; CBS     S.
63965
  ♭Skid Row / 34 Hours  ( '71=R
)
    ● Uk ; CBS     S.
64411
           Jap ; Epic / CBS‐SONY     EPIA‐53012 ( 邦題:『34時間』 )

♪ 
続いては Gary Moore 巨匠の若き時代の音盤を聴こうかな。
とくれば、Skid Row を指すのはブリティッシュ・ロック・ファンにしてみれば当然だな。
こちらもCBS‐SONYEpic レーベル発売第1回分として、2nd の”34 Hours ” だけが
国内盤として発売されていた。
   しかも、発売予定と思われたアーティストの曲が収録されたサンプルLPが輸入盤風に
シールドされた状態でおまけに付いていた。
『おお、何と得なんだろう。これは買うしかないよな』というセコイ・・・いやお買い得盤という
感覚で買ったことは言うまでもない。あ、Chase / Self Titled だけど。(核爆)
その貧乏なロック小僧の気持ちを動かしたサンプルLPに収録されていた 曲に、前回の
エントリーで紹介した Heaven の”Brass Rock 1”から”Things I Should Have Been
( 確か邦題が『私がしたかったこと』 )が収録されていたり、Skid Row は”34Hoursから
Night Of The Warm Witch”が収録されていて、いつか入手したいなと思ったことが妙に
懐かしい。いやあ、SONY って昔から音楽ファンに売り込むのが巧かったのね。(笑)
残念ながら、Heaven だけが国内盤として発売されなかったが、例の変形ジャケなので
ボツ確定となったらしいことは想像がつく。(爆)
当然、英盤を買ったが。
  さて、話を Skid Row に戻すことにしよう。
実は困ったことに 1st についての認識が誤っている記事が多い。
2 in 1 の某CDも誤ったジャケ写真を使用しているぐらいなので、誤解を解く為に書く。
1st は飽くまで”Skid” というアルバム・タイトルであり、上の写真の方がオリジナルだ。
1st として頻繁に使用されている下のものは、所謂発掘音源のLP なので間違えないように
注意してもらいたい。
再発時に誤って1st のカタログ番号が使用されてしまった為に混乱を招いたらしい。
何で間違ってしまったのかは理解に苦しむが。アバウトすぎるのも困りものだ。
サウンドの方だが、これが『カッコいい !!!』の連発の曲がたっぷりと堪能できる・・・筈。
個人的にはプログレッシヴ感覚の演奏がカッコいい”Night Of The Warm Witch”収録の
34 Hours ” の方を推す。
2枚とも国内盤で CD 化されたが、現在は廃盤という悲しい状況だ。
いまもSONY に発売権利がある、と思われるので、是非紙ジャケでお願いね。
 
 
20071105000933.jpg 発掘音源なのに 1st と誤解されたLP

関連記事

コメント

非公開コメント

うきゃー!続いている!追悼(?)記事書いてしまったじゃない!

でも何はともあれ。よかったです。

♪ ぷくちゃん、コメント感謝です。

>うきゃー!続いている!追悼(?)記事書いてしまったじゃない!
 あ・・・もしかして、Bad Finger の記事のこと?
完全に他人のことだと思って読んでいましたよ。v-12 (滝汗)

>でも何はともあれ。よかったです。
 そう言っていただけると救われますよ、旦那。
まあ、一杯どうぞ。v-275

ごくごく、やっぱり北海道のビールってうまいんなあ。ダンナ。Skid Row を聞いて二度寝します。今日休みなので。

♪ ハードロック好きのぷくちゃん、再度のコメント感謝です。

>Skid Row を聞いて二度寝します。
 ちょっと意外・・・といったら失礼かな。(笑)
やはり、Gary Moore 関連ででしょうか。
今回紹介した Spontaneous Combustion もカッコいい音盤なので聴いてみてね。
Harvest 紙ジャケ・シリーズの復活を願ってます。

キリ番、狙ったのに11116・・・・
あ~あ・・・ま、いっか(コラ

プロフのジャケはStrawbsの
リック・ウェイクマンがYESに行ったころのやつね(笑
アタシ、この後のも好きだなぁ。

Spontaneous Combustion・・・アタシは2ndが好きです。
ええ、Pグレ者ですから(笑
でも、父上は1stだって言って聞きません(笑

♪ papini さん、コメント感謝です。

>キリ番、狙ったのに11116・・・・
 おお、惜しかったですね。自分が踏んだ時には11115でした。(笑)
慌ててコメント欄とか訪問履歴を見ましたが、どうも素通りされたらしい。(苦笑)

 プロフ代わりのジャケ写真は1日おきぐらいに変更しているので、頻繁に来ない人には
全くもって解らない話ですな。
記事も1日おきぐらいに更新しろよ、という突っ込みは却下しますが。(爆)
Strawbs は "Here And Heroine"や"Ghosts"辺り迄が傑作揃いですが、未だに国内盤が
発売されていないなんて信じられませんね。
是非、紙ジャケでお願いしたいですね。¥2,700は勘弁してほしいけれど。

>Spontaneous Combustion・・・アタシは2ndが好きです。
ええ、Pグレ者ですから(笑
でも、父上は1stだって言って聞きません(笑

 何となく解るような気がします。
さしずめブリティッシュ・ハード好きなら1st、Pグレ的なら2ndという感じかな。
僕は両方とも好きなハード・Pグレ?という訳でもないか。