スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酉年なのでトリ・ジャケです(3) = 哀愁の欧羅巴編 

 ♬ トリ・ジャケの大トリを飾るのは哀愁の欧羅巴編ということで、あれこれと迷いながら
楽しみながら選んでみました。
中には、これって本当にトリなのかいなという怪しいものも紛れ込んでいるかも。www
 
♬ まずは東欧を代表する国民的超大物グループの代表作から。

 Front_20170113225402bf7.jpg  Back_201701132254398bd.jpg 
    Side 1  Side 2 
    Omega / The Hall Of The Floaters ( 1975 = Ger ; Bacilus / Bellaphon BLPS-19220 )
 ♪ 数年後に輸入盤専門店にハンガリー・オリジナル盤が入荷してくる迄は、入手が容易であった英語ヴァージョンの 独Bacilus盤や英Decca盤を入手して聴いていた、というロック・ファンが
多かったと思う。
本作が発表された当時は、インターネットはおろかガイドブック的な書籍すら皆無といっても
よい時代だった。
まさに手探り状態であったし、何度も失敗を経験して宝物へと辿り着いていたものだ。
 実は僕もそうだったし、同じ趣味の同志もまたこういった試行錯誤を繰り返しながら、情報を
交換して共有していたのである。

♬ 次はドイツから3枚を選んでみたが、結果的に Brain レーベルを代表するグループの個性的な
賛否両論が飛び交いそうな音盤と言えるかもしれない。


    Gatefold Outside Gatefold Inside 
    Side 1 Side 2 
    ● Scorpions / Lonesome Crow ( 1972 = Ger ; Brain / Metronome Brain 1001 )
 ♪ 後に世界的な評価を得るグループになろうとは思いもしなかった蠍団のデビュー作。
未だ泥臭さとアンダーグラウンド臭が漂っているサウンドは、好き嫌いが分かれると思う。
国内初回盤( テイチク UPS-581EB ) を友人から借りて聴いた時の感想は、正直なところ
何か暗くてイモっぽいハード・ロックだな、という程度のものだった。
 まあ、いまでは守備範囲内の音盤なんだけど。www


 Gatefold Outside  Gatefold Inside 
    Insert Front  Insert Back   
    Side 1  Side 2 

     Grobschnitt / Rockpommel's Land ( 1977 = Ger ; Brain / Metronome 0060.041 )
 ♪ リアルタイムで入手した音盤というよりは、雑誌広告に載せる為に数種類の音盤の選定と
レヴューを都内の某有名輸入盤専門店のオーナーから依頼されて選んだうちの1枚という印象の
方が個人的には強い。
サウンド的には Camel の" The Snowgoose " や "Moonmadness " 辺りを想起させるような過剰な
甘ったるさと幻想的な雰囲気を感じさせるシンフォニック・ロックだが、この類のサウンドの
方向性に彼等が向かっていったことが解らない、というのが僕の本音。
決して嫌いなサウンドではないのに、あまりにも個性的な同名のデビュー作が強烈だったという
印象の為かもしれない。
 尚、国内初回盤は、同年にテイチクから『おとぎの国へ / グロープシュニットの幻想飛行』の
邦題( テイチク UXP-740EB ) で発売されたものである。
 ちなみに、独盤と同様にインサート付きのゲートフォールド仕様(E式ではなくA式ジャケ )で
発売されており、当時のテイチクが本作の売り込みに力を入れていたことが判るだろう。


 Gatefold Outside Gatefold Inside
    Label_20170113233329183.jpg
    Novalis / S.T ( 1975 Ger ; Brain / Metronome Brain 1070 )
 ♪ Camel 的なサウンドといえば、Novalis の本作にも多少は感じられるが、それ以上に
何処かしら暗い森の中にいるようなドイツらしいイメージの方が優っている点が、次作よりも
個人的には強く感じられるし、本作がジャーマン・ロック史に残る名盤たる所以と思う。

♬ 次はオランダを代表するキーボード奏者が結成したTrace の3枚の中から『鳥人王国』の
邦題で日本フォノグラムから二度も発売されたことがある彼等の 2nd  " Birds ” を選んでみた。


 Front_201701132351172be.jpg Back_2017011323511580c.jpg
  
Insert Front  Insert Back
  
Side 1  Side 2 
 
    ● Trace Birds ( 1975 = NL ; Philips / Phonogram 6413.080 )
 ♪ クラシカル色が強かったデビュー作の方が圧倒的に個人的な好みだが、至るところに
ロック色が増したり、ジャズぽいフレーズが聴ける万華鏡的な本作も悪くない。
 むしろ、プログレ・ファンならば本作を最高傑作に推す人が多いだろう。
 ただ、付属のインサート裏側に描かれている漫画が、事前にアルバムのストーリー展開が
判ってしまうネタバレ的なものになっている点が非常に残念に思える。
 尚、本作に2名のゲスト・クレジットがあるが、Coen Hoedeman はミュージシャンではなくて
ロードマネージャーであり、1曲目の”Booree"でファンク風サウンドに展開した時に猿の鳴き声が
聴こえてくると思うが、その鳴き声を集めたのが彼である、というのが事実。
オリジナルのオランダ盤は窓の部分がダイカットとなっており、表側が鳥のイラストで裏側が
ストーリに沿った漫画というインサート付属の仕様であるが、国内盤は初回盤、再発の廉価盤共に
インサートの表と裏を流用しただけの仕様となっている。
 また米Sire盤はダイカット仕様ではないものの、雰囲気的にはオランダ盤のデザインに近い。
A面とB面がそっくり入れ替わっている、という点では腰を抜かしそうになるぐらいに印象が
ガラリと違って聴こえるので、LPで聴こうとする人にはオランダ盤もしくは国内盤を薦めたい。
 それは盤質や音質に関しては、国内盤がビクターの工場でプレスされている製品なので、非常に
優れている為だ。

♬ 本当は今回で最後にしようと思ったけれど、イタリアのあのバンドやスペインの鴎さんなんかも
外せないし、カナダでも番外編的にエントリーしたい音盤があるので、あと1回やります!
スポンサーサイト
Category: Europe

酉年なのでトリ・ジャケです(2) = 情熱の亜米利加 ・加奈陀編

   
新年早々から体調を崩してしまった Polar Bear といいます。
馬鹿は風邪をひかないと世間では言われていますが、実は違うみたいですなあ。
  さて、本来は酉年なので鶏の筈ですが、広い意味のトリということで選んでみました。
尚、各アルバムの内容については、ロック・ファンならば聴いたことがない人がいないと
思われるものばかりなので簡単に記述するだけとします。
 さあ、
トリ・ジャケの第2弾の始まり始まり。

 Front_20170106111057da6.jpg  Back_2017010611113838b.jpg   

    Side 1  Side 2 

    Buffalo Springfield / Buffalo Springfield Again ( 1967 = Us Atco SD33-226 )
 
 ♪ かつて Atlantic 及び Atco と契約があった日本グラモフォンから発売されたのは
編集盤の ” Retrospective ” だった為、本作がワーナー・ブラザーズ・パイオニアから
オリジナル・ジャケ仕様で発売された時は嬉しく思ったものだった。
 ただし、レーベルが Atco ではなく Atlantic だった事と相変わらず音質が悪かった事で
喜びが半減してしまったが。

 Gatefold Outside  Gatefold Inside   
 
      
    Side 1 Side 2   

  Lighthouse / Thoughts Of Movin'on ( 1971 = Us ; Evolution / Stereo Dimention 3010 )

 ♪ かつてビクター音産から国内盤が発売されたこともあるカナダのベテランの
5作目だが、一応ブラス・ロックに括られてはいるものの、あまり泥臭さを感じないので
お薦めなアルバム。

   Gatefold Outside  Gatefold Inside 

  
Side 1  Side 2 
 

   ●  It's A Beautiful Day / S.T ( 1969 = Us ; Columbia CS-9768 )
 
 
♪ 後に Deep Purple の ” Child In Time ” の元ネタというか完全にパクられた
” Bombay Calling ” が収録されたことでも有名な彼等のデビュー作。
まるで古き良き時代の映画のワン・シーンを思わせるような表ジャケばかりが
有名だが、個人的には鴎の羽ばたく姿を捉えた裏ジャケも高ポイントだと思っている。

 
 
  Front_201701061636043c4.jpg Back_20170106163408a77.jpg

   Side 1  Side 2 


   ●  Kansas / Song For America ( 1975 = Us ; Kirshner / Columbia PZ-33385 )

 ♪ 未だ国内盤が発売されていない頃に狸小路の老舗だが小さい某レコード店の一角に
設けられていた輸入盤コーナーで見つけた1枚。
この表ジャケに描かれているのが、果たして烏なのか否かは判らないが、一応トリという
都合の良い解釈で選んでみました。www

 Front_201701061734467ca.jpg  Back_201701061735076b9.jpg

 Side 1  Side 2

 ●  Shadowfax / Watercourse Way ( 1976 = Us ; Passport / ABC PPSD-98013 )

 ♪ 冬休みで札幌に帰省していた時に、オープンしたてのタワーレコードのエサ箱を
漁っていたらシールド未開封品の本作を ¥500 で捕獲。
未だ雑誌にも紹介されていなかった頃だったので、Passport レーベルからの発売と
楽器編成からサウンドを想像しての完全に博打的な買いの1枚だった。
後にプログレ系の某誌で紹介された途端に、カットアウト盤でも高値で売られていたのは
呆れてしまったが。

♬ 今回はカナダ、北米編ということで選んでみましたが、いよいよ次回は哀愁の欧羅巴編です。
未だ引っ張るのかという声も聞こえてきそうですが、次回で最後となります。

酉年なのでトリ・ジャケです(1) = 栄光の英吉利編


 
 Happy New Year !
 
♬ 昨年はずっとブログの更新をサボっておりましたが、今年こそは改心して
定期的に更新しようかな、と。本当かいな www

♬ 今年の干支が酉ということなので、真っ先に思い浮かべたのが Rare Bird 1st !
ベタな選定かなあとは思いつつも、ブリティッシュ・ロック好きのオジサンとしては
当然なのかもね。

     
 
       Front ( Small )  Back ( Small ) 
    
       Side 1 ( Small )  Side 2 ( Small )

 ● Rare Bird / S.T ( 1969 = Uk; Charisma / B&C CAS-1005 )

   
CDという媒体は 16bit /44.1khz のフォーマットで製作されていることは
皆さんもご存知だと思う。
これは飽くまで個人的な印象なのかもしれないが、僕には一般的なCDの音質はLPよりも
レンジが狭くて中域の音が何か物足りない印象を受ける為、とても積極的に聴く気にはなれない。
 特に音楽を部屋以外では絶対に聴かない僕にとっては、LPで聴ける音盤はLPで聴くのが
基本的に一番自然に聴けると感じているし、DACを通してヘッドフォンで聴いている為もある。
 ただし、僕のような庶民というか単なるロック好きなオッサンには、常識を逸脱した価格が
平然とつけられている激レア盤等には手が出せないから仕方なくCDで我慢して聴いてますが。
たかが塩化ヒニール製の複製物に大金を出して入手したこともあったけれど、それは若さ故の
黒歴史ということで。www
 思わず話が脱線してしまった。
これは大学の購買部の一角を借りて出張販売で来ていた中野の某レコード店が、¥1,500という
価格で売っていたものを見つけて捕獲した。
 そして、困ったことに Maneige / Les Porches も同じ価格で売られていたので、その場で
フリーズしてしまったが。
実は Maneige / Les Porches 英盤で持っていたが、やはり加オリジナル盤の方が随分と
魅力的だった為に、しばらく
悩むことになってしまった。
 結局は中古盤は一期一会という持論により二枚とも買ったが、その月の食費を削る羽目に
なってしまったことはが言うまでもない。学生時代の懐かしい想い出だな。(  遠い目で )

 Front.jpg Back_20161231220716760.jpg 

    Side 1 Side 2 
    
     Emerson, Lake & Palmer / S.T ( 1970 = Uk; Island  ILPS-9132 )
     
  酉というよりは鳥ジャケの代表格である Emerson, Lake & Palmer 1st
ブリティッシュ・ロック好きのオジサンにとって当然の選定だね。
この 1st こそが彼等の最高傑作だと僕は主張したい。
樽粕…じゃなかった『タルカス』も『展覧会の絵』も、本作以上の完成度があるとは
感じられないので、僕にとっては単なる駄盤にしか過ぎないのだ。
本作は、未だ発足したてのワーナー・ブラザーズ・パイオニアから発売されていた
国内初盤をリアルタイムで入手したが、あまりにも極悪な音質に閉口してレコード会社を
恨みましたよ。何で日本フォノグラムから発売されなかったんだとね。
日本フォノグラムの新譜発売予定の案内盤LPに収録されていた曲(『石をとれ』だったか
『未開人』だったかは忘れた)の音質が非常に良かったから余計に酷く感じたんだろうけれどね。
 従って、数年後に未だ普通の値段で入手できた英盤に買い替えたことは当然だけれど。

 Front_20161231225841483.jpg  Back_2016123122472760a.jpg 

    Side 1 Side 2 

    
     Atomic Rooster / S.T ( 1970 = Uk; B&C  CAS-1010 )
     
    鳥ジャケの 大トリを飾るのは、泣く子も黙るブリティッシュ・ハードの超名盤。
他にも ブリティッシュ・ロックものでは Budgie とかユーロ・ロックものだと
Trace / Birds 等も思い浮かんだが、やはり、ここは
Carl Palmer 繋がりで
  Atomic Rooster  1st ということで、新年第一弾のエントリーはお仕舞いです。
Category: United Kingdom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。