スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懐かしのフライヤー ( 2 )

 ♪ のほほんと gdgd な生活を送っている Polar Bear といいます。(*´∀`*)
何回かはいけそうな、と思いながらも、2年程放置していた企画を発掘www
その名も『懐かしのフライヤー』の第2回目は・・・   

 
Gull Label Catalogue

1976年にキングが作成した『ガル・レーベル・カタログ』をピックアップしてみました。

Booklet Outside

Booklet 02 - 03 

♪ このフライヤーが作成された頃の英国ロック・シーンを振り返ってみると、所謂プログレと
呼称されたシーンの衰退を予期させる時期であり、それに括られたグループの多くの作品にも
陰りを感じられるようになっていた。
その頃の僕は某私大の工学部 3年で、専門科目の講義と実験及びレポートや設計製図の提出の
締め切りと闘う日々に明け暮れていたが、何とか空き時間を見つけては渋谷や新宿、下北沢に
在ったレコード店を巡って音盤発掘を楽しんでいた。
これは過去に何度も断っている事だが、僕は別にPグレ者じゃない。
英米のハード・ロックもユーロ・ロックも同じ扱いで聴くこともあるし、気分次第で S.S.Wの
音盤だって聴く。
要するに青春時代に聴いていた60年代後半や70年代のロックが好きなオサ~ンである。(苦笑)

⇩ そんな時期に好んで聴いていた音盤
スポンサーサイト
Theme: 洋楽ロック | Genre: 音楽
Category: United Kingdom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。