スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

待望の音盤 (*´∀`*)

♪ ようやく夏らしい季節になってきた函館ですが、やはり雨が降ったり曇りの日が続いたりすると
テンションが著しく低下してしまう Polar Bear といいます。
 さて、今回は音楽 Blog らしく個人的
に待ち望んでいた 2枚の音盤を採り上げようと思う。
 5月に Marquee から SHM-CD Mini-LP 仕様で発売された Spring
 Kestrel 
 2枚であるが、これまでに様々な形で発売されてきた音盤を今更と思う人もいるかもしれない。
 もちろん、捻くれ者の Polar Bear が採り上げるからには理由があるのだ。

 Front + Obi  Front+ Obi



まず最初は Spring から。

 Spring / S.T ( 1971 )
 
● Uk; NEON / RCA  NE-6  
 ○ Ger;
Repertoire  REP-5067  ( 2007 = 2,000 Limited Copies )  
   Jap ; Belle Antique / Marquee   BELLE-132095 ( 2013 )

Gatefold Outside ( Small )
Gatefold Inside Side 1 Side 2 

Digipack Outside Digipack Inside

Gatefold Outside ( Small ) Gatefold Inside ( Small )

♪ 1992年に米 The Laser's Edge によって初CD化された後も尚、独 Repertoire に続いて
伊 Akarma からも発売されてきた人気の音盤だが、いずれも未発売に終わってしまった 2nd の
音源から 3曲をボーナス・トラックで収録しているという点で、同じ出処の音源を使用しているのは
間違いないだろう。
最初に結論めいたことを書いてしまうと、これらの CD に収録されているものは英 Neon 盤とは
異なるヴァージョンであり、本来は収録されていない筈の楽器やサウンドが意図的と思われる程に
追加されている、所謂リミックス・ヴァージョンであった。
 だからこそ、ずっと僕が聴き親しんできた LP のオリジナル・ヴァージョンと比較すると、CD の
リミックス・ヴァージョンに対して、違和感と疑問を感じずにはいられなかったことは当然だろう。
 但し、ここで誤解が無いように少しだけ書いておくと、CD 自体が駄目だと言っているのではない。
特に 2007年に 2,000枚限定で Mini-LP 仕様で発売された独 Repertoire 盤 に関しては、これまで
発売されてきたCD の中では音質という点では優れていた、と思う。
飽くまで、これは僕個人の印象に過ぎないし、本来のヴァージョンを知らない人達にとっては違和感も
疑問を持つこともなく、ただ純粋にブリティッシュ・ロックの名盤として楽しめたのかもしれない。
 それにしても、この重要な点を何処の Blog やサイトでも指摘していないのは、何故なのだろうか?
 とはいえ、諭吉さんが12~13人も出動しなければ入手できないようなメガ・レア盤を入手しろ、と
簡単には奨められないという理由もあり、これまでは拙 Blog では本作をエントリーしないできた。
 しかし、Marquee  から今回発売された CD には特筆すべき点が多くあり、これは紹介する価値が
充分にあると判断してエントリーすることにした。
 確かに契約の関係で RCA NEON のレーベル・ロゴの再現が実現されなかったが、三面開きの
ジャケの再現や音質の向上というポイント以外にも、既発売の CD とは決定的に異なる点がある。
 言うまでもなく、LPとほぼ同じと思われるヴァージョンが再現されているからに他ならない。
リマスターを謳っている一般的な CD にありがちな音圧を上げただけのものとは異なり、全体的に
バランスが巧く取れた音像が再生されるマスタリングがされている点でも評価が高い、と僕は思う。

結論


 既に持っていても、買い直しの価値があるとは思うけれど、やはり、¥3,500という価格が
購入時のネックになることは間違いないね・・・あははははは!
 (´▽`) 
スポンサーサイト
Category: United Kingdom

函館はこんなところです

 ♪ 今年の 1月に左膝靭帯損傷で仕事を休んで以来の久し振りの連休でした。
それも、所定日数以上が残っている人は強制的に公休+ 3日分の有給を消化しなければならないという
4連休でしたが、昨日からまた通常勤務で出勤しています。(笑)
今回の連休を利用して、あまり普段は出歩かない場所へ行って写真を撮ってきたので、懲りずに前回に
引き続いて函館の魅力を紹介したいと思います。

07.12

DSCN0118.jpg  DSCN0125.jpg

♫  珍しい 2両編成の路面電車 『らっくる号』
( L )
♫  十字街方面の景観 ( R )

DSCN0136.jpg  DSCN0138.jpg

♫  末広町から函館どつく方向の景観
( L )
♫  末広町から二十間坂の景観 ( R )

DSCN0146.jpg  DSCN0147.jpg

♫  金森赤レンガ倉庫 1 ( L )
♫  金森赤レンガ倉庫 2 ( R )


07.13
 
2013-07-14_111059.jpg   DSCN0215.jpg 

♫  写真を撮りながら 4km以上歩きました 
( L )
♫  立待岬と函館山の全景  ( R ) 

DSCN0237.jpg  DSCN0236.jpg

♫  大森公園から臨む函館市慰霊堂 ( L )
♫  横断陸橋の上から臨む函館市慰霊堂 ( R )

DSCN0244.jpg  DSCN0245.jpg

♫  面白い看板  ( L )
♫  ホテルかもめ  ( R )

DSCN0248.jpg  DSCN0249.jpg

♫  回転寿司とは思えない『函太郎』お薦めです!
( L )
♫ 『函太郎』の駐車場から奥に見える湯の川温泉のホテル郡 ( R )

DSCN0264.jpg  DSCN0265.jpg 

♫  日乃出町から臨む金堀町方面=右手前が土方・啄木浪漫館
( L )
♫  土方・啄木浪漫館 1 ( R )

DSCN0266.jpg  DSCN0272.jpg

♫  土方・啄木浪漫館 2
( L )
♫  函館競輪場から見る飛行機 ( R )

DSCN0278.jpg  DSCN0279.jpg

♫  疲れたのでパンと飲み物を買ったスーパー ( L )
♫  乃木町からバスで函館駅へ移動 ( R )  
Category: Photo

何となく

♪ 以前からカメラ ( コンデジでも良いから ) が手元にあれば函館の魅力を紹介できるような
写真を撮ってみたいと思っていた。
 まあ、何分にもカメラ初心者なので、気持ちだけが空回りしそうなんだけれどね。 (´▽`)
デジカメでも一眼レフが主流になっている世の中で、今更ながらの感を持ちつつも、ようやく
コンデジを買ったので、少しずつだけど拙い写真を紹介してゆこうかと。
 それにしても、最近のコンデジのスペックって凄いよなあ。
有効画素数が2005万画素もあるし、おまけに軽いから片手でもシャッターが楽に切れるので
使いやすいのが有難い


DSCN0004.jpg  DSCN0005.jpg     

♫  今年で新駅舎になってから10周年を迎えた函館駅 ( L )
♫  駅を背にして松風町方面 ( R )

DSCN0011.jpg  DSCN0033.jpg

♫  夕暮れ時の駅からの帰り道で ( L )
♫  ヴェランダからの眺望 ( R )

DSCN0035.jpg  DSCN0038.jpg

♫  函館市民御用達のラッピ ( ラッキーピエロ  ) 某店の外観 ( L )
♫  レモンスフレとアイスコーヒーをセットで¥460 @ラッピ ( R )
Category: Photo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。