スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝!『それ町』アニメ化決定 ! !・・・・・・だけど少し不安かも


♪ ようやく春らしく暖かくなってきた感じがするものの、何となく納得がゆかない気がするのは自分だけ?
この時期になると、頭の中まで春になってしまう人もいるようで、何とも理解し難い行動をする人を見かける。 
「お前は大丈夫なのか」と言われれば「まあ、辛うじて何とか正常です」と答えることにしている。
先月は重い腰を上げて新しいエントリーを更新しようとしたものの、まったく気力が出ずに敢え無く撃沈状態だった。
  とはいえ、今月に入っても仕事以外の時は、アニメやコミックを見てダラダラと過ごしているので、実は大して
変化がない生活を送っているだけのだが。(苦笑) 

♪ それはさておき、表題の祝!『それ町』アニメ化決定 ! ! ・・・・・・だけど少し不安かもとはアニメに
興味がない人にとっては一体何のことやら判らないかもしれない。
  まず『それ町』とは、少年画報社発行の月刊漫画誌 " Young King Hours " に連載されている石黒正数
それでも町は廻っている』の通称なのだが、出版元が一応老舗であるとはいえ、講談社、小学館、集英社等の
超一流出版社とは正直なところ言い難いので、多少マニアックなマンガ・ファンでないと知らないかもしれない。
  まあ、僕もあまり漫画を見ない方なので、何となく SF 小説ぽいタイトルが気になっていた為に記憶の片隅に
残っていた程度だったことは内緒だ。(笑)
実際のストーリーを簡単に説明すると、主人公である嵐山歩鳥という女の子を取り巻く家族や友人達と大田区の
丸子商店街で店を営む人々が絡む日常をコメディー・タッチで描写したマンガである。
  実は若い頃の僕は漫画家志望で、実際に某大手出版社に無謀にも何回か持ち込みをして編集者に見てもらい
アドヴァイスをしてもらっていた時期もあった。まさに若気の至りだが。(冷汗)
そういった経緯もあり、いくらストーリーが面白くても絵が下手な漫画には僕は惹かれることがない。
画力が伴ってこそのストーリーという考え方であるからだ。
ストーリーだけならば小説の方が自分の想像を膨らませられて遥かに面白いだろう。
この作品も例外ではなく、一見すると簡単に描かれているような印象を受けるキャラ・デザインに惹かれた。
   しかし、それは飽くまで一見しただけであって、実際には非常に丁寧に描かれているのが判る。
何よりも作者の画力の技量が凄いし、ストーリー展開が魅力的で実に面白いのだ。
特にさり気なく貼られた伏線が見事にオチへと結びついている点だろう。
  だからこそ、僕は原作に忠実なアニメであれば歓迎するが、大抵は時間を水増しする為に変えられた脚本が
多いという点を考慮すると不安が残る。
  また、制作会社がシャフトという話もあり、せっかく放映局が TBS なのだから何とかならないものかとも思う。
 3期に渡って放送された『ひだまりスケッチ』は好きだったが、『それ町』の路線的にはイマイチな気がするのは
自分だけか?
予定では10月からの放送開始ということなので、いまからネガティヴになっても仕方がないとは思うが、これも
それ町』への期待が大きいが故ということで書かずにはいられなかった。

  とにかく、未読の人は書店へGO ! ! そのままレジでお買い上げと。(爆)   

   
めいど


 ☆ 詳細は下図の『主な登場人物』をご覧になりながらこちらを参考にして下さい。

 登場人物   それ町 

 ☆ アニメの公式サイトこちら


 01.jpg 02.jpg 03.jpg 04.jpg
 
 05.jpg 06.jpg 07.jpg 



♪  さて、4月から新しく始まったアニメも、早いものだと 1クール分の半分程が放送されている。
このままぐずぐずしている間にも終わってしまいそうなので、重い腰とさらに重い身体にムチを打って頑張って
書くことにした。(笑)
カテゴリーに " Comic , Animation " を設けたが、これでも一応は音楽 Blog の端くれなので、今後は
アニメと音楽を関連付けて書いてゆこうと思う。 
 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。