スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Are You Experienced ? =イイ音で聴こう!( 1 )

♪ 時が移りゆくのは早く、 Blog を更新もせずにダラダラと過ごしているうちに、ふと気がつくと
既に 9月 の半ばを過ぎてしまいました。 いやあ、暦の上でも体感的にも完全に秋ですな。
あ~、どうりで寒い筈だわな。( ← 相当な鈍感 )
   そうそう、秋といえば真っ先に頭に浮かぶのが『読書の秋』だよね。
本を読み進めてゆくうちに展開がかったるくて眠くなってしまう・・・あ、それは飽きか。(笑)
・・・などとつまらないオヤジ・ギャグを言ってしまうと本当に洒落にならない年代になってしまった
Polar Bear といいます。
秋は食欲旺盛になりがちで、体重計に載るのが恐ろしいと感じている誰かもいるかな。
夏でも耐熱性抜群の身体を持つ自分にとっては食欲減退とは無縁であり、当然の如く
『食欲の秋』という言葉も関係なし。
 やはり、ここは格調高く『芸術の秋』ですよ、皆さん。( ←見栄丸出し )
しんみりと秋の夜長に音楽を聴く・・・実に素晴らしいではありませんか。
どうせ聴くならば、少しでも良い音質の CD で音楽を聴きたい、というのが音楽愛好家の
心情というもの。
  ということで、巷で話題の高音質 CD ( ここでは High-Spec CD と名称を統一 ) に興味を
持った自分が、無責任な・・・もとい体当たり的にレヴューを書いてみようじゃないか、という
思いつきで今回の企画が一丁あがり・・・っと
。(爆)
題して『Are You Experienced ? =イイ音で聴こう!
何処かで聞いたような某有名ギタリスト J.H のアルバム・タイトルと某 Y野楽器の
キャンペーンのパクリじゃね ?
 というクレームは受け付けませんので悪しからず。
  

     イイ音で聴こう! 


♪ 実を言うと、今回の企画を思い立った事の発端は、某Yマダ電気のCDコーナーで
自己主張をせずに売れ残っていた Led Zeppelin の SHM-CD 仕様の紙ジャケ 3枚を
見つけたことに始まる。
このまま売れ残ったら可哀想だから、という
訳のわからない理由で衝動的に買ったことは
言うまでもないだろう。 ( ←大バカ )


 Led Zeppelin - S.T ( SHM -CD ) - Front ( With Sticker )  Led Zeppelin - Ⅱ ( SHM -CD ) - Front ( With Sticker ) 

  Led Zeppelin - Ⅲ ( SHM -CD ) - Front ( With Sticker ) 


  しかも、その数日後に気紛れで立ち寄った某Y野楽器で見つけた1枚の CD によって
完全に ”Stuck In A Hole ” ( By Caravan ) という次第ですな。

悪魔の囁き的音盤がこれだ ! ! (笑)


  Al Di Meola - Elegant Gypsy ( With Obi )

  そもそも、巷で話題になっている高品質 CD ( High-Spec CD ) とは何ぞや?という
素朴な疑問を持つ紳士・淑女の皆さんの為に解説をしましょう。
大きく分けると、  SHM-CD ( HQ CD も同じ原理 ) と Blue-Spec CD に分類されます。
ハイ、まずは下の 2枚の画像をクリックして下さいな。
これで貴方の疑問が一気に疑問が解決します…んな訳が無いか。( ← 手抜きがバレバレ )

SHM - CD Text Blue - Spec CD Text


※ 要するに従来品の CD
に使用されているポリカーボネイト製のディスクよりも高品質の
高分子ポリカーボネイト製のディスクを使用している、という謳い文句は共通している。
  しかしながら、SHM-CD ( HQ CD ) が液晶用途のポリカーボネイト樹脂を採用することで
従来品よりも高解像な音質を強調した謳い文句であるのに対して、Blue-Spec CD の方は
Blue-Ray Disc 用の素材を使用している点
製造工程の違いを強調している点が興味深い。
そこまで言うならば、実際に体験してみようじゃないか、という無謀な冒険・・・もとい限りなき
好奇心もあってレヴューをする気になったのである。

参考までに
試聴に使用した機器及び使用条件は以下のとおり。
Universal Player : YAMAHA  DVD-S657 ( Audio Direct Mode で使用 )
Amplifier : LUXMAN  L-10  ( Volume =7時の位置 )
※ このアンプには一般的なトーン・コントロールが無いので、トーンはフラットで試聴。
Headphone : Audio Technica  ATH-ES7

  まず、何故にスピーカーではなく、ヘッドフォンで聴くのか、という点について。
理由は簡単だ。この方が音像や音質が判りやすいだろう、という点からである。
本来はアンプを通さずにダイレクトに聴くのが一番だが、ヘッドフォン・プラグを搭載している
CD や DVDプレイヤーが一般的な価格帯に無い、という現実を踏まえてのことに因る。
そういった事情であるが故に、一旦プリメイン・アンプを媒介にして
ヘッドフォンで聴くという
上記の構成で高音質 CD のレヴューを書いてゆこうと思う。 
高級品ではないシステム構成であることが、多少の救いかも。
  というか、いまどき30年前のアンプで CD を聴いている自分が変わり者なだけか。(自爆)

スポンサーサイト
Category: High Spec-CD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。