スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Polar Bear's Ear:Famous Albums Audition Description = 白熊の耳:定番音盤試聴記 ( 40 )

♪ 久々にブリティッシュ・ロック編をやるけれど、今回も『定番』と言いながらメイン・ストリームから
外れたアルバムを取り上げてみた。
所謂、自主制作盤というやつだが、それでも現在では割と有名なアルバム、と言えるだろう。
オリジナル盤は相応のレア盤としても有名な通称”K ” の方の Cirkus 唯一作を紹介しよう。
例によって発掘音源盤は一切認めていないので悪しからず。( ← 頑固者 )

   Cirkus-One-b.jpgCirkus-One-a.jpg

   Cirkus / One   ( '71 )
      Uk ; RCB     RCB‐1 

   Cirkus-One-c.jpg  

 Track List :

01. You Are
02. Seasons
03. April '73
04. Song For Tavish
05. A Prayer
06. Brotherly Love
07. Those were The Days
08. Jenny
09. Title Track
   a)  Breach
   b)  Ad Infinitum

CD With Bonus Tracks
10. Castles
11. the Heaviest Stone
12. Amsterdam
13. Mellissa
14. Pick Up A Phone



    Cirkus-Single-a.jpg   Cirkus-Single-b.jpg

    Mellissa / Pick Up A Phone b/ w Amsterdam 
      Uk ; Guadian      GR / C  A‐4

    Cirkus-Single-c.jpg    

♪ 如何いう訳か雑誌やBlogで紹介される時には必ずといっても良い程にプログレとして紹介されている
本作だが、一体、何を根拠にしてプログレと分類しているのか疑問の1枚でもある。
僕に言わせればプログレのプの字も感じないのだ。B級ながらも良質なアルバムである、という点では
賛同できるのだが。(笑)
本作のオリジナル盤は1,000枚しかプレスされていないのだが、何故かしら日本でも簡単に入手できた。
  もちろん、20年前でも最低でも¥25,000 の価格が付けられていたし、僕も本作を入手した時には
清水の舞台から飛び降りる覚悟で大枚を叩いて入手したものだ。Fantasy / Paint A Picture も。
  その後、西新宿に店舗を構えていた某発明王が 5 Hours Back なるマイナー・レーベルを通じて
LPを発売したが、これを聴いた瞬間に盤起こしで作った音源だ、と判る程の酷い音質で閉口したものだ。  
  さて、本作が1,000枚しかプレスされていない、という話に疑問を持った人もいる筈なので、証拠を
お見せしよう。
下の画像をクリックすると拡大するので御覧あれ。
これは英 Record Collector 誌の”Rare Uk Progressive Albums” に掲載されていたものだ。
あ・・・ということはプログレなのかいな。しかし、どうも納得がゆかんな。(爆)

  Record Collectors-01    Record Collectors-02   Record Collectors-03

♪ さて、本作がプログレか否かは別にしても、B級ブリティッシュ・ロックの佳作である、という点に
関しては異論が無い。
自主制作盤ながらもクオリティーが高い録音、ゲートホールド仕様のジャケット、という点でも他の
一般的な自主制作盤とは一線を隔ている。
 RCB というレーベルも人を食ったネーミングだと思っていたが、実はメンバーがRCAのスタジオに
勤務していたことが判り、なるほどなあ、と納得した。
きちんとスタジオで録音したマスター・テープであればクオリティーが高い筈だ。
印象的なオルガンでキャッチーなサウンドを聴かせる”You Are” を最初に持ってきたのは実に巧い
構成だな、と思わせる。
  しかし、本作が優れた音盤に仕上がっているのは、フォーク・ロック的な”Song For Tavish” や
泣きメロ炸裂の”Seasons” だけのお陰ではない、と僕は思う。
子供達が遊んでいる公園の情景を子供を亡くした女性の視点で語られる "Jenny" などは社会的な
問題として捉えられても良いだろう。( うろ覚えで申し訳ないが )
  とはいえ、流石に”A Prayer” のへヴィーなオチには参ったが。歌詞を聴くと解ります。
尚、CDのボートラに収録されたアセテート盤から起こした2曲の音源とシングル音源3曲は駄作なので
聴く必要なし !!  ( ← 独断で断言 )
 
 次回予告オセアニア編
Vertigo から発売されたマニアックな音盤を紹介予定。
多分、日本では無名の筈だが、実はある方面では有名かもしれない、という1枚かな。(笑)

スポンサーサイト
Category: United Kingdom

Polar Bear's Ear:Famous Albums Audition Description = 白熊の耳:定番音盤試聴記 / 番外編 ; Part 3

♪ 白熊の耳:定番音盤試聴記』番外編の Part 3 は、北米・カナダ編の最終回として皆さんにも
ぜひとも聴いてもらいたいアルバムを紹介することにしよう。
  とはいえ、このアルバムもインターネットによる恩恵で知った1枚であり、超レアなアルバムな為に
簡単には入手できないので恐縮であるが、やはり素晴しいものを分かち合いたい、という気持ちの方が
強いので紹介することにした。
  
 
Emily Bindiger-Emily-a   Emily Bindiger-Emily-b

♭ Emily Bindiger / Emily  ( '71 )
      Fra ; Pathe / Pathe Marconi    2C064.11896

 
Emily Bindiger-Emily-c   Emily Bindiger-Emily-d

 Track List :

Face 1
01. Confession
02. Sunflower Seeds
03. Jesus Said
04. My Mother's House
05. Song For Steven

Face 2
06. Born Again
07. Song Of Decision
08. Old Lace  ( "To John" )

♪ 今回紹介するアルバムは、Emily Bindiger という女性 S,S,W が71年に発表したデビュー盤だ。
  もしも、彼女の名前を知っている人は、相当なアニメ・フリークか映画に詳しい人だ、と思う。
僕は詳しいことは知らないのだが、日本のアニメ・ソングや女性シンガーのアルバムにクレジットされている
程の売れっ子らしい。
有名なところでは『ビーバップ・カウボーイ』等にも関わっているようで、そういえば部屋の何処かにDVDが
あった筈なんだが・・・・・・
  あるいは主にTVシリーズに出演している女優としても活躍しているマルチ・タレントのようだ。
例によって詳しく知りたい人はオフィシャル・サイトでチェックして欲しい。
   さて、Emily Bindiger は New York は Brooklyn 出身の1955年5月10日生まれというから、前回で
紹介した田舎育ちの Cheryl Dilcher とは実に対照的な存在、といえるかもしれない。
単に出身地というだけでなく、デビューした年齢をみても対照的な印象を受ける。
Cheryl Dilcher が24歳であったのに対して、Emily Bindiger は16歳で本作を発表しているのだ。
  しかも、フランスで Dynastie Crisis をバックに従えて録音された本作を聴くと、これが本当に16歳の
少女が残した作品なのだろうか、という驚きを感じてしまう。 
多分、それははっきりと言葉を聞き取ることができる発音で歌っている為なのかもしれない。
  ただし、曲の所々で彼女の歌声や表現力に青さを感じてしまうことは否めない。
それでも、彼女には天性の才能というべきものがある、と本作を聴く度に強く感じさせてくれるのだ。
何故か、と訊かれても僕には巧く説明ができない。これは理屈じゃない。
敢えて言葉で言うならば『これは本作を聴いた者だけにしか解らない』としか言いようが無いからだ。

Polar Bear's Ear:Famous Albums Audition Description = 白熊の耳:定番音盤試聴記 / 番外編 ; Part 2

♪ 『白熊の耳:定番音盤試聴記』番外編の Part 2 は、前回と同じく北米・カナダ編として僕の心の
琴線に触れたアルバムを紹介しよう。
例によって有名、無名 ( こちらの方が多いような気が・・・ ) 入り乱れてのセレクトですが。(笑)

♪ 以前は自分の感性と耳を頼りにしてレコードを入手して聴いていたものだが、現在ではPCの普及と
インターネットの発達による恩恵で、必要な情報の多くをリアルタイムで容易に手に入れることができる。
 それ故に、昔のようにレコード・ショップの店頭で 見つけたジャケに惹かれて入手する、という一種の
楽しみ方が希薄になってきているように感じている。
  ただ、その一方では自分が知らなかった音盤の存在を確認できる、という恩恵もある訳で、どちらが
一概に良いか否かとは言えないことも事実だろう。
今回と次回で紹介することになった 2枚のアルバムは、まさにインターネットでの恩恵によるものだ。
要するに海外の Blog で紹介されていたおかげで知ることができた音盤なのだが、その紹介記事の
本文を読む契機となったのは、やはりジャケットに惹かれたからに他ならない。アララ・・・(o_ _)o ドテッ! 
こういう点ではレコード・ショップの店頭で見つけたジャケに惹かれて聴いてみよう、という以前の感覚に
非常に近いものがある、と思う。

 Chely Dilcher-Special Songs-a  Chely Dilcher-Special Songs-b
 
Cheryl Dilcher / Special Songs  ( '70 )
   ● Us ; Ampex  A‐10109


  Cheryl Dilcher- Special Songs-c

☆ Members
Cheryl Dilcher ( Guitar, Piano, Harpsichord, Vocals )
Amedeo Borsetti ( Organ, E-Piano )
Bette Midler ( Voices )
David Smith  ( Flute )
David Wagner  ( Bass Guitar )
Jim Turner ( Voices )
John Adelson ( Organ, Guitar, Harmonica )
Lane Emley ( Bass Guitar )
Mario Garcia ( Bongos, Drums )
Produced By John Dee

Ttrack List:
Side A
01. A Better Day
02. Mercy, Dear Lord, Mercy
03. Three Wishes
04. Richard Never Cries
05. Do I Have To Wait Very Long
06. Song By a Bird
07. Music Box
Side B
08. How I'd Like To Go Home
09. Cotton Joe
10. Little Miss No One
11. Happy Times

♪ 今回紹介するアルバムは、 Pennsylvania 州出身の Cheryl Dilcher という女性 S.S.W が
1970年に Ampex レーベルから発表したデビュー・アルバムだ。
実は女性 S.S.W ものの音盤が苦手でリアルタイムで聴いてこなかった僕にとっては、本作には新鮮な
感動を覚えたのだが、女性 S.S.W ものの音盤が好きな人にとっては案外と有名なのかもしれない。
  それというのも、国内のいくつかのサイトでも紹介されていたからね。 (≧∇≦) キャー♪
Ampex というブランドは、おそらくオーディオ愛好家にとっては、レコード会社としての知名度よりも
テープ・メイカーとしての方が馴染みがあるだろうか。
放送局で使われていた 2 トラ38 のテープ・デッキで聴いた Ampex 社の10号オープン・リール・テープの
抜群の音の良さに驚いたことが懐かしい想い出だ。

  話題転換・・・
 
  1946年11月12日生まれという Cheryl Dilcher  が自身の故郷である Pennsylvania 州の
Allentown で音楽活動をしていたのが 60年代末から 70年代初頭という時期のようだ。
主に地元の短大のキャンパスで自作の曲を12弦ギターを使って演奏をしていた、とバイオグラフィーに
記述されているが、この当時としては12弦ギターを弾く女性 S.S.W は稀有な存在ではないだろうか。
  尚、彼女の Official Site で経歴等をチェックできるので詳しいことは省略するが、その中で当時の
アメリカのフォーク・ロック・シーンを表現している印象的な記述があるので引用することにしよう。

New York City, New York
 Cheryl played a weekly gig at a small coffeehouse, the Back Fence, in Greenwich Village.
This club usually booked three acts a night, and the floor was littered with peanut shells. 

♪ それにしても、彼女は決して美人という訳でもないのだが、この川面で佇む彼女の姿に何故かしら
惹かれてしまったのだ。
はっきり言ってしまうと、この時の彼女は田舎の姉ちゃんそのものの服装と顔立ちなのだが、僅か
3年後の彼女の変身振りには驚かずにはいられない。うそっ・・・ (;゚-゚) 

 Cheryl Dilcher-Butterfly

 ( ̄Д ̄;) ガ~~~~ン !!! 女って恐ろしいよな。 (*^m^)o==3 プッ

♪ さて、肝心のアルバムについてだが、一言で言えば実に素直に耳に入ってくる、という表現をしたい。
曲によっては確かに Acid Folk と呼べるようなものがあるかもしれないが、僕の印象としては飽くまで
60年末から70年代初頭に残された数多くの素晴しき遺産で聴くことができるようなピュアなフォークや
フォーク・ロック、ということ。
本作を聴いていると、まさに床にピーナッツの殻が転がっているような汚くて小さなコーヒー・ハウスで
歌っている彼女の姿を思い浮かべるのだが、それは自分の中で時とともに失われてしまった大切な
何かを取り戻して甦らせたい、という一種の無いものねだりなのかもしれない。
残念ながら、現時点では未CD化なのだが、これはアナログ盤で聴いてこそ真の評価ができる1枚とも
言えるかもしれない。

My Hobby ? : Part 2

♪  世間ではゴールデン・ウイークとか言うそうですが、まるで縁がない自分からすれば、10連休で
仕事を休むような奴とかカレンダーどおりにしか休めない等と文句を言うような奴に対しては
思わず殺意を覚えてしまう Poler Bear といいます。 
  だから、Blog の更新が年中ゴールデン・ウイーク並みに間が開くのか、と突っ込まないように。(;^▽^)

  さて、昨日の公休日は花見がてらに近くの函館公園へ行ってきました。
本当はマウンテンバイクで海岸線沿いに走りたいところでしたが、未だ24℃ぐらいの気温では
風を受けると寒く感じるので、もう少し暖かくなってから走りに行こうかな、と思っています。(←軟弱)
函館公園五稜郭公園と同じぐらいに桜が咲く名所として有名なのですが、昨日は予想していたよりも
人出がなかったので、ゆっくりと桜を見たり、微かに漂ってくる匂い ( 桜餅が食べたくなる ) を嗅ぎながら
小一時間ほど公園内を散策してきました。
帰りは途中に生協に寄りましたが、自宅まで徒歩で帰ってきましたよ。歩くのが好きなので。(笑)

  Hakodate Park

       ↑  Click To Enlarge

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。