スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Things Left Behind =忘れ物

♪ 昨日は公休日だったのだけど、部屋に引き篭もっているのも飽きたので外出しておりました。(笑)
留守の間に郵便受けに何やら大きな白い封筒が押し込まれているのを発見!
送り先を見ると・・・『Strange Days』からだった。
すっかり忘れていたけれど、2号分の応募券を送るとTシャツがもらえるんだったな、と思い出した。
折角なので、Tシャツをスキャンしたものを載せておくか。
決して身体が大きいからロゴの部分しか写っていない訳ではありませんので。
これでも 30kg ほど痩せたので、そろそろLサイズでも着られるような・・・( ←ただし外国製の L だけど ) 
もらい物なので期待していなかったけれど、黒字に銀のロゴが中々カッコいいデザインですな。
ぷくちゃんのところにも届いたかな?(爆)

   Strange Days Roger Dean T Shirts
スポンサーサイト

What's New

♪ 1/17 に掲載分の Ange のCD 写真を大幅に追加しました。
サムネイルをクリックすると拡大して見られます。
以上、業務連絡でした。 
Category: Europe

Under Construction : Part 2

♪ 更新をする気になれずにサボっていたら一週間も経ってしまいました。
これでは週刊誌みたいなものですな。(笑)
この間に何をしていたかというと、『お気に入り』に入れていた海外の Blog の整理 ( 未だ100もある ) や
現在使用中の PC では不満が多々あるので、新しくする為に色々と勉強していた次第です。
取り敢えずは外付けでHDD ( 500GB ) を増設しようと検討中ですが、どうせなら、もっとマシに
働いてくれるスペックのPC に変えた方が何かと便利だろう、ということで前向きに検討しています。
  ただし、もう絶対にメーカー製のPCだけは買わないことに決めています。
選択肢としては、PCショップでBTOにしても良いのだろうけれど、自作でPCを組み立てる、というのが
面白そうなので勉強しています。
電気とか電子工学ではないけれど、一応は工学部出身 ( 機械工学科 ) なので、多少はメカには
強い筈。すっかり忘れていたけれど。(爆)
来月で53になるオジサンだけど、何とかなるでしょう。まさに50の手習い、というやつだね。(苦笑)
そういうわけで、今後も Blog の更新間隔が開きます。
まるで週刊誌どころか月刊誌・・・はたまた不定期刊行かも?

Category: PC

Polar Bear's Ear:Famous Albums Audition Description = 白熊の耳:定番音盤試聴記 ( 39 )

♪ 『白熊の耳:定番音盤試聴記』の39回目は、以前にも登場したことがある The Enid
ブリティッシュ・ロック編の Part 12 として Repost した。
  ただし、以前にも書いたように、The Enid  と Robert John Godfrey 自身が管理している
音源による現行で入手できる音盤 ( 紙ジャケも含む ) に関する話ではなく、飽くまで76年と77年に
発売されたオリジナル英国盤を基にしたものであることを最初に断っておく。 (笑) 
 
  The Enid-In The Region Of  The Summer Stars-Uk-a   The Enid-In The Region Of  The Summer Stars-Uk-b  

  The Enid-In The Region Of  The Summer Stars-Uk-c  
 ♭ The Enid / In The Region Of  The Summer Stars   ( '76 )
      Uk;BUK / Decca BULP‐2014  ( 1st Pressing )

  The Enid-In The Region Of Summer Stars-Uk-EMI Reissue  
  Uk;BUK / Decca BULP‐2014  ( 2nd Pressing  )    
       EMI‐Int' / EMI   INS‐3005   ( Reissue as same 2nd Pressing cover  )
 ● NL;BUK / Decca 660.005
   Us;BUK / London   BUK‐52001

 ☆ Track Listing
1. The Fool…The Falling Tower
2. Death, The Reaper
3. The Lovers
4. The Devil
5. The Sun
6. The Last Judgement
7. In The Region Of The Summer Stars

  
 The Enid-Aerie Faerie Nonsence-Uk-Reissue   The Enid-Aerie Faerie Nonsence-Uk-b
 ♭ The Enid  /  Aerie Faerie Nonsence ( '77 )       
       Uk;Honeybee‐EMI‐ Int' / EMI    INS‐3012 

 ☆ Track Listing
1. Prelude
2. Mayday Galliard
3. Ondine
4. Childe Roland
5. Fand

♪  B.J.H Orchestra を辞めた Robert John Godfrey が74年に Charisma レーベルから
唯一作となるソロ・アルバム ”The Fall Of Hyperion ” ( CAS‐1084 ) を発表した後に新たに
結成したグループが The Enid である。
これまでに The Enid  は数多くのアルバムを発表してきているが、ブリティッシュ・ロックの傑作に
相応しいアルバムは 、間違いなく1st の ”In The Region Of  The Summer Stars” だろう。
御存知のように、このアルバムには再録されたヴァージョンが存在するが、ここで取り上げているのは
76年に BUK レーベル( Decca 配給 ) から発表された正真正銘のオリジナル・ヴァージョンだ。
 そして、実はBUK レーベルの初回盤には The Enid  のロゴが無い。( 写真:上 )
The Enid  のロゴとアルバム・タイトルが記載されているのが 2nd プレス( 写真:下 ) だが、他にも
BUK レーベルのロゴやセンター・レーベルのデザインが初回盤のものとは異なっているので、これは
比較的容易に見分けがつくと思う。
  尚、 EMI‐Int' からの再発盤や他国盤は、いずれも 2nd プレスのデザインが採用されている。
    さて、肝心の内容だが、タロットに秘められた意味でストーリーが展開してゆく、という凝った趣向で
構成された良質なシンフォニック・ロックといえるだろう。
  ただ残念なことは、このオリジナル・ヴァージョンが未CD化という事実だ。
果たして、その理由が一般的に言われているようなレコード会社とのトラブルに因る契約上の関係の
為か否かは判らない。
他にもマスター・テープの所在が不明である、という話もあるようだが、これに関しても同様で、果たして
本当かどうかは判らない。
実際のところ、これまでにも本作のオリジナル・スリーヴ・デザインを使用しながらも、再録音源による
CDを組み合わせた紛らわしい物があり、紙ジャケ仕様で発売されたCDもまた同様の代物、という
厄介な理由により、僕は絶対に薦める気にはなれない。
その理由は簡単だ。このオリジナル盤の足元にも及ばない駄作であり、別物と言わざるを得ないからだ。 
  だからこそ、僕は本作をオリジナル・ヴァージョンで聴いてもらいたい、と思う。
何とか最良の形で聴くことができることを願わずにはいられないのだ。
2nd の "Aerie Faerie Nonsence" に関しても同様で、何と!CDでは曲順とタイトルが無残にも
変更されているので要注意だ。
紙ジャケではLPと同じ表示になっているようだが、僕は "Aerie Faerie Nonsence" に関しては
構成が甘ったるい、という理由で一般的に言われている程に良いとは評価していない。
それ故に、紙ジャケCDには手を出していないので、本当にCDがオリジナル・ヴァージョンのタイトルと
曲順どおりであるのかは判らないが。(爆) 
上記の Track Listing がオリジナル盤のものなので、何かの参考にされたい。
  尚、LP盤から作成したCD-Rですが、オリジナル・ヴァージョンを聴いてみたい人がいましたら
左側の ”Your mail can be sent to me from here” からメールで連絡を下さい。

Category: United Kingdom

Polar Bear's Ear:Famous Albums Audition Description = 白熊の耳:定番音盤試聴記 ( 38 )

♪ 『白熊の耳:定番音盤試聴記』の38回目はジャパニーズ・ロック編の Part 2 として、以前にも
登場したことがある重要なグループである Shingetsu ( 新月 ) Repost してみた。

 Shingetsu-Self-a.jpg  Shingetsu-Self-b.jpg
 ♭ Shingetsu / Self Titled  (  新月 )   ( '79
      Zen / Victor Musical Industries    ZEN‐1009 
  ○ Made In Japan / Edison   MHD‐32001  ( 1st Issued  '89 ) 
 →  Marquee‐Bel Antique / Victor    BELLE‐9474 ( Reissue  '94 )
   Marquee‐Bel Antique / Victor    BELLE‐071236  ( '07 )

♪ おそらく、新月は前回登場した Cosmos Factory よりも海外では知名度があるように思う 。
現在では様々な発掘音源が紹介されているが、実際に彼等が活動していた時期に発売されていたのは
僅か1枚のアルバムでしかない。
それも短期間で市場から姿を消してしまったLPが、89年にMade In Japan  からCDで復刻された
History Of Jap's Progressive Rock” と命名されたシリーズの1枚として発売される迄は、彼等の
音楽に接する為には完全にコレクターズ・アイテムと化して高値のプレミアが付けられていたLPを
入手して聴くか、あるいは所謂ガイド本の罪作りな文章を読んで胸をときめかせるしかなかったのだ。
  しかも、このCDですら短期間で廃盤となってしまい、更に5年後に Marquee‐Bel Antique から
再びCDが発売される迄に待った人達が多かったのではないだろうか。
実は僕もその中の一人なので、彼等について語る資格などないかもしれない。
それまでの僕の日本のロックに対する認識というのは、色眼鏡的な視線で捉えていた傾向があった、と
素直に白状しておく。(笑)
  さて、94年に再発売された当時に実際にCDを入手して聴いてみた時の感想は、70年代の日本にも
演劇的要素を取り入れたグループがいたことに驚いたのだ。
一般的に『日本のGenesis』と評されていた彼等だが、確かに演劇的な要素を取り入れたロックを
演奏するグループ、という点に於いては適切な表現かもしれない。
本当は『日本のAnge』という方が適切だろうが。 (苦笑)
Genesis の歌詞から読み取ることができる世界観としては、マザーグースを切り離すことができない。
  だから、ファンタジーとかマザーグースのような類の現実離れした世界観のものに拒否反応を
示したり、興味を持てないが故に、そういう内容を正確に把握していない僕にとっては、Genesis
歌詞は
つまらないし、退屈としか感じられない。
マザーグースの内容を完璧に理解したうえで聴けば、おそらく Genesis に対する評価が随分と
変わってくるとは思うが、英語を理解するレヴェルが稚拙な者にとっては難しい話だな。(苦笑)
  まあ、演奏だけを聴いている分には好きなアルバムもあるのだが。
当然のことだが、つまらない世界観を押し付けてくる Genesis よりも、僕にとっては新月が投げかけてくる
歌詞の方が琴線に触れてくるし、遥かに説得力を持っている、と感じられるのだ。
  尚、個々の曲については割愛するので、これは是非とも各自で感じ取っていただければと思う。
というか、このアルバムを聴いたことがないという人はいないだろうからね。(笑)

Category: Japan

Under Construction

♪ 3月に入っても更新をサボっていた Poler Bear といいます。
まあ、どうせ零細Blogなので体制に影響がある訳ではないからね。のんびりとゆこう。
というのは表向きの理由でして、実は最近PCの調子がイマイチな状態が続いていたので、この期間に
思い切って補強工事をしておりました。
早い話が明らかにメモリーが足りなくて重かっただけなんですがね。
いまどき256MBしかメモリーを積んでいないPCなんて、子供の玩具みたいな感じだね。
Vista搭載のPCなら最低でも1GB、できれば2GBは必要じゃないかな。
ちなみに僕のPCはXPのSP2なので、ゲームとかやらないので1GBもあれば充分だろうからね。
ということで、最初は512MBのメモリーを空いているスロットに挿したのだけど、これだけで目から鱗が
落ちた感じだった。あっという間に立ち上がってくれるんだから、まずは合格だね。
バルク品のメモリーだったので、¥2,980の投資で済んだ。
これで充分に働いてくれるのが判ると、どうせなら1GBにしようじゃないか、という多少の見栄もあって
256MBのメモリーを外して512MBと交換した次第。(笑)
2枚で¥6,000程度の出費で済んだから良かった。
次の課題はHDDの増強だな。現在は250GBしかないので、もう足りません。(泣)
500GBの外付けを買わないと・・・PCって金食いなのね。(爆)

Category: PC
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。