Polar Bear's Ear:Famous Albums Audition Description = 白熊の耳:定番音盤試聴記 ( 23 )

♪ 『白熊の耳:定番音盤試聴記』の 24回目もフランス編の Part 3 ということで、76年に Eurodisc からデビューをした Mémoriance を 選んだ。        ♭Mémoriance / Et Après ...   ( '76 )     ● Fra ; Eurodisc / Wea    913.084          ♭Mémoriance  / L'ecume Des Jours D'apres Bori...

Polar Bear's Ear:Famous Albums Audition Description = 白熊の耳:定番音盤試聴記 ( 22 )

♪ 『白熊の耳:定番音盤試聴記』の 22回目はフランス編の Part 2 でゆこう。本来は Ange を選ぶべきなのだろうが、今回は関連グループとして Pentacle を選んだ。彼等はアルバムを1枚しか残さずに解散しているので、他のグループのように何を選ぼうか、と悩む必要がないし、早い話が手抜きできるから、ということか。(笑)          ♭ Pentacle / La Clef Des Songes  ...

Polar Bear's Ear:Famous Albums Audition Description = 白熊の耳:定番音盤試聴記 ( 21 )

♪   いやあ、ぐうたらな性格が復活して 2日間も更新をサボってしまいました。まあ、大して影響がないだろうけれど。(笑) 今後も更新の間隔が開くかも。  さて、『白熊の耳:定番音盤試聴記』の21回目は、フランス編として Pulsar を選んだ。初期の 3枚のうちから 1枚を選ぶことは難しいので、3枚とも選ぶことにしよう。    ♭Pulsar / Pollen   ( '75 ) ●Fra ; Kingdom / Vogue   ...

Polar Bear's Ear:Famous Albums Audition Description = 白熊の耳:定番音盤試聴記 ( 20 )

♪  『白熊の耳:定番音盤試聴記』のイタリア編も今回で一旦区切りをつけることにしよう。僕が Locanda Delle Fate とともに好きな Maxophone で締めくくろうと思う。      ♭Maxophone / Self Titled   ( '75 )   ● Ita ; Produttoriassociati / Ricordi    PA/LP ‐57         Jap ; Crime / King  K28P‐732...

Polar Bear's Ear:Famous Albums Audition Description = 白熊の耳:定番音盤試聴記 ( 19 )

♪ 『白熊の耳:定番音盤試聴記』の19回目はイタリア屈指の超絶技巧集団・・・その名も『芸術家と職人』という意味の Arti & Mestieri の登場だ !!      ♭ Arti & Mestieri / Tilt    ( '74 )    ● Ita ; Cramps / Ricordi   CRSLP‐5501 → Cramps / Baby  CRSLP‐5501  ( L )         ...

Polar Bear's Ear:Famous Albums Audition Description = 白熊の耳:定番音盤試聴記 ( 18 )

♪ そろそろいい加減にイタリア編も飽きてきたので、あと数回で一旦区切りをつけることにしよう。『定番』といえば、やはり Formula 3 が登場しないことには話にならない。そうとなると、僕が一番好きな”La Grande Casa” ( 原題は『大きな家』の意 ) しかない。♭Formula 3 / La Grande Casa   ( '73 )   ● Ita ; Numero Uno / RCA‐Italiana    DZSLN‐55655    ● Jap ; RCA / V...

Polar Bear's Ear:Famous Albums Audition Description = 白熊の耳:定番音盤試聴記 ( 17 )

♪ まだまだ続くイタリア編・・・今日は Osanna でゆこう。 ♭Osanna / Palepoli     ( '73 )   ● Ita ; Fonit / Fonit‐Cetra    LPX‐19         ● Jap ; Seven Seas ( Fonit ) / King    GXF‐2051  ( '79 )  (  L ) ○ Jap ; Arcàngelo / Disk Union      ARC‐7061  ( ...

Polar Bear's Ear:Famous Albums Audition Description = 白熊の耳:定番音盤試聴記 ( 16 )

♪ 今日もイタリアものから選んでみた。P.F.M とくれば、次にくるのは当然の如く Acqua Fragile だろう。今回は珍しくストレートできたでしょう。道理で東京にも雪が降った筈だ。(笑)    ♭Acqua Fragile / Self Titled  ( '73 )       ● Ita ; Numero Uno / RCA‐Italiana     DZSLN‐55636      ( L )        ...

Polar Bear's Ear:Famous Albums Audition Description = 白熊の耳:定番音盤試聴記 ( 15 )

♪ 『白熊の耳:定番音盤試聴記』の15回目は、イタリアン・ロックの金字塔的アルバムとも言うべき Premiata Forneria Marconi の世界進出記念作となった”Photos Of Ghosts” を選んだ。これぞ誰もが納得の『定番』…個人的にも想い出深いアルバムだ。多くの人がそうであったように、もしも、このアルバムと出逢っていなければ、これほどまでに僕はイタリアン・ロック…いやユーロ・ロックに興味を持っていなかったかもしれない。本作...

Polar Bear's Ear:Famous Albums Audition Description = 白熊の耳:定番音盤試聴記 ( 14 )

 ♪ 『白熊の耳:定番音盤試聴記』の14回目は番外編の第2弾ということで、イタリアから超有名グループ New Trolls を選んでみた。 ただし、白熊的には”Concerto Grosso Per I ” は間違っても選ばないぞ。(笑)確かに名盤かもしれないけれど、実は A 面よりも B 面の方が好きな人なので、ここは必殺の” UT ” が選ばれて当然だろう。          ♭New Trolls / UT   ...

Polar Bear's Ear:Famous Albums Audition Description = 白熊の耳:定番音盤試聴記 ( 13 )

♪   流石に13回目ともなると、この『定番』という条件がじわじわと真綿で首を絞められるように厳しくなってくる。( ←自業自得 )    これはブリティッシュ・ロックが好きなら知っているでしょう・・・ Illusion に決定 !! 2枚とも大好きなので、どちらかを選べと言われても困る。 だから、2枚とも選んだ。 (笑)        ♭Illusion / Out Of The Mist Mist ...

The Path Through The Inner Part In The Prog. Rock Field =プログレ奥の細道

♪ 今日は『白熊の耳:定番音盤試聴記』をひと休みして、怪しげな・・・新たなエントリーを気分転換の為に立ち上げてみました。題して『プログレ奥の細道』の始まり・・・♪ まあ、平たく言ってしまうと、ここでは普通の手段では入手できない ( 店売りをしていない等 )珍しい音盤を紹介しよう、という趣旨です。別に持っているから自慢しよう、というものではありません。あ、多分だけどね・・・(自爆)  もちろん、カタログ番号も...

Polar Bear's Ear:Famous Albums Audition Description = 白熊の耳:定番音盤試聴記 ( 12 )

♪ もういい加減にしろ!という声が聞こえてきそうな 『白熊の耳:定番音盤試聴記』の12回目は番外編的な意味合いでユーロ・ロックの『定番』から選んでみた。中堅的ポジションに位置しながらも、比較的知名度がある、というオランダのグループ・・・すぐに Trace のことだろう、と判った人は流石だ。3枚のアルバムは、それぞれに捨て難い魅力がある為、今回は3枚とも選んだ。(笑)       ♭ Trace / ...

Polar Bear's Ear:Famous Albums Audition Description = 白熊の耳:定番音盤試聴記 ( 11 )

♪ まだまだしつこく続く『白熊の耳:定番音盤試聴記』の11回目は、British Underground の超大物グループ Van Der Graaf Generator が遂に登場 !!         ♭Van Der Graaf Generator / Godbluff  ( '75 )    ● Uk ; Charisma / Phonogram    CAS‐1109                   &#...

Polar Bear's Ear:Famous Albums Audition Description = 白熊の耳:定番音盤試聴記 ( 10 )

♪ 遂に10回目を迎えた長寿企画シリーズの『白熊の耳:定番音盤試聴記』だが、今日は少しだけ力を抜いて ( いつも抜いているが=自爆 ) 極上のブリティッシュ・ポップ・アルバムの中から、という基準で選んでみることにしよう。  ということで、Kestrel 唯一のアルバムに決定 !!      ♭ Kestrel / Self Titled   ( '74 )   ● Uk ; Cube / Decca   HIFLY‐19      ○ Jap ; Cube / V...

Polar Bear's Ear:Famous Albums Audition Description = 白熊の耳:定番音盤試聴記 ( 9 )

♪ 『白熊の耳:定番音盤試聴記』も数えること 9回目となり、いよいよ佳境に入ってきた。正直なところ、『定番』という縛りを設けて音盤を選定することが、こんなにも難しいもの、とは思っていなかった。ただの思いつきで企画をするものじゃない、と実感させられた。くれぐれも Blog の記事は計画的に。(苦笑)  さて、今日も Steve Winwood 関連作でゆくことにしよう。(←まったく懲りていないバカ)Blind Faith も良いのだけど、こ...

Polar Bear's Ear:Famous Albums Audition Description = 白熊の耳:定番音盤試聴記 ( 8 )

♪  しつこく続いている『白熊の耳:定番音盤試聴記』の第 8回目は、、Pグレ者御用達の定番中の定番とも言うべき音盤である ”McDonald And Giles” を選んでみた。  本来であれば King Crimson の ”In The Court Of The Crimson King” を選ぶのが順当なところのだろうが、昨日にエントリーした Traffic の関連作でもある、という理由の方が優ったので、こちらを選んだ。確かに King Crimson はロック史上に残るグループであるので...

Polar Bear's Ear:Famous Albums Audition Description = 白熊の耳:定番音盤試聴記 ( 7 )

♪ 『 白熊の耳:定番音盤試聴記 』も第 7回目・・・つまり今日で 1週間連続で同じ企画をエントリーし続けていることになる。飽きっぽい性格の割には随分と長続きをしている企画だな。  というか、ただ『定番』という名の下に手抜きをしているだけのような気が。(コラおまけに何だか息が詰まりそうな感じなんだよね、『定番』というやつは。この企画の為に何を選ぼうかな、と棚に収まっているCDを見ていて思ったのだが、大体にし...

Polar Bear's Ear:Famous Albums Audition Description = 白熊の耳:定番音盤試聴記 ( 6 )

♪ 性懲りもなく『白熊の耳:定番音盤試聴記』の第 6回目をやります。いつまで続く?前回が『鋼鉄の蝶』ならば、今回は『ヴァニラ・ファッジ』と来るのが順当なところだろうが、そこは捻くれ者がやっているBlogなので、今回はやらないぞ。みんなが忘れた頃にやることにしたが、本人が忘れたら仕方ないね。(笑)  さて、今日の為に選んだ音盤は、これぞ『定番』というべき 1枚だろう。70年代のアメリカン・ロック・シーンに燦然と輝...

Polar Bear's Ear:Famous Albums Audition Description = 白熊の耳:定番音盤試聴記 ( 5 )

 ♪ 『白熊の耳:定番音盤試聴記』も遂に第5回目を迎えた。こんな思い付きの企画にズルズルと・・・あ、いや快く付き合ってくれた心優しい皆さんに多大な感謝をしなくては罰が当たるというものだ。未だ続くけれど。(笑)  さて、今回は昨日に引き続きアメリカン・サイケデリック期に活躍した有名グループの音盤から1枚を選んでみた。現在も変わることなく、僕が Vanilla Fudge とともにフェイヴァリットに挙げるグループ・・...

Polar Bear's Ear:Famous Albums Audition Description = 白熊の耳:定番音盤試聴記 ( 4 )

♪ 『白熊の耳:定番音盤試聴記』 の第4回目は、60年代から70年代のアメリカン・ロックのシーンを語る時に避けて通れない ( ←使い回しフレーズ作戦 ) 代表的なグループの登場だ。  そう・・・The Byrds だ !今回は1枚だけにするのが難しかったので、特別に 2枚を選んだ。  では何故 1枚ではなく 2枚を選ぶ必要があったのか、ということだが、ひとつはアメリカのサイケデリック期に於ける重要な位置を占めるアルバムである、...

Polar Bear's Ear:Famous Albums Audition Description = 白熊の耳:定番音盤試聴記 ( 3 )

♪ 『白熊の耳:定番音盤試聴記』の第 3回目は、ブリティッシュ・ロックを語る上で絶対に避けて通れない、という超大物グループ Jethro Tull の 2nd にして傑作アルバムである”Stand Up ” を選んでみた。これを知らないなんて抜かす人がいたら即刻退場ものです。もうそれぐらい本当に定番なんですよ、この音盤は。           ♭ Jethro Tull / Stand Up    ...

Polar Bear's Ear:Famous Albums Audition Description = 白熊の耳:定番音盤試聴記 ( 2 )

♪ 昨日に引き続き『白熊の耳:定番音盤試聴記』の第 2回目を書くことにする。ついでに恥もかくことになるかも。(笑) 一口に『定番』と言ってもなあ、人によって基準が違うので選定が難しい、というのが本音だ。  例えば、Vertigo とか Neon、Dawn や Harvest から発売された音盤というのは、まさに自分の中では『定番』に位置するのだけど、一般的には違うのだろう、と思う。 散々悩んだ挙句に決めたのが、女王様とお呼び…...

Polar Bear's Ear:Famous Albums Audition Description = 白熊の耳:定番音盤試聴記 ( 1 )

♪ このタイトルを見るなり、また変てこな企画を始める気だな、と思ったあなた・・・はい、正解です。  しかも、シリーズ化を目論んでいたりして。(爆)この Blog を何度も訪問していただいている皆さんであれば、僕が正真正銘の捻くれ者なのは承知の事実だろう。ここで紹介している音盤を見ても、他の Blog で紹介しているような一般的に認知されている物が極端に少ないことでも判る筈だ。流石に辺境ものにまで手を出しているよう...

The Ardent Reissue Wish List Of Japanese Miniture LP Sleeve,Selected By Poler Bear =白熊的紙ジャケ復刻熱望!:Part 3

♪ そろそろ飽きてきたのと正月も終わりなので、この企画は今回で終了します。本当は紙ジャケで復刻して欲しい音盤が未だ多く残っているのだけど、あれもこれもと際限なく挙げてゆくと、実現が難しいと判った段階で虚しさが残ってしまうので一旦終了にします。前 2回はブリティッシュ・ロック編という基準だったので、今回はPグレ者お待ちかねの (?)ユーロ・ロック編 + 番外編です。以下、簡単にコメントしてゆく。  &n...

The Ardent Reissue Wish List Of Japanese Miniture LP Sleeve,Selected By Poler Bear =白熊的紙ジャケ復刻熱望!:Part 2

♪ 早速昨日の続きを…      ♭ Clouds / Watercolour Days    ( '71 )       ( L )      ● Uk ; Chrysalis / Island   ILPS‐9151  ♭ Deep Feeling / Self Titled        ( '71 )       ( R )  ...

The Ardent Reissue Wish List Of Japanese Miniture LP Sleeve,Selected By Poler Bear =白熊的紙ジャケ復刻熱望!;Part 1

♪  lonehawk さんの Blog 『芸術的生活』で面白い企画をやっています。これ幸いとばかりに、僕も『新春特別企画:こんな音盤が発売されたって良いじゃないか』と便乗してみました。    だけど、かなり選出の基準に隔たりがありそう。(笑)あまり突拍子の無いものを選んでみても、現実的に権利関係の問題で実現不可能だろう、と思われる音盤も数多くある訳でして、そんな音盤を選んだところで夢も希望も無いから...

A Happy New Year To All Bloggers ! =ブロガーの皆さん、新年明けましておめでとうございます!

A Happy New Year To All Bloggers !  ブロガーの皆さん、新年明けましておめでとうございます!♪ いよいよ今日から 2008 年の始まりですね。現在の函館は晴れており、まさに新年に相応しい穏やかな朝という雰囲気です。    ただ、天気予報では曇り時々雪になっていますが。(笑)皆さんがお住まいのところは如何でしょうか?♪ 世間では何処もかしこも正月モードに突入している、という感じですね。...