スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

限りなき戦い=Battle Of Evermore

♪ いま函館では・・・いや、五稜郭の駅前周辺ではと言うべきか、先週の土曜日-9/15から
ちょっと熱い戦いが繰り広げられている。
家電量販店で大手のYマダKジマの熱~い戦いの火蓋が切って落とされたからだ。
僕が函館に転居してきた時には既にKジマが在り、産業道路沿線に 2店舗を展開していた。
そこへYマダが五稜郭駅の傍に進出してきたのが
2年程前の冬のことだった。
  しかし、今回は機は熟した、とばかりにKジマが既存の 2店舗を統合した大型店舗として
五稜郭駅前に9/15に開店したから大変だ。
これって、如何考えても完全な反撃体制だよね。
一方のYマダも9/13~14の2日間を休業して改装し、同日にリニューアル・オープンしたのだ。
  しかもだ、
Kジマ恒例商品と価格が記載された派手な特大チラシに対抗するように
Yマダ
の方は商品の写真があるものの、まったく価格が記載されていない普通サイズだ。
おまけに『他店をご覧になってから来店して下さい』との断り書きが書かれている。
う~ん、これは相当な自信を持って迎え撃つ体制だな、と白熊的に無責任な推測をしてみた。
実際のところ、開店日には目玉商品目当ての客が長蛇の列をつくって並んでいたが、本当に
暇な連中だな、と傍観していた白熊店長だったりして。(笑)
え!?僕ですか。人が集まるところが苦手な自分が好き好んで並ぶ訳がないじゃないの。
あんな人混みの中に並ぶなんて考えただけで気持ちが滅入ってしまいますからね。
本当は商品を買う財力が無い僻み、という説が有力か。(自爆)
ちなみに函館にはBストDコードーも在るんだけど、今回のKジマの五稜郭駅前の出店
騒動で完全に存在が忘れ去られているような気がするのは僕だけでしょうかねえ。(爆)
  いずれにしろ、適度な価格競争は歓迎しますよ。消費者にとって有利であれば、だけどね。
一言で言うと、これは限りなき戦い勃発( ←何となく無理があるような気が・・・ )
  さてさて、つまらない前振りはこのぐらいにしておいてっと・・・(オイ
今回の記事のタイトルを『限りなき戦い』としたのかというと、この言葉から連想された曲が
脳内 i-Pod よろしく聴こえてきたからに他ならない、という実に単純な理由だけなのだが。
  まあ、流石にGenesis の ”The Battle Of  Epping Forest ”が連想されなかったのは
完全に
Pグレ者じゃない証拠だな。( ←しつこい )
こちらが件の曲が収録されたPグレ者御用達の超有名アルバム。念の為ですが。(爆)

  20070922012259.jpg

 Genesis Selling England By The Pond   
      Uk;Charisma / B & C   CAS-1074


♪ 早い話がベタだけど Led Zeppelin の” Battle Of Evermore ” が思い浮かんだ、という
如何でも良い話。
  
  20070922004742.jpg  

   Led Zeppelin Four Symboles  
      Uk; Atlantic / Polydor   2401.012  

  う~ん、だからといって、Zeppelin 教の信者ではない自分のスタンスとしては、この曲は
何といってもSandy Denny 関連作ということにしておくか。(オイ
  いや、実際のところ、このアルバムが発売された当時はバリバリのロック小僧で、素直に
フォーク・ロックに耳を傾けられる器でなかったんですな、人間的にね。(笑)
  それでも、あの名曲と名高い”Stairway To Heaven”よりも、実は捻くれ者の自分としては
Sandy Denny のヴォーカルが入っていた” Battle Of Evermore ” の方が100倍好きだった。
いまも昔も女性ヴォーカルものは苦手なのだけど、彼女の声には自分の感性に訴えてくる
不思議な魅力があるように思う。
彼女に関する詳細な資料は検索すれば入手できるので、いつもどおりに省略する。(コラ

 ↓  白熊的推薦盤英国ロック・ファン必聴盤 こちらもクリック宜しくね。

スポンサーサイト

束の間の美しさ=Beauty In A Moment

 ♪ 秋深し隣の人は何をする・・・って、まるで覗き見をしているような感じだが、そんな
趣味が僕にはないことを予め断っておく。( ←わざわざ断る方が怪しいぞ by ぷくちゃん )
  それでは恒例の冗談話でリラックスした後は本題に入るとしよう。
今日のテーマは『物悲しい秋に聴きたい音盤選』です。
おいおい、予告していたハモンド・オルガン名演奏のプチ特集はどうしたんだ、という数名の
声は一切聞こえなかったことにします。(笑)
あれは『ロックの迷宮』でやりますので、もう少々待っててね。 スリスリ・・・( ←揉み手攻撃 )
  さて、ここで音楽好きのみなさんに質問です。
実は気になっていたけれど、何となく聴きそびれていた音盤ってありませんか?
僕の場合は、まさにこのアルバムがそうかな・・・

↓ 気になる人は『続きを読む』クリックしてね!!
 
☆  English Text

♪  Fall it does deeply and the neighbor does what and・・・ it is the kind of feeling which peeks quite, but the fact that there is no such my hobby is cut off beforehand.
Then after it relaxed in the usual joke story, I will assume that it enters into this subject.
Theme of present article is”The Selection Albums which I would like to
hear in the thing sad fall
'”
It is designates the voice from several names that Petit special edition of
Hammond organ excellent performance 
which has been notified how is
the red sandal wood, as the thing which is not audible altogether. 
  Because as for The Labyrinth Of  The Rock Music serieswith you do, already waiting a little, don't you think ?
  Well, here just a little I would like to ask a question to only music lover.
To tell the truth however, it had become matter of concern, there is no record which is
not with something and does' nt  have the chance which is heard ?
In case of me, just this Album・・・

↓ If you have interest clicking below under this "The continuation is read"
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。