スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

○○の秋です。

♪ 束の間の夏だった、と思う。函館は・・・
  もっとも、30℃以上にならないと体感温度的に夏と感じられない僕のことなので、職場の
同僚から『白熊さんが変なんですよ』と変態扱いをされて言われたりした。そんなに変かな?
頭が変なのは解るが・・・って、オイ。
そこのPちゃんとeさん、陰に隠れていないで出てきなさい。(爆)
  という冗談はさておき、短い夏が終わり、いよいよ秋がやってきました。
いやね、 個人的には既に体感温度的にも秋だったりする訳でして。あ~寒いのは苦手じゃ!
秋といえば・・・読書の秋ですね。くれぐれも面白いミステリを読んではいけません。
手に汗握るようなストーリー展開の作品だと、ついつい夜通しで読んでしまって、気がつくと
朝になっていたなんてことに。逆に面白くないミステリもどきならば即効で爆睡確実ですが。
睡眠不足にならないように気をつけましょう。
  やっぱり、食欲の秋というあなた・・・ついつい美味しいものを食べ過ぎてしまい、体重を
増やしたり、体調を崩さないように気をつけましょう。(苦笑)
そんな僕といえば、実は現在もダイエット中でして、多少のペースダウンはありますが順調に
体重を減らしております。1日1,600kcalの食事療法を死守で-18kg だ。
お蔭様でエコーで撮っても映らなかった内臓が映るようになったぞ。わ~い。 \(゜о゜)/
ベルトが長すぎるので2回切って長さを調整したが、それでも未だ切る余地があるぞ。(笑)
好きなものを何でもかんでも我慢するのではなく、1単位 80kcal で頭の中で計算しながら
量を調節して少な目で食べていることが長続きのコツだろうか。

  さて、やはり秋は音楽の秋ですよ。
そんな秋の夜長に聴きたいアルバムを新旧混ぜて紹介しましょう。

反則的な技で日本人の感性に突き刺さってくる1枚といえば・・・

 20070831100351.jpg 20070831081457.jpg

ズバリ!上の2枚に代表されるようなイタロものの音盤ですが、これは置いといてっと・・・
あらまあ、知らないうちに、こんな音盤が発売されていたんですねえ。
 それにしても、しぶといなあ・・・( 以下、自主規制 )

スポンサーサイト
Category: Whole World

夏休み特別企画 (2)=海外のBlog事情

 残暑お見舞い申し上げます 
もう函館終わったけれど・・・

♪ 別に自分が夏季休暇期間に入っている訳ではないが、世間的にはカレンダーどおりに
お盆休みだった人も、これから遅い休みに入るという人の為に・・・そんなことはなく、ただの
便乗企画でしか過ぎないことを予め断っておこう。有給休暇が取れない嫌味を込めて。(笑)
  さて、夏休み特別企画の第2回目は『海外のBlog事情』というテーマで書くことにした。
ずっと自分のBlogを更新せずにいた理由も書きながら進めてゆこうと思う。
おっと、決して言い訳ではないぞ。多分だが。(苦笑)
先月から1ヶ月以上も自分の Blog を放置した状態で何をやっていたのか白熊店長、という
お叱りの言葉すらない零細 Blog なので呑気にしていられたのだが、心の中では気まずさが
少しはあった・・・多分だけど。(笑)
  では一体何をしていたのか、というと・・・え~、海外へ放浪していました。
今日は南米だったから、明日はオーストラリアにしようか。明後日は南アフリカかな、と誰にも
邪魔をされずに自由気ままな旅を満喫していたのですよ。
  もちろん、インターネットでの話だけど。(爆)
いままでは何かを調べている途中でオフィシャルの Web Site や Blog へと辿り着いたことは
あったけれど、今回は目的を持って最初から Blog 巡りをしていた、という点が違うかな。
  その結果、何となくマンネリ化していて飽きていた Blog に対する情熱が甦ってきた。
原点回帰・・・まあ、そのお・・・一言で言うと、世界は広いのだ、ということ。( ←当たり前 )
今回の海外 Blog 巡回の収穫で、現時点でブックマークしている Blog が100以上ある。(笑)
これを毎日巡回していると、相当な時間を要する上に体力的にも負担を強いられます。
  だから、疲れてしまうと Blog の記事を更新できない。というか気力が無くなる訳で・・・。
冗談抜きでポルトガル語、スペイン語、フランス語にドイツ語、はたまたアラビア語だとか
正体不明の言語で書かれている Blog もあり、そういうのばかり見ていると目眩がしてくるぞ。
そういえばロシア語やギリシア語もあったが、当然の如く理解できる筈もない。
口八丁、手八丁、文法無視のインチキ英語で乗り切ってきた白熊店長・・・大ピ~ンチ!
おかげさまで英語で書かれている Blog に辿り着いた時は安心した。
砂漠を彷徨っていた時にオアシスを発見したような安堵感か。(爆)
  さて、今回の Blog 巡回で気がついた点がいくつかあるので記述してゆこう。
尚、此処から先の記述部分に対して不快感を覚える人もいると思いますので、音楽ファイルの
存在に関して否定的な意見をお持ちの人は見ない方が良いことを忠告しておきます。

  自分のスタンスとしては、飽くまで中立的なものであり、これらを
記事にしたのは、決して音楽ファイルそのものの存在を積極的に
擁護する目的で書いた訳ではないことを予め断っておきます。

Category: Others

夏休み特別企画 (1)=最近の紙ジャケ事情について考える

 またまたBlogの更新間隔が開いてしまった。
元々がぐうたらで呑気な性格なので、飽くまでマイペースで Blog を更新してゆく方法でしか
長く続けられそうにもないだろうなあ。( 完全に他人事 )

♪  僕が仕事から帰ってきて最初にすることは休止状態にしていた PC を立ち上げることだ。
大抵は『紙ジャケ探検隊』のサイトをチェックして紙ジャケの発売予定を知るのだが、どうも
最近は面倒くさくなってきている。
別に紙ジャケに対して熱が醒めてきている訳ではないのだが、あることに対して少々嫌気を
感じているからだ。
以前のスレッドは建設的な意見の書き込みが多かったが、現在では否定的な意見が多数を
占めている、といっても良いかもしれない。
その例として挙げるならば、何かと某 U 社が S 社と比較されて悪者扱いされているスレッドが
非常に目に付くことが残念だ。
こういう非難のされ方をしていると、いままでブリティッシュものの紙ジャケで世話になってきた
自分としては気の毒に思うものの、一般的なユーザーの声という観点では当然だ、とも思う。
  正直なところ、僕には一般的な音楽ファンが全部のアルバムを揃えようという気になるとは
到底思えないのだが、果たして如何なものだろうか。
余程のマニアでない限り、高価な BOX Set を買うまでには至らないだろう、という確信がある。
  それ故に、最初から紙ジャケを普通に売らずに高価な BOX Set でしか目的のアルバムを
入手できない、という選択肢の無い販売方法で買わせるような商売では反感を買って当然だ。
  しかし、その一方では担当ディレクターの気苦労を思わずにはいられない。
別に擁護する訳ではないが、結局は彼等だって宮仕えの身だから、上層部に企画を通す為に
BOX Set という販売形式にせざるを得なかったのかもしれない。
肝心なのは BOX  Set で売った後の販売方法ではないだろうか。
大した期間を空けずに個別に売れば、目的のアルバムが欲しいが為に泣く泣くBOX を買った
ユーザーから不満の声が上がるのは当然である。
今回の件で更に追い討ちをかけたのは、ユーザーが知らないうちに済し崩しに価格を大幅に
値上げしたこともあるだろう。これでは反感を買って然るべきである。
  その一方で、S 社の紙ジャケはクオリティーが高くて価格が安い、となればユーザーとして
歓迎するし、セールス的にも伸びるのは当たり前だ。価格も安く維持できるだろう。
  むしろ、こんなに安くて大丈夫なのか、とさえ思ってしまうぐらいだ。
応援したいという気持ちからか、多分、聴かないだろうなあ、というような音盤まで 1枚どころか
全買いしてしまうこともあったりする。
自分の場合でいうと、Sly & The Family Stone なんかは典型的な例だ。(苦笑)
結果的には U社の BOX Set  商法と変わりないような気がするのだが。
要はユーザー自身が納得した上で買っているか否か、という心理的な点が違うのだろう。(笑)
いままで数々の素晴しい紙ジャケを世に送り出してきた U 社であるだけに、このまま終わって
欲しくない、という気持ちが個人的に強い。
カタログだって S 社に負けない豊富なヴァリエーションだし、何よりも未だ多くの名盤が発売を
待っているのだ。
ここはひとつ罪滅ぼしのつもりで・・・こんな音盤を発売してみてはどうでしょうかね。(爆)

  ↓ 白熊店長大絶賛の全ブリティッシュ・ロック・ファン必携の音盤!
これを持っていなければモグリ、とまで断言する1枚だ!!紙ジャケ化熱望しま~す。

Category: Others

港まつり

♪ いよいよ今日から 8月になりましたね。
函館では今日から 5日まで『港まつり』が開催されます。
昼間には日程毎に区間でパレードが行われます。
昨年も記事で触れた『いか踊り』というやつです。何が楽しいのか・・・僕には解りませんがね。(笑)
   そして、
夜になれば花火大会が開催されるので、きっと見物客で混み合うでしょう。
人混みが嫌いな自分にとっては憂鬱ですが、幸いなことに花火大会の会場に行かなくても、実は
いま住んでいるマンションのベランダから見える筈なので、せっかくなので夏の風物詩を特等席で
楽しむことにしましょうか。
  もしも、このBlogを見てくれている函館市民や観光で来ている人がいるのであれば、少しだけ
お願いがあります。
こういう行事というものは、近隣の理解がなければ成り立たない、ということを頭の片隅に留めて
行動をして下さい。
ゴミを散らかすことは言語道断ですから、どうか持って帰って家庭ごみで出して下さい。
帰り道に大声で話しながら歩くことも止めて欲しいです。会場内で楽しんでいる時は結構ですが。
  もちろん、会場にマイカーで来ることも迷惑行為に繋がりますから、バスや電車で来るように
宜しくお願いします。
最低限のマナーを守って楽しんで欲しい、と思います。


 本日のB.G.M

  20070801190022.jpg  20070801190010.jpg  Thunderhead-Self.jpg
 
   1)
Earth & Fire / To The World Of The Future  (L)
   2) Aleph /
Surface Tension    (C)
   3) Thunderhead / Self Titled  (R)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。