スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Just My Luck =幸運のお裾分け(笑)

♪ いよいよ今日で10月も最後です。うわっ、早いなあ。もう2ヶ月で今年も終わりじゃないか。
  そして、昨日に引き続いて今日も公休日の白熊店長です。
大体、僕の休みの日の行動といえば、近所に買い物に行く以外はPCに向かってブログのネタを
仕込んでいるか、録画しておいたTV番組を見たり、音楽を聴いているぐらい、というプチ引き篭もり
状態ですかね。(苦笑)
前回の休み( 10/27 )に駅前周辺へと行ってきた。
まず朝一でNTTから派遣されてきた工事業者の人が調査に来たので立ち会った。
実は現在のインターネット環境( ADSL 50M )をに変更しようと申し込みをしたのだ。
  あ、いやね、飽くまで予定なんだけれど。10/07の仕事帰りにCD-Rを買いにヤ○ダ電器に
寄った時に、ちょうどキャンペーンをしていたお姉ちゃんに捕まっちゃったことで決断した、という
何とも情けないオチがあるんだけれどね。(爆)
無事に開通すれば、体感的には現在の4倍以上の速さとなる筈。
スペック上では光は100Mだけれど、実測では20M程度だ。
  それでも、中継局までの距離と間で使用している人達の状況で速度が不安定になってしまう
ADSLに比べれば快適なことは充分に予想できる。
計測ソフトを使って調べてみると、僕のところは平均で5Mだからね、50Mの1/10だよ。
これじゃあ、苛々する筈だわな。
工事予定は11月中旬なので、完了したら体験レポートでも記事にするか。( ←貪欲な白熊店長 )
  さて、ぶらりと駅前に出かけると、ちょうど昼過ぎで空腹だったのでラッキーピエロに入った。
カレーライスにしようかオムライスにしようかと迷ったが、メニューにカレー・オムライスを発見。
即決で注文したことは言うまでもない。実に都合の良いメニューがあったものだ。(爆)
その後、地元のCDショップへ行き、取り置きしてもらっているCDを9枚だけ引き取ってきた。
アンコール・プレスで無事に入手できたFreeの”Live !”以外は、イタリア3枚にスペイン5枚という
内訳だが、これらのCDは順次紹介する予定。飽くまで予定だけれど。(←無責任発言攻撃)
  それで今日のテーマの”Just My Luck”という話だけれど、これは別に映画の話ではない。
参考までに・・・・・・既にアメリカではDVD化されているが日本では未公開のコメディー作品だ。

  ↓ これがDVDのパッケージ ( 参考画像 )

  
20061028123234.jpg

 これから本題へと話題転換(おい)・・・・・・ まず、下の Read More をクリックして下さい。

スポンサーサイト
Category: Europe

Locanda Delle Fate=妖精の宿

♪ 誰にでも想い出に残るアルバムというものがあるのではないだろうか。
  もちろん、それは1枚だけとは限らないだろうし、人によっては何枚もあるかもしれない。
14歳の時に音楽というものに興味を持ち始めて以来、早いもので37年が経ってしまった。
当然、その年数分の音楽に接してきた訳だから聴いてきた枚数も多い方じゃないか、と思う。
  従って、僕の場合は後者になるだろうな。
それまでの僕は、音楽というものよりも、むしろ漫画( 落書きに近いのだが=汗 )を描く方に興味が
向いていた筈なのに、そういった自分が方向転換をした契機を思い巡らせてみると、その当時に
流行していたラジオ( もちろん、FMじゃなくてAMだ )の深夜放送の番組とヒット・チャートが中心の
音楽番組の影響だ、と思い当たった。
  まあ、当時のヒット・チャートといっても、英米のヒット曲に混じってヨーロッパのポップスが同じ
レヴェルで語られた、謂わば、日本独自のものだったのだけれどね。
これが実は曲者・・・・・・アメリカン・ロック( SSWもね )とブリティッシュ・ロックを聴きながら、普通に
ユーロ・ロックも聴いていたのは、やはり、こういった音楽的な背景があったからだろう。
  だから、M誌はおろかF誌が未だ世に出る前の通称Pグレ石器時代(笑)からユーロ・ロックに
接してきた自分が、輸入盤店に並んでいたアルバムを普通に入手して聴けたことに感謝したい。
  それでも、現在のように情報が発達していなかった時代であった為、後から知って随分と悔しい
思いをしたこともまた、必然的に多かったことを付け加えておこう。(笑)
今回取り上げるアルバムは、その度に眠れずに悔し涙で枕を濡らしたうちの1枚である。(←大嘘)
      
    ↓ 悔しい思いをした1枚のアルバムへGo  (涙)
    
駄文のうえに長文なので覚悟して読んでねっ ( by 詩音 ) 

  

Category: Europe

白熊音盤店奮闘記(8)=Fantangos In Space:宇宙(ほし)のフラメンコまたは白熊店長の憂鬱の巻

♪ これは北国のとある地方都市の鄙びた商店街に小さな(←余計なお世話)レコード店を
 構えている白熊店長とアルバイト店員の『詩音(うたね)』ちゃんのズッコケ・コンビのお話です。
 飽くまで妄想・・・じゃなかったフィクションであることをお断りしておきます。 

「大変ですよお、店長・・・・・・」
 その時、PCでインターネットをチェックしていた詩音が白熊店長に話しかけた。
「一体、何が大変なんだい?」
「とにかく一大事ですよ、店長~お」
「おいおい、詩音ちゃん。何が大変なのか判らないじゃないか」
「これを見て下さいよお」
 渋々とPCのモニターを見る白熊店長。
「な、なにぃ~っ!こいつは確かに大変だ」
「ねっ、店長。一大事でしょう」
「こんなに凄いブツが・・・・・・」
「明らかにボーナス狙いですよね」
「確かに12月っていうのは完全にボーナスがターゲットにされているよなあ」
「ボーナスの無い人だっているのにね」
「そうそう。たまには良いことを言うねえ」
「いますよねえ。店長のすぐ近くにもね」
「え!?何処に?」
「ほら、すぐ目の前にいるでしょ」
「最近、随分と視力が落ちてきたからなあ」
「目もですかあ」
「目も、とは・・・・・・どういう意味だ」
「やっぱり聴こえてるんだ」
「あ、しまった」
「詩音にはボーナスのボの字も無いし~ぃ」
「ええ~い、その語尾を伸ばした気色の悪い喋り方を止めんかい」
「だってえ、こういう喋り方なんだも~ん」
「ああ、頭が痛い」
「ええ~い、強硬手段で」
「・・・・・・って、痛いじゃないか。何も抓らなくっても」
「都合が悪くなると惚けるんだから」
「だいいち、ボーナスを出せるほど儲かっていないだろ」
「でへへへ。いつ潰れても不思議じゃないですからね」
「くっそお、相変わらず口が悪い奴だな」
「あ~あ、詩音も狙われてみたいもんだわ」
「狙われてみたいだなんて、若い娘が言うもんじゃないよ」
「あーっ、店長。いやらしい!!」
「ちょっと誤解だよ、詩音ちゃん」
「なあんてね」
「あ、騙しやがったな」
「それにしても、物凄く大量に出るんですねえ。紙ジャケのCDって」
「だから、頭が痛いんだよ」
  と言いながら頭を抱える白熊店長。
「あ~あ、店長ったら、また自分の世界に浸り始めちゃって。詩音、知~らないっと」
  と言って、白熊店長の傍から離れてゆく詩音。

  11月発売分の紙ジャケ・リストへGO!! 

Category: United Kingdom

Moondancer=月の踊り子

♪  最近、すっかりと秋めいてきた感触を肌で感じている。
日中は暖かくても、夕方になると寒くなってきたからだ。
何だよ、白熊のくせに、というベタな突っ込みは勘弁して欲しいな。
いくら北海道生まれだからといってもねえ、随分と東京での生活が長かった為に、そういう環境に
順応した身体なんだよね。
  だから、寒いものは寒いんだよ。暑いのは我慢できるけれど、寒いのが苦手なもので。(苦笑)
  さて、夜空を見上げると、ひときわ美しく輝く月が・・・・・・と書きたかったが、生憎と普段の行いが
良過ぎる為なのか、今日は曇り空です。うむ、残念だ。
  というか、さっきまで雨は降るわ、雷は激しく鳴るわで、慌ててPCの電源を落としていた。(笑)
一応サージ機能付きのテーブルタップを使っているんだけど、雷は怖いからねえ。
一発でHDが逝っちゃう可能性があるから完全に遮断しておかないと。(爆)
まあ、そういう訳で、せめて、今日のお題ぐらいは『月』に関連した音盤を取り上げてみようかな、と。
まったく前振りが長くてスマンね。毎度のことだろうけれど。(撃沈)
  月に纏わる曲というと、Pグレ者の諸君はKing Crimsonの”Moon Child”かPink Floyd
Dark Side Of The Moon”辺りを思い浮かべがちだろうけれど、そこは捻くれ者の白熊店長。
  え?じゃあGenesisの”Dancing With The Moonlit Knight”だろうって。これも違います。
残念でした。あのねえ、僕はPグレ者じゃないんだからさ。(←しつこく言い続ける攻撃)
ほら、大切なグループを忘れているじゃない?
  それは・・・・・・新月ですって?
  いや、確かに重要なグループなんだけどね。
既に紹介しているから、今回は違うグループを・・・・・・

Category: Japan

The World Becames The World:Italian Rock Rarerities


 P.F.M.jpg   20061003212542.jpg  20061005151543.jpg

 § Premiata Forneria Marconi  (L)
 § Formula 3  (C)
 § The Trip  (R)

 ♪ ここ最近、リンク先のブログや日課で訪問しているブログで、何故かしらItalian Rockの記事が
随分と目立つ。Le OrmeとかNew Trollsとか知名度が高いグループなら可愛げがあるが。(笑)
まあ、Quella  Vecchia  Locanda (以下、Q.V.Lと略す)も解るけれどさ。
それもマニアックな1stというから、おそれ入谷の鬼子母神てな感じかね。(←オヤジ・ギャグ攻撃)
  ちなみに、↓これが問題のマイナー・レーベルHelpから発売されたQ.V.L1stです!(爆)  
   
Q.V.L-1.jpg

 ♪ Quella  Vecchia  Locanda
 / Self  Titled
   ● I;Help  /  RCA-Italiana ZSLH-55091
   ○  J;RCA / BMG-Fun House BVCM-37427 ( Cardboard Sleeve )
M-374


 ↓世間のPグレ者の間では評価が高いのは、こちらの2ndの方だったりして。(爆)

 Q.V.L-2.jpg
間のせせけんの
 Quella  Vecchia  Locanda / Il Tempo Della Gioia
   ● I;RCA  /  RCA-Italiana TPL.1-1015ZZ091ZSLH 55091SLH 550
       1○ J;RCA / BMG-Fun House BVCM-37428 ( Cardboard Sleeve )
ZJBVCM
Help (ZSLH 55091Il tempo della gioia 
  まず最初に断っておくが、僕は真性Pグレ者ではない。。(←仮性P疑惑?by Pちゃん
況してや世間一般でいうところのコレクターでもないぞ。
  まあ、比較的早い時期からリアル・タイムでユーロ・ロックを聴いていたからね。
超マイナー・レーベルや自主制作盤以外のものなら大抵は知っている方じゃないか、と思う。
   あ、だからといって、吃驚するようなメガ・レア盤を期待されても困るが。(自爆)

Il tさて、今更って感じでQ.V.Lの2枚をレヴューしても面白くも何ともないしねえ。
だいいち、それじゃあ芸がないだろうからな。
そうなると、ここはひとつ捻くれ者らしいブツを探して取り上げてみようか。

   ・・・・・・ということで、本日の音盤が決定!! (^○^)ノシ

Category: Europe

お知らせ

20060412123657.jpg   B.J.H-a.jpg  tempest01.jpg

♪ 最近、ちょっと思うところがあって部屋を整理し始めている。
まず、テーブルの隅々にまで溢れている大量の紙ジャケCDを何とかしないと思い、その為には
収納場所を確保しなければならない。
う~ん、困ったな。悩みながら推理小説の文庫本や新書判を整理してみた。
  いや、未だ完全に本もCDも整理し切れていないのだけど。(苦笑)
世の中には信じられない程の枚数のCDを所有している人達がいるみたいだけど、どのようにして
収納しているのだろうか?
どうせ愛着を持ってなんか聴いていないだろうな、と勝手に想像した。余計なお世話か。(笑)
  まあ、僕の場合は精々600枚程度(ほとんど紙ジャケだが=爆)しか手元にないので、そんな
心配は不要だろうが。わははは・・・・・・
  それにしても、こうやって整理してみると、買い替えたりして重複してしまったCDが結構な枚数が
あるものだな、と気がついた。まったく呑気なことで。(激爆)
おまけに箱物とか何となく買ったものの、まったく聴いていない(これからも聴かないだろう)CDに
限って場所をとっていたりするんだよなあ。
ええ~い、どうせなら処分してしまえ!少しはスッキリするしね。
 中古盤取り扱いの店に売って、今後のCDを購入する資金にするのも良いかな。
  しかし、聴いてくれる人の手に渡るのが一番じゃないのかな、とも思う。
  あるいは僕が欲しいCDとの交換も良いだろうしね。
業者に儲けさせるのは後でもいいもんね。(核爆)

   ※ 今回の放出予定分は終了しました。 ( 10/31 追記 )

Category: Announcement
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。