スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白熊音盤店奮闘記(14)=Last Dance With Me

 これは北国のとある地方都市で小さな(←余計なお世話)CD店を構えている
白熊店長とアルバイト店員の『詩音(うたね)』ちゃんのズッコケ・コンビのお話です。
  飽くまで妄想・・・じゃなかったフィクションであることをお断りしておきます。

「遅くなり・・・ましたぁ・・・って、ちょっとお、店長。そんなところで何をやってるんですか」
「お、いいところに来たな。詩音ちゃんも一緒にやるかい?」
「嫌ですよぉ~、そんな熊踊りなんか」
「相変わらず口が悪い娘だなあ。だいいち、これは熊踊りじゃないぞ」
「まさかダイエットに効果的なビーズ・ブートレッグとかいうやつですか」
「それを言うなら、ビーズ・ブートキャンプだろ。違うけれどな」
「って言うか、寒くないですか。店の中・・・」
「仕方ないじゃないか。灯油が短期間で¥4も値上げになったんだよ」
「いいじゃないですか。¥4ぐらいでケチケチしないで下さいよぉ」
「ぶあっかも~ん!ポリタンク1つで¥72も違うじゃないか」
「いまどき¥72ぐらいじゃ缶コーヒーも飲めないですよ」
「ひと冬でポリタンクを何個使うと思ってるんだよ」
「判りませんよ、そんなこと」
「詩音ちゃんの時給を大幅にカットすればストーブを点けられるんだけどなあ」
「嫌ですよぉ」
「じゃあ、一緒に…」
「踊りませんっ!! ところで、いま流れている曲は何ですか?」
「やっと長い前フリが終わったか。あ~疲れた。これは Chicago の『長い夜』だよ」
「えっ!Chicago ってAORのグループじゃなかったんですか?」
「甘いな、詩音ちゃんは。初期の  Chicago  ブラス・ロックの代表格だったからね」
「ブラス・ロックって・・・バックでブカブカと鳴っているからですか」
「そう、これぞ寒い冬にピッタリのブラス・ロック!」
「ブラス・ロックって、そのまんまじゃないですか。でも、何で冬にピッタリなんですかね」
「ほら、のんびりとした曲が春で、爽やかな曲が夏、物悲しい曲が秋に似合うような感じだろ」
「飽くまでイメージ的に・・・ということですね」

 20071028203856.jpg   Chicago-Self-Us.jpg

  Chigaco Transit Authority / Self Titled  ( '69=L )
      Us ;Columbia    GP‐8
    Jap ; CBS‐SONY     SONP‐50116/117  ( 邦題:『シカゴの軌跡』 ) 
  ♭ Chicago / Self Titled  ( '70=R )
      Us ;Columbia    KGP‐24
        Jap ; CBS‐SONY SONP‐50233/234   ( 邦題:『シカゴと23の誓い』 ) 


「 Chicago の他にも B,S & T とか Chase というのもあったよなあ
「この自分と同じ顔の人形を持っている不気味なやつと人が走っているやつですね」
「何か酷い言われ方だが、当たっているところが悲しいよ」


 20071028203749.jpg  20071029131756.jpg

   B,S & T / Child Is Father To The Man  ( '68=L
      Us ;Columbia  CS‐9619
     Jap ; CBS‐SONY  SONP‐50076  ( 邦題:『子供は人類の父である』 ) 
  ♭ B,S & T / Self Titled  ( '69=R )
         Us ; Columbia  CS‐9720
     Jap ; CBS‐SONY   SONP‐50082 ( 邦題:『血と汗と涙』 ) 


   Chase-Self-Us.jpg
  
 Chase / Self Titled  ( '72 )
     
Us ; Epic / Columbia    E‐30472
         Jap ; Epic / CBS‐SONY    EPIA‐53001 ( 邦題:『追跡』 ) 


「ふっふっふ・・・詩音ちゃん、この程度で驚いていては駄目だよ」
「別に驚いてませんけど」
「ブラス・ロックの元祖的存在のグループというのはアメリカじゃなかったんだよ」
「あら、それは意外だわ」
「何処だと思う」
「判りませんよぉ」

スポンサーサイト
Category: Whole World

○○の秋です。

♪ 束の間の夏だった、と思う。函館は・・・
  もっとも、30℃以上にならないと体感温度的に夏と感じられない僕のことなので、職場の
同僚から『白熊さんが変なんですよ』と変態扱いをされて言われたりした。そんなに変かな?
頭が変なのは解るが・・・って、オイ。
そこのPちゃんとeさん、陰に隠れていないで出てきなさい。(爆)
  という冗談はさておき、短い夏が終わり、いよいよ秋がやってきました。
いやね、 個人的には既に体感温度的にも秋だったりする訳でして。あ~寒いのは苦手じゃ!
秋といえば・・・読書の秋ですね。くれぐれも面白いミステリを読んではいけません。
手に汗握るようなストーリー展開の作品だと、ついつい夜通しで読んでしまって、気がつくと
朝になっていたなんてことに。逆に面白くないミステリもどきならば即効で爆睡確実ですが。
睡眠不足にならないように気をつけましょう。
  やっぱり、食欲の秋というあなた・・・ついつい美味しいものを食べ過ぎてしまい、体重を
増やしたり、体調を崩さないように気をつけましょう。(苦笑)
そんな僕といえば、実は現在もダイエット中でして、多少のペースダウンはありますが順調に
体重を減らしております。1日1,600kcalの食事療法を死守で-18kg だ。
お蔭様でエコーで撮っても映らなかった内臓が映るようになったぞ。わ~い。 \(゜о゜)/
ベルトが長すぎるので2回切って長さを調整したが、それでも未だ切る余地があるぞ。(笑)
好きなものを何でもかんでも我慢するのではなく、1単位 80kcal で頭の中で計算しながら
量を調節して少な目で食べていることが長続きのコツだろうか。

  さて、やはり秋は音楽の秋ですよ。
そんな秋の夜長に聴きたいアルバムを新旧混ぜて紹介しましょう。

反則的な技で日本人の感性に突き刺さってくる1枚といえば・・・

 20070831100351.jpg 20070831081457.jpg

ズバリ!上の2枚に代表されるようなイタロものの音盤ですが、これは置いといてっと・・・
あらまあ、知らないうちに、こんな音盤が発売されていたんですねえ。
 それにしても、しぶといなあ・・・( 以下、自主規制 )

Category: Whole World
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。