スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Poler Bear's Failure=白熊の失敗

♪ お気に入りのヘッドフォンが使えなくなってしまったことは昨日の記事に書いたが、予定通りに
出勤前に Yマダ電器に寄って新しいヘッドフォンを買ってきた。
新しく仲間入りをしたのは、SONY MDR‐777SL というモデルだ。
 
                                     MDR-D777SL.jpg

Audio TechnicaDENON のモデルでも良かったのだが、価格的に¥10,000以下だと
音質に不満があると困る、という不安要素が残る。
そうかといって、あまりにも高価なヘッドフォンを買うほどの予算がある訳ではない。
まあ、精々予算として¥20,000以内というところだろうか。(笑)
   それこそ Audio Technica  のモデルの中には Yマダ電器で売られているものの中では
最高値の¥48,000 というものもあるが、ヘタするとミニ・コンポが買えてしまう価格だ。(爆)
    そして、僕が一番の基準にしているのが、音質が良くて長時間の使用でも疲れない、という点。
    更にできる限り飽きずに長く付き合ってゆけそうなモデルにしたい、という理由で、SONY
MDR‐777SL を選んだ訳だが、このモデルに決定した主な理由としては再生周波数帯域が
8~80,000Hz という点だ。
人間の可聴範囲は精々20,000Hz の筈であるが、実はオーディオの世界では不思議な現象が
起こることがあるのだ。(笑)
聴こえない筈の帯域を再生することによって、音の表情が豊かになるらしいのだ。
ものは試し…という訳で選んでみた、という次第。
    さて、何を選んで聴こうかな、とパッケージを見て吃驚!
あらまあ、何とヘッドフォンのジャックがミニじゃないの。これではアンプに差し込めません。(苦笑)
ちゃんと見てから買えよな、と自分に突っ込みを入れました。
   というわけで、今日の仕事帰りに Yマダ電器に寄って標準タイプのヘッドフォン・ジャックを
買ってきました。
ちょっと見栄を張って24K金メッキの高い方を買ってきましたよ。¥840 だったけど。(激爆)

  本日のお薦め音盤

  
20071229210107.jpg   20071229222653.jpg

 
Pink Floyd / The Dark Side Of The Moon 
     ○ Jap ; Capitol  /
Toshiba‐EMI   TOGP-15001  ( SACD )  ( L )
              Jap ; EMI / Toshiba‐ EMI  TOCP-65740                          ( R )

♪ もはや説明要らずの不朽の名盤であるのだが、そこは捻くれ者の白熊的選出音盤なので
SACD を選んでみた。(笑)
5.1ch サラウンドの凄さは再生環境がない人には解らない、という理由で、今回は 2003 年に
新たにデジタル・リマスターが施された 2chミックスを聴いた感想を書くことにする。
    尚、比較対象は紙ジャケ盤 とする。
    まず最初に92年リマスターを基にした紙ジャケ盤を聴いてみる。
元々、Pink Floyd のアルバムはオーディオ的な視点から見ても非常に優れている録音盤が
多く、その中でも特に”The Dark Side Of The Moon ” 等は上位に位置するだろう。
アナログとは違う印象が否めないものの、全体的に落ち着いている雰囲気で、CD 特有の嫌な
デジタル音を感じさせない点でも好感が持てる。
    しかし、SACD の 2ch ミックスを聴いてしまうと、より立体的で豊かな音像を感じさせる方に
僕は魅力を感じてしまう。
  そういう意味に於いては、紙ジャケ盤とSACD 盤とでは別次元のレヴェルの音盤である、と
言うべきなのだろう。
どちらが好みなのかは意見が分かれるところだろうが、このSACD を未体験の人には是非とも
聴いてもらいたいのだ。
    何故ならば、より Pink Floyd の素晴しさを体感できるからである、と僕は断言する。

スポンサーサイト
Category: Audio Visual

My Headphones Does'nt Works = ヘッドフォンが使えなくなった

♪  困ったことにヘッドフォンが使えなくなってしまった。
いくら年代物のヘッドフォンといえど相当に優秀なものであっただけに、これと同じクラス並みの
高品位のヘッドフォンを買うとなると、いまでは相当な出費を強いられるかもしれない。
とりあえず、今日は 5.1ch サラウンドのヘッドフォンを使って聴いている。
  しかし、音質の差が歴然としているなあ。
特に Panasonic の5 .1ch サラウンド・タイプのヘッドフォンは中域が不足している為に長時間の
使用には向かないものなあ。
仕方ないなあ、出勤前にYマダに寄って価格と相談してから買うことにしよう。トホホホホ…
税金の還付金が少しでも多く戻ってくることを願おう。(爆)

 本日のお薦め音盤

  20071228122012.jpg   20071228122101.jpg

 Blue Öyster Cult / Secret Treaties   ( '74 )
    ● Us ; Columbia   KC‐32858        ( L )
          Jap ; CBS‐Sony   SOPM‐126    ( R )   邦題 『オカルト宣言
      Jap ; Sony Music / Sony Music Direct     MHCP‐1353    

  Blue Öyster Cult が74年に発表した3rd ”Secret Treaties” ( 原題『秘密条約』 ) を
選んでみた。
何故かしら、当時の国内盤の邦題が『オカルト宣言』で、今年の 6月にめでたく紙ジャケで
復刻された時も邦題が引き継がれた。
74年というと、僕が大学1年の頃だ。
このアルバムは懇意にしていたレコード店だったか地元の放送局の選曲担当のお姉さまから
見本盤をもらったんじゃなかったかなあ。ああ、記憶が…(笑)
僕は日本でのデビュー作となった2ndTyranny And Mutation” ( 邦題『暴虐と変異』 )を
既に聴いていたので、彼等の普通のハード・ロックではないプログレ的なアプローチのサウンドに
惹かれていたこともあり、本作も聴いた瞬間にフェイヴァリット・アルバムとなった。
今更くどくどと説明をしなくても良いだろうね。
これが彼等の最高傑作である、という認識を持つロック・フリークには釈迦に説法だろうから。
Category: Audio Visual

Old Friends =懐かしき友

♪ 今日は出勤前に先延ばしになっていたアンプと SA-CD プレイヤーのセッティングを済ませた。
当初予定していた DENON のプリとパワー・アンプに TANNOY のスピーカー Arden という
黄金の組み合わせは部屋が狭い為に断念せざるを得なかった。 
   ということで、サブ・システム用の LUXMAN  L‐10YAMAHA  NS‐451 に変更した。
予定していたシステムとは随分と落差があるが、マンションの洋室で使おうという方が無謀だな。
案外、分相応のシステムかもしれない。
特に NS‐451 は学生時代に初めて使ったスピーカーなので愛着があるからなあ。
まさに懐かしき友なのだ。
今日はスピーカーを未だアンプに繋げていないので、当分の間は Audio Technica の年代物の
ヘッドフォン AT‐703 を使用して聴くことにしよう。(笑)

 飽くまで参考写真ということで・・・

   20071225111735.jpg    20071225111755.jpg

 
  本日のお薦め音盤

 20071225120744.jpg

  Absolute Elsewhere / In Search Of Ancient Gods  ( '76 )
       Uk ; Warner Bros. / Wea   K‐56192
     Jap ; Arcàngelo ( Warner Bros. ) / Disk Union   ARC‐7175
 

♪ このアルバムと初めて出逢ったのは、僕が大学 3年の時だった。
渋谷の『CISCO』で¥1,980で売り出されていたものを買ったのだが、購入の動機は当然の如く
Bill Bruford のクレジットを見つけたからだったように思う。(笑)
僕が入手したのはブックレット、インナー・カード付属の初回盤で、この後に入手できた盤には
インナー・カードが欠品していたものが多かった。
昨年にめでたく紙ジャケで復刻されたので、入手された人も多いのではないだろうか。
レーベル盤面以外は完璧な程の復刻で、僕は感慨深かったのだが、唯一残念に思ったのは
マスター・テープからの復刻ではなく、盤起こしによるものであった、という点だ。
  それでも、可能な限りのノイズ除去作業が行われた為に、一部に気になる個所があるものの
全体的には良好な部類に入れられるだろう。
個人的にはブリティッシュ・シンフォニック・ロックの裏名盤の 1枚に挙げる。
  もしも、未聴ならば即入手のアルバムだ! 

Category: Audio Visual

A New Yesterday

 ちょうど一週間前のことだった。
その日(6/28)は遅番だったので、出勤前にダ電器に寄ってSW付きのテーブル・タップを
買おうと思って行ったんだよね。
  まあ、いつもならばDVD-Rとかを買うんだけど、その数日前にMaxellの20枚パックを
2セット買ってあったので、飽くまでテーブル・タップを買うのが目的だった。
未だ時間もあったので、DVDプレイヤーとかを見ているうちに、以前から欲しかったYAMAHA
DVDプレイヤーのことを思い出してしまったんだよね。
   まあ、DVDプレイヤーといっても、正式にはユニヴァーサル・プレイヤーなんだけどね。
一般にDVDプレイヤーと呼ばれるものは再生専用を指すが、これだけでもPIONEER( NTSC )とVICTOR( NTSCPAL )を持っている。
普段良く使っているPIONEERDVDレコーダーを含めると3台あることになる。(←バカ)
このうちPIONEERDVDレコーダーをメインにし、PAL方式のDVDを見る為のサブ・システム
VICTORのDVDプレイヤーをONKYO5.1chシステムにセットしている。
 しかし、どうもVICTORの画質が暗めで気に入らすにいたんだよね。
そこで前々から候補にしていたのがYAMAHADVD-S657というモデル。
 しかも、単にPAL方式を再生できるだけじゃないのだ。
ユニヴァーサル・プレイヤーというだけあって、SACDDVD-Audio再生する他にも、何と
Divxまで再生できてしまう、という優れもの。
 確かにIO-DATAとかBuffallo等のPCサプライ・メーカーの製品にもDivxを再生可能なDVD
プレイヤーがあるけれど、これだけでも諭吉さん2名が必要。
  となれば、迷うことなんかないよね。かくしてYAMAHADVD-S657を前金で支払って注文。
取り寄せ品であった為に、一週間待ちと言われたが。
昨日の夕方に入荷の電話があったが、休みなので何処にも出かける気力なし。(笑) 
今日か明日にでも引き取りに行こうかなと思います。セッティングが完了次第、感想を書く予定。
 そういえば、SACDを1枚も持っていないので、Pink Floyd”Dark Side Of The Moon”
入手してレヴューしますかね。(笑)
 ところで、テーブル・タップは?はい、翌日に買いに行きました。(核爆) 

    

[DVD-S657 主な仕様]
●再生メディア:Super Audio CD(Stereo/Multi ch )、DVD オーディオ、DVD ビデオ、DVD-R/RW *1(ビデオモード)、DVD-RW*1(VRモードCPRM対応)、DVD +RW/+R*1、スーパービデオC D 、ビデオCD 、ピクチャーCD 、音楽CD 、CD‐ R/RW (音楽CD 、MP3 ・JPEG データCD*2、D i v X 、W M A )〈ビデオ部〉●D1/D2 映像出力:1 系統●コンポーネント同軸映像出力:1 系統●S (S1/S2 )映像出力:1 系統●RCA (コンポジット)映像出力:1 系統〈オーディオ部〉●デジタル音声出力:2 系統(光、同軸各1 )●アナログ音声出力:2 系統(Mixed 2ch 、5.1ch各1 )●消費電力:14W (待機時1W 以下)●外形寸法:435W ×51H ×310Dmm ●質量:2.6kg●映像/音声RCA ピンプラグケーブル(1.5m )付属*1 記録の状態によっては再生できない場合があります。*2 マルチセッション対応

Category: Audio Visual
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。